タグ » 音楽

David Grubbs, ホンタテドリ@Hand Saw Press


David Grubbs, ホンタテドリ
日時:2018年4月5日
会場:Hand Saw Press

アメリカ実験音楽が、ルーツを持たないヨーロッパからの移住者たちによる新しい民族音楽であったという視点は、柿沼敏江の『アメリカ実験音楽は民族音楽だった』に詳しい。そこで挙げられた音楽家は、ヘンリー・カウエルのように民族音楽から着想を得ていた作曲家から、一見すると民族音楽に関わりを持たなそうに見えるジョン・ケージのような作曲家に至るまで幅広い。柿沼が提起する民族音楽という視点は、非西洋音楽としての民族音楽にとどまらず、移住者による新しい伝統の創出という文化論的な問題を含んでいるのだ。

何故デヴィッド・グラッブスのコンサートのレヴューを書くにあたってこのような事から書き始めているかといえば、それは、グラッブスのコンサートの直前に、アルヴィン・ルシエのコンサートを二日間通して聴きに行ったことと関係している。アメリカ実験音楽の代表的な作曲家であるルシエと、Gastr Del Solとしての活動以来、カントリーブルースを参照した実験的ポピュラー音楽に取り組んでいるグラッブス。両者の経歴や表現の形式に共通点はないが、両者の存在は、いずれも柿沼が提起した意味での新しい伝統としての「民族音楽」の範疇に収まるだろう。思い返せば、『Happy Days』において、トニー・コンラッド(実験音楽、この場合はミニマルミュージック)とジョン・フェイヒー(カントリーブルース)という二つのキャラクターに仮託して、二つの音楽の相対化を試みたのがジム・オルークであり、それをある種のメタ音楽として展開したのが、オルークとグラッブスのGastr Del Solであった。Gastr Del Solの音楽は、楽曲が複数のレイヤーを持ちながら進行し、複数の聴取を可能とする音楽であったが、この複数の聴取とは、出会わなかった二つの音楽の歴史的な文脈を聴き取るということに等しく、そのコンセプトは、グラッブスの現在の活動にも大きな影響を及ぼしている。グラッブスは、いまも実験的解釈によるカントリーブルースを演奏しているが、それはアメリカ音楽史に対する批評行為なのだといえる(ちなみに前にも書いたが、グラッブスのスタンスに最も近いのは、アカデミック音楽を批判しながらヒルビリー音楽に貢献しようとした作曲家、ヘンリー・フリントだろう)。

このような前提を確認した上で、このエントリーはコンサートの細部に入ってゆく。今回のコンサートは急遽決まったという事で、『湖畔通りの竪琴工房』ならぬ不動前の印刷工房であるHand Saw Pressにて開催された。ちなみに、今回のグラッブスのコンサートは二日間開催されたのだが、グラッブスのコンサート初日は、ルシエのコンサート二日目と重なっており、私はルシエを優先させたので、グラッブスの初日を観られなかった。SNSをチェックする限り、初日の内容はグラッブスと宇波拓とのコラボレーションだったようだ。そして私が観に行った二日目は、1:グラッブスのソロ演奏、2:宇波・佳村萠・秋山徹次をメンバーとするホンタテドリの演奏、3:グラッブスとホンタテドリのコラボレーションという順番で進められた。

まず、グラッブスのソロであるが、Hand Saw Pressは印刷工房なのでライブハウスのようなPAはなく、ギターアンプから直接音が出されていた。音楽を聴くのに適した空間かというと厳しいのだが、演奏者と観客の近さがあるという意味では良かった。私は最前列で演奏を聴いたのだが、フレットを押さえる指の動きがはっきり見える近さだった。その演奏は、2016年の代々木上原ムジカーザでのコンサートと同じく、複数の曲を繋げるようにして緩やかに進行してゆく。当日のメモと、後日グラッブスのツイッターにメンションを送って戻ってきたメッセージを元にセットリストの分析を試みておくと、以下の通りである。

デヴィッド・グラッブス ソロ演奏 さらに136語

音楽

シェラフの月

昨夜行われたプラシド・ドミンゴさんのコンサート。行ったわけではないのですが、ビデオでチラと見て、あー行ったら良かったかなーと軽く後悔しています(笑)。

数日前にチケットを確認したところ、まだ相当残っていたので、ひょっとしてガラガラ?と思わないでもなかったのですが、ここはグアテマラ。当日買う人も多いですし、いざとなればスポンサーの某銀行が職員を送り込むことだってするのかも。あるいは買い取りがノルマとか?

