タグ » 音楽

「小杉武久 音楽のピクニック」@芦屋市立美術博物館

「小杉武久 音楽のピクニック」
会場:芦屋市立美術博物館
会期:2017年12月9日 ~2018年2月12日
http://ashiya-museum.jp/exhibition/exhibition_new/11161.html

芦屋市立美術博物館にて、音楽家・小杉武久の展覧会「小杉武久 音楽のピクニック」が開催されている。芦屋市立美術博物館は「小杉武久 音の世界『新しい夏』」を1996年に開催した、小杉とは所縁のある美術博物館であり、他にも「刀根康尚 パフォーマンス&トーク」(2001年)や「美術と音楽の一日『rooms』」(2016年)など、稀にではあるが実験的な音楽に関わるイベントを開催していることでも知られる。

さて、小杉は作曲家であると同時に、即興演奏やサウンドアートに取り組み、音楽の概念(あるいは音を聴くことの枠組み)を拡張してきた、戦後日本音楽における重要人物である。しかしながら、小杉は、その音楽に対する独特な態度によって、これまで現代音楽や即興音楽、そして現代美術のシーンからも微妙に距離を取って批評されてきたと思う。よって、長年の創作活動が全体的に提示されるのは、今回が初であると言い切ってしまっていいだろう。本展覧会は、会場を5つの章によって区切ることで構成されている。各章の年代とタイトルは以下の通り。

第1章 グループ・音楽から反音楽へ(1957~1965年)
第2章 フルクサスからインターメディアへ(1965年~1969年)
第3章 タージ・マハル旅行団(1969~1977年)
第4章 マース・カニングハム舞踊団(1977年~)
第5章 サウンド・インスタレーション

これらの展示は小杉の活動歴を、アーカイブ資料を中心として極めてクリアに浮かび上がらせる。ここで興味深いのは、本展の展示方法のなかに(この手の展覧会にありがちな)音楽をヘッドホンで聴かせるような仕掛けが一切なく、これまで出版されてきた小杉のレコード・カセット・CDの紹介すらも極一部にとどめられていたことであろう。小杉は作曲の名において音を固定し、資産化することに反対してきたが、そのような厳しい態度はここでも一貫している。

ともあれ、私は第1章から第4章までのアーカイブ資料の展示を通して見ることで、小杉の活動の全体像を、初めて包括的に考えることができた。第1章では、東京藝術大学在学中にジャズではなく現代音楽の文脈上で、それを乗り越えるべく結成された即興演奏グループである「グループ・音楽」の活動に始まり、ネオダダやハイレッド・センター、VAN映画科学研究所などに集った、反芸術を標榜する作家たちとの活動の数々が紹介される。第2章では、1965年にフルクサスのジョージ・マチューナスの招聘を受けて渡米し、1967年に帰国するまでの期間に展開された、ナムジュン・パイクを初めとするニューヨークの前衛たちとの活動が紹介される。実験映画の文脈から見れば、エクスパンデッド・シネマの重要な催しであった「New Cinema Festival」において、小杉が『Film & Film #4』を上演していたことは見落とすべきではないだろう。第3章では、1969年から1977年にかけて活動した、様々な場所で長時間の即興演奏を行なうグループである「タージ・マハル旅行団」が紹介される。第4章では、1977年より始まるマース・カニングハム舞踊団の専属音楽家としての仕事を軸に、サウンド・インスタレーション(オーディオ・ヴィジュアル作品)を含む、今日に至るまでの活動が紹介される。そして第5章では、小杉のオーディオ・ヴィジュアル作品の実物が、館内のホールや通路階段に、計10点展示される。これらの作品は、光や風などの周辺環境の変化を音に変換して可聴化する作品であり、小杉の即興演奏に通底するコンセプトを備えている。 さらに28語

映画/映像

日本旅行 うつくしき音は流れたり

この前の旅行の中から、いくつかピックアップして書き留めておこうと思います。

今日のエントリータイトルは、金沢の作家である室生犀星の詩「犀川」の冒頭のパクリです。犀星と言えば「ふるさとは遠きにありて思ふもの」という小景異情の一節の方が良く知られているでしょうか。いきなり余談になりますが、確かにふるさとは遠くにあるからこそ懐かしくなるもので、そこにいたら「そんなもん」ですよね。そんな当たり前のことをこんな美しい言葉に載せられるのが詩人なんですよねぇ。。。