そんなこんなで、とりあえず前の方は埋まっていたみたいです。

オペラナンバーも歌ったようですが、恐らく最後の歌かな?グアテマラはケツァルテナンゴの国歌(え?)とも言われる「シェラフの月 (Luna de Xelajú)」をマリオ・チャンと歌っています。

プラシドさんの格好と言ったら、すっかりマリアッチ。髪の毛もお髭も真っ白で白ヤギさんみたいですが、恰幅が良いのでこういう衣装もお似合いです。熊っぽいマリオ・チャンと合わせて、動物の音楽界だったのかしら。。。

リハなしで初見で歌ったの?なんて気がしますが、ま、何と言ってもそこはプラシドさんですから(ゴホゴホ)。音質が良くないのと伴奏が残念ですが、何ともいい雰囲気ですねぇ。

プラシドさん、グアテマラへ来られるのは20年ぶりなんだそうですが、恐らくこれが最後の訪問でしょうか。花のある方ですよね。

むーん、行けば良かった。

いいもん、私にはジョシュアが待ってるんだから。

2018

ジョシュア・ベルがやって来る

昨日の通勤時のこと。ふと見上げると「ジョシュア・ベルのコンサート」というどデカイ広告がありました。

ジョシュア・ベルは現代を代表するバイオリニストですが、ここはグアテマラ。国際的に名の知られたクラシックの演奏家がやって来るなんて、ほとんどない国です。例外は歌手で、今は亡きルチアーノ・パヴァロッティは何度も来ているし、確か来週にはプラシド・ドミンゴのリサイタルがあるはず。ドミンゴのリサイタルにはグアテマラ人歌手のマリオ・チャンも出演すると聞いているので、行ってみたいなぁ〜とは思っていたのですが、ジョシュア・ベルで吹っ飛んでしまいました。

いえ、本当ならもちろん両方行きたいんですが、さすがに懐がアイタタタ。

マリオ・チャンはまだ聞く機会もあるだろうけれど、ベルは今聞かずにいつ聞くんだ!?というわけで、ジョシュア・ベルの一択となりました。ドミンゴ様にも未練はあるけれど、ま、いいです。

昨日のうちにポチってチケットをゲットしちゃいましたが、キャンセルにならないんだろうな、これ。だって、ジョシュア・ベルの公式サイトにもまだ載ってないぞ。なんだか心配だわ。。。

それはともかく。グアテマラでジョシュア・ベルのコンサートに行ってみたいという方はこちらからどうぞ。曲目は不明ながら、コロンビアのユースオーケストラとの共演らしいので、多分何かの協奏曲でしょう。メンデルスゾーンかチャイコフスキーあたりかしらと予想しておこう。

ジョシュア・ベルと言えば、2007年にワシントンの地下鉄駅でストリート・ミュージシャンに扮して演奏したというワシントン・ポスト紙の実験なんてのもありました。

朝のラッシュアワーという気ぜわしい時間帯だったこともあるんじゃないかと思いますが、ほとんどの人が無視して通り過ぎて行ったというこの実験。

グアテマラでもやってくれないかなぁ。オベリスコで30分も弾いてれば、結構な人だかりになると思うんだよね。ダメかな?

2018

Alvin Lucier & Ever Present Orchestra@Super Deluxe

Alvin Lucier & Ever Present Orchestra
日時:2018年4月3〜4日
会場:六本木Super Deluxe

アルヴィン・ルシエが、自身の作品を演奏するエヴァー・プレゼント・オーケストラと共に四月上旬に来日して、京都・東京にてコンサートを行った。ルシエはアメリカ実験音楽の中心的な作曲家であり、デヴィッド・バーマン、ロバート・アシュリー、ゴードン・ムンマとのソニック・アーツ・ユニオンの活動などを通して電子音楽の歴史に大きな足跡を残してきた。ルシエの作品には音に関する現象を観測するという、マテリアリスト的な傾向があり、それはインスタレーション作品を含めて、この作家の個性になっている。それは現象として立ち現れるため、ある意味分かり易いものであり、現代音楽という括りを超えて幅広い聴衆に共有され得るものだと思う。私は、六本木Super Deluxeでのコンサートを両日観に行ったのだが、今回の招聘元はいわゆるアカデミックな現代音楽の関係ではないようで、京都では西部講堂でコンサートが行われたらしい。良い広がり方だと思う。ちなみに、高齢のため今回が最後の来日となるそうだ。