さて、今日は連れて行ってもらったオーケストラ・アンサンブル金沢のニューイヤー・コンサートのお話。1988年に創立された「日本初の室内管弦楽団」であるこのオーケストラ(今年30周年)、こちらに来る前に一度コンサートに行ったことがありましたが、その後はとんと音沙汰。2年前だったか、一度連れていってもらったことがありますが、その時のことはあまり印象に残っていないのですが、今回のこのニューイヤー・コンサートはとっても楽しかったのです。

ひょっとしたら、今回は2階席の、音がよく響いて聞こえる席だったせいかもしれません。このオーケストラ、小ぶりではありますが、スタイリッシュで、音が美しく、よく響く。特に弦楽器の艶が魅力的です。CDなどで聞くのと異なり、コンサートでは音そのものの質感や質量というものも感じられ、あーコンサートってやっぱりいいわー。と思ったのでありました。 ニューイヤー・コンサートという肩に力の入らないコンサートだったのも良かったのかも。

この日は指揮者はなく、ウィーンフィルのコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデ氏がリーダー。2曲目、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ではソロを担当していましたが、これがまた良いのですよ。すっきりくっきりと伸びる高音の美しさは息を呑むほどで、そこだけ青空から光が降り注いでいるような(曇りでしたが)、柔らかい光に満ちた音でした。至福。

後半はシュトラウス一族のウィンナ・ワルツ毎年このニューイヤーコンサートではウィンナ・ワルツやってるんだろうな、と思うのですが、ウィーンフィルのコンマスがリーダーだと何か違いはあったのかしら?シュトイデさんと楽団員のお互いの音を良く聞きながらの丁々発止が楽しかったですねぇ。たまにタイミングあってない部分もありましたが、そういうのも含めてコンサート。そう言えば打楽器が楽しそうだったなぁ。「鍛冶屋のポルカ」では普段ティンパニ叩いてる方が鍛冶屋の親父に変身し、金床までチューニングしてみせるサービスぶり。とにかく楽しい楽しいコンサート。

最終曲の「美しく青きドナウ」の後はアンコールで(多分、お決まりだと思われる)「ラデツキー行進曲」。金沢の新年で何でウィンナワルツ?なんて無粋な質問は止めましょう。鉛色の空の下、こんな明るく楽しい音楽が聞けたことは思いがけず幸せな一時でした。

やっぱりコンサートはいいなぁ。日本に住んでた頃は、金沢でいろいろな音楽を聞くことはまだ難しかったこともあり、東京やら大阪まで出かけたんですよねぇ。心に残っているのは、ゲヴァントハウス管弦楽団と聖トーマス教会合唱団によるバッハの「マタイ受難曲」。1992年頃だったかな?クリスマス時期だっと記憶しています。なつかしー。

話は戻ってコンサート。終了後、楽団員の方々がどら焼きを配っていましたが、これはスポンサーでもある和菓子屋さんが作られたものだったかな。ピーナッツ餡のOEKマークのどら焼き、とっても美味しかったです。ごちそうさま!(結局はまた食べ物の話になってしまった。。。)

【追記】
シュトイデさんのメンコンの演奏の一部、他のオケとのものですが見つけたのでペタリ。でも生シュトイデの方が百倍くらいいいですよん。

旅行記

Elderberry: A Modern Case for an Ancient Remedy

When it comes to functional food, many have heard the term “superfruit.” This combined word describes the attributes of those with a higher than normal antioxidant level. さらに357語

Food & Drink

Trap/HipHop MV 2017

今年は趣向を変えて、2017年にリリースされたトラップ/ピップホップで、よく聴いたもの、印象に残ったものを10点ピックアップ。ヒップホップに関しては、ここ2〜3年の典型的な文脈から逸脱したようなスタイルの流行に関心を持っていて、前にも増して聴くようになった。勿論、ノイズや現代音楽も相変わらず聴いているが、絶対量は減った。恐らく、自分の意識の中で、音楽の位置付けが少し変わったということもあるのだろう(それは消費するという感覚に近い)。以下の並びを見れば、自分の嗜好が、パンクの要素が若干入ったようなエモーショナルなトラップにあることは一目瞭然かと。

kiLLa – SHINE (Prod. No Flower)

YDIZZY – Dream Rain (Prod. KM)

YDIZZY – OMW (Prod. Chaki Zulu)

MONYPETZJNKMN – WHOUARE feat. Awich (Prod. Chaki Zulu) さらに91語

音楽

TRANSIT NIGHT

早朝、いつもラジコでノースウェーブのTRANSIT NIGHT~NORTH WAVE CALLIN’を聴いているんですが、DJのトークが無いし、時々自分の知らないアーティストで好みの曲に出会えたり、欲しいと思っていて忘れている曲を買うキッカケになっているんですよね。

放送した曲の直前3曲がわかり、アマゾンやiTunesへのリンクが張ってあるからすぐに曲を買うことも出来ますよね。アフィリエイトになってると思うので、それが利益になってCM無しで放送してくれるならありがたい。

ネットの音楽配信も、定額聴き放題みたいなのが主流になってるのかもしれませんが、毎日通勤時に聴いたりするわけでもないのでイマイチ食指が動きません。それに古いけど実はCD買う派なのよね~(笑)

少し前だけどこの人のアルバム買いました。Paul Bollenbackという方です。

聴こえて来た曲のタイトルがReflections of Jaco

どうりで、ジャコ・パストリアスのファンだから、おっ!と感じたのでしょうね。

iTunesで早速この曲が入ったアルバムを買いました。

https://itunes.apple.com/jp/album/double-gemini/id218611227

この間は同じくノースウェーブで聴いてジョージ・ハリスンのMy Sweet Lordの入ったアルバムを買ってしまった。

この曲って盗作とされてジョージ・ハリスンが敗訴したらしいですね。でもたまにイントロだとかよく似た曲って確かにありますよね。意図しなくても、そうなってしまうこともありそうだし判断が難しいと私は思います。

高校生の時に欲しかったアルバム

今回ラジオがキッカケで買ったのはこれ。

My Sweet Lordの他に好きな曲が何曲か入っていたし、ダウンロード販売だと1000円で買えちゃいます。だから買ったとも言える(CD買う派と書いたけど(^_^;))

ビートルズ時代はポールとジョンの影でバイプレイヤー的な存在でしたよね。50代で亡くなったのは早過ぎましたね…。

1曲買いしたのはこの2曲だと思いますが、どっちも良い曲です。

ティナ・ターナーの曲は恐らくこの曲がリリースされた頃にテレビでこの動画を見て良いなと思ったのでした。

ローズって同タイトルの映画の曲なんですね。ジャニス・ジョプリンがモデルの映画だそうです。

ティナ・ターナーは名前は知っていたけど、あまり興味は無くて、スカパーの洋楽チャンネルでこのトム・ジョーンズとのデュエットで知ったような記憶。同性でも惹かれる、この迫力あるセクシーさがインパクトあると思います。