Day1(4月3日)
1:Ricochet Lady(2016)
会場である地下空間の壁際の角にグロッケンシュピールが置かれており、演奏家は観客に背を向けて、機械のように正確な演奏を繰り広げる。楽曲自体はクロマティック・パターンを反復するという単純なものだが、連打される金属音が空間のなかで強烈な反響を発生させる。

2:Braid(2012)
4人のギター奏者がテーブルにエレキギターを置き、E-bow(電気振動により持続音を発生させる、エレキギター用の道具)を使用することによって、持続音を発生させる。ここに3名の管楽器奏者による、引き伸ばされたストロークの持続音が加わる。それによって周波数の干渉が至る所で発生する。今回の公演で演奏されたルシエの近年の作品は、基本的にこのような周波数の干渉によるうねりを聴き取るものであった。ちなみに、一昨年同じ会場で聴いたジェームス・テニーの作品もまた、周波数の干渉をテーマとするものだった。この両者を比べると、テニー作品の演奏はかなり厳格で、全ての楽器奏者がチューナーを見ながら周波数を制御していたのに対して、ルシエ作品の演奏はギター奏者のみがチューナーを使用して周波数を制御しており、管弦楽器に関しては、人為的な揺らぎを許容しているようにみえた。ピアノ奏者も演奏していたが、微音でよく分からず。

3:Two Circles(2012)
4人のギター奏者がテーブルにエレキギターを置き、E-bowを使用することによって、持続音を発生させる。これに、1本のサックスと2本のヴァイオリンという編成の、ふたつのグループが加わる。このふたつのグループの演奏家たちは、それぞれが違う長さ(10分30秒、7分31秒)で音程を循環させる。それによって、ダイナミックな周波数のうねりが生まれる。ピアノ奏者も演奏していたが、微音でよく分からず。

4:Semicircle(2017)
グロッケンシュピール以外の全演奏者(ヴァイオリン4本、管楽器3本、E-bow&エレキギター4本、ピアノ)が登場し、秒刻みで打たれるピアノの単音によって誘導されながら、緩やかな持続音を重ね合わせる。18分に及ぶ楽曲の中で、豊かな周波数の干渉が生み出される。

5:Bird and Person Dyning(1975) さらに43語

音楽

チック・コリアのピアノジャズとJazz@Lincoln Center Orchestraを聴きに

試験終わって気分転換に、ジャズピアノを聴きにサンディエゴシンフォニーまで行って参りました。

サンディエゴシンフォニー自体は、クリスマスコンサートに来たこともあるので、今回で2度目。会場は小ぶりですが、ヨーロッパに来たようなゴージャスな作り。今までレストランやホテルなどでジャズを聴くことはありましたが、シンフォニーホールのような場所へ出かけて聴くのは初めてでした。席は2階席でしたが、ちゃんとピアノを弾いている指が遠巻きながらも見ながら聞けたのがとてもよかったです。ピアノだけでなく、ドラムもベースもダイナミックでかっこよかったです。記念に当日の曲目を書いて見ます。

  • Armando’s Rhumba
  • Windows
  • Crystal silence
  • Matrix
  • Litha
  • Wigwam
  • Children’s #10
  • Straight up and down

どれもリズミカルな演奏でしたが、最初の曲が一番気に入りました。Crystal Silenceもよかったです。ピアノの演奏はものすごくこなれた弾き方がとても気持ちの良いものでした。ちなみに、チック・コリアをググるとなんと今76歳とのこと。姿勢の良さや服のセンスもよくって、遠くから見るとおしゃれな60歳くらいの男性に見えました。一生現役ってやっぱり素敵です。ところで話は変わって、勉強する時に音楽を聴きたくなって聞くのは、ジャズピアニストのビルエバンス。。もう存命されていないので生演奏は聴けないですが残念です。。子供の頃ピアノを10年ほど習ってやめてからもう数十年経ちますが、楽器の中でもピアノが一番好きで、こうした気持ちのいいピアノの音色を聞いているとまた弾きたくなってうずうずしてしまいます。私は要領が悪いのでピアノを弾きだすとはまって勉強がおろそかになりそうなので、我慢。無事大学院を卒業したら電子ピアノでも買ってみようかなと思いました。。

アメリカ生活

TOWER RECORD

Tower record founder passed away recently and Tower Record is gone in the US; however, Tower Record Japan is very much alive!

It is located in Shinjuku (right off the JR south exit). さらに47語

Japan