テレビやラジオで見たり聴いたりして、良い曲だなと思っても、忘れちゃったり、誰の曲かもわからないなんてこともよくありましたが便利な時代ですよね。

音楽

Aperitivo

ミラノに来たらアペリティーヴォを楽しみましょう。アペリティーヴォはイタリア語で食前酒の意味ですが、ミラノスタイルのアペリティーヴォは、他のイタリアの都市のそれとは違ってとてもオシャレで、おつまみの種類も実に多彩!そして気前が良い事でも有名。フランスのアペロともかなり違うんですよ。この日の夜はミラノ・スカラ座にコンサートを聴きに行ったのですが、コンサートの前にPECK ITALIAN BAR & RESTAURANTでアペリティーヴォを楽しみました。こちらのお店は通りを隔てたところに素晴しいワインショップも持っているので、ワインの品揃えも充実しています。僕はPECKのフランチャコルタ ブリュット 2010を選びました。さすがヴィンテージ・フランチャコルタ。素晴らしくエレガントで美味!でもおつまみはポテトチップスだけ?って思ったみなさん、それは大間違い。このあとすぐどんどん運ばれてきます。
じゃじゃ〜ん!この日のおつまみ。生ハムやサラミ、ブレザオラ、チーズやパン、スティックサラダ(写真に撮るの忘れました)などが付いてきました。上質なオリーブボードに盛り付けられているのも僕好みです!ワインとおつまみでたったの €10 (日本円で約1,300円)!こんな充実したアペロなら毎日でも来たいなあ。
アペロを楽しんだ後は、ヴィットーリオ・エマヌエレⅡ世のガレリアを通っていざミラノ・スカラ座へ。
ミラノ スカラ座管弦楽団定期演奏会(マエストロ エッシェンバッハ指揮)♪この日のプログラムはガーシュインのピアノ協奏曲(ソリストはシモン・バルト)、ドヴォルザークの交響曲ほか。プログラムの詳細はこちらをご覧下さい実は僕、ガーシュインのピアノ協奏曲を生のコンサートで聴くのは今回が初めてです(リヒテルが弾いてるCDはよく聴いてましたが)。とても気に入りました。素晴しい!
コンサート終演後。やはりミラノ・スカラ座は僕にとって最も馴染みのある大好きなオペラハウスです。そしてなんとも聴き心地が良い!
ミラノ・スカラ座チケットオフィス前にて。久しぶりにミラノ・スカラ座のロッジョニスタたち(35年来の馴染みのメンバー多数!)と開場時間まで一緒に過しているところ。ロッジョニスタとはイタリア語で天井桟敷席に陣取る熱烈なオペラファンの意味です。気に入らない演奏には容赦ないブーイングや野次が飛びます(まるでサッカースタジアム)。あまりに厳しい野次に耐えかね歌手が舞台放棄して退場することもあります。東京のクラシック音楽ファンも、もっともっと厳しくなりましょう。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

音楽

Maria Callas alla Scala

11月中旬からイタリアに滞在していました。ミラノ、ルッカ、フィレンツェでコンサートやオペラ、アートイベントなど、少々忙しいスケジュールでしたがとてもエンジョイする事が出来ました。そして美しいイタリアの秋も!
まずみなさんに紹介したいのは、ミラノ・スカラ座博物館で開催中のマリア・カラス没後40年を記念した展覧会 Maria Callas in scena, Gli anni alla Scala です(来年1月31日まで開催)。舞台衣装を中心に彼女のゆかりの品々を見ることができました。こちら(上の写真右)は、ヴィスコンティ演出によるスポンティーニのオペラ『ラ・ヴェスターレ』の衣装です。
こちらはジョルダーノのオペラ『フェドーラ』の舞台衣装。ロシア貴族の重厚な衣装、非常に凝ったデザインです。今のオペラはあまりお金をかけていない安っぽい衣装が主流ですが、さすがイタリアオペラ黄金期だけありますね。歌良し、姿良し、衣装良し、舞台良しと、マリアのオペラ公演が想像出来ます。
そしてロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』ロジーナ役の衣装。展覧会では写真資料も多数展示していました。それらを見るとマリアは喜劇でも抜群の演技力だった事が理解出来ました。ロジーナ役は「ノルマ」や「椿姫」「メデア」などドラマティックな役柄とは全く対照的な軽妙な役柄です。
これはヴェルディのオペラ『ドン・カルロ』エリザベッタ役の衣装。こちらも素晴しいです。
しかし僕が一番印象に残った衣装はこちら。1953−54年のオペラシーズンオープニング公演、ルイージ・ケルビーニのオペラ『メデア(イタリア語版)』の衣装です。古代コリントを舞台とした物語にふさわしい、無駄のない美しいデザインですが、同時にモダンさも感じられます。オペラ『メデア』はケルビーニの傑作なのにもかかわらす、当時すでに忘れ去られていた作品。マリアは1953年春、ミラノ・スカラ座に先駆け、「フィレンツェ5月音楽祭」で現代蘇生させ大成功したオペラです。ちなみにミラノでは若きレナード・バーンスタインが指揮しました。
ちなみに展示しているすべての衣装の背後には、マリアがその衣装を舞台で着用した写真も飾られているので、とてもイメージしやすかったです。
実に優れたイベントでした!彼女のファンならずとも大満足していただける事でしょうね。
余談ですが、ミラノ・スカラ座博物館には、フランツ・リストが弾いていた美しいスタインウェイのピアノもあります。何気なく置いてあるのがイタリアらしいと思います。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

音楽