タグ » 音楽

Alvin Lucier & Ever Present Orchestra@Super Deluxe

Alvin Lucier & Ever Present Orchestra
日時:2018年4月3〜4日
会場:六本木Super Deluxe

アルヴィン・ルシエが、自身の作品を演奏するエヴァー・プレゼント・オーケストラと共に四月上旬に来日して、京都・東京にてコンサートを行った。ルシエはアメリカ実験音楽の中心的な作曲家であり、デヴィッド・バーマン、ロバート・アシュリー、ゴードン・ムンマとのソニック・アーツ・ユニオンの活動などを通して電子音楽の歴史に大きな足跡を残してきた。ルシエの作品には音に関する現象を観測するという、マテリアリスト的な傾向があり、それはインスタレーション作品を含めて、この作家の個性になっている。それは現象として立ち現れるため、ある意味分かり易いものであり、現代音楽という括りを超えて幅広い聴衆に共有され得るものだと思う。私は、六本木Super Deluxeでのコンサートを両日観に行ったのだが、今回の招聘元はいわゆるアカデミックな現代音楽の関係ではないようで、京都では西部講堂でコンサートが行われたらしい。良い広がり方だと思う。ちなみに、高齢のため今回が最後の来日となるそうだ。


Day1(4月3日)
1:Ricochet Lady(2016)
会場である地下空間の壁際の角にグロッケンシュピールが置かれており、演奏家は観客に背を向けて、機械のように正確な演奏を繰り広げる。楽曲自体はクロマティック・パターンを反復するという単純なものだが、連打される金属音が空間のなかで強烈な反響を発生させる。

2:Braid(2012)
4人のギター奏者がテーブルにエレキギターを置き、E-bow(電気振動により持続音を発生させる、エレキギター用の道具)を使用することによって、持続音を発生させる。ここに3名の管楽器奏者による、引き伸ばされたストロークの持続音が加わる。それによって周波数の干渉が至る所で発生する。今回の公演で演奏されたルシエの近年の作品は、基本的にこのような周波数の干渉によるうねりを聴き取るものであった。ちなみに、一昨年同じ会場で聴いたジェームス・テニーの作品もまた、周波数の干渉をテーマとするものだった。この両者を比べると、テニー作品の演奏はかなり厳格で、全ての楽器奏者がチューナーを見ながら周波数を制御していたのに対して、ルシエ作品の演奏はギター奏者のみがチューナーを使用して周波数を制御しており、管弦楽器に関しては、人為的な揺らぎを許容しているようにみえた。ピアノ奏者も演奏していたが、微音でよく分からず。

3:Two Circles(2012)
4人のギター奏者がテーブルにエレキギターを置き、E-bowを使用することによって、持続音を発生させる。これに、1本のサックスと2本のヴァイオリンという編成の、ふたつのグループが加わる。このふたつのグループの演奏家たちは、それぞれが違う長さ(10分30秒、7分31秒)で音程を循環させる。それによって、ダイナミックな周波数のうねりが生まれる。ピアノ奏者も演奏していたが、微音でよく分からず。

4:Semicircle(2017)
グロッケンシュピール以外の全演奏者(ヴァイオリン4本、管楽器3本、E-bow&エレキギター4本、ピアノ)が登場し、秒刻みで打たれるピアノの単音によって誘導されながら、緩やかな持続音を重ね合わせる。18分に及ぶ楽曲の中で、豊かな周波数の干渉が生み出される。

5:Bird and Person Dyning(1975) さらに43語

音楽

チック・コリアのピアノジャズとJazz@Lincoln Center Orchestraを聴きに

試験終わって気分転換に、ジャズピアノを聴きにサンディエゴシンフォニーまで行って参りました。

サンディエゴシンフォニー自体は、クリスマスコンサートに来たこともあるので、今回で2度目。会場は小ぶりですが、ヨーロッパに来たようなゴージャスな作り。今までレストランやホテルなどでジャズを聴くことはありましたが、シンフォニーホールのような場所へ出かけて聴くのは初めてでした。席は2階席でしたが、ちゃんとピアノを弾いている指が遠巻きながらも見ながら聞けたのがとてもよかったです。ピアノだけでなく、ドラムもベースもダイナミックでかっこよかったです。記念に当日の曲目を書いて見ます。

  • Armando’s Rhumba
  • Windows
  • Crystal silence
  • Matrix
  • Litha
  • Wigwam
  • Children’s #10
  • Straight up and down

どれもリズミカルな演奏でしたが、最初の曲が一番気に入りました。Crystal Silenceもよかったです。ピアノの演奏はものすごくこなれた弾き方がとても気持ちの良いものでした。ちなみに、チック・コリアをググるとなんと今76歳とのこと。姿勢の良さや服のセンスもよくって、遠くから見るとおしゃれな60歳くらいの男性に見えました。一生現役ってやっぱり素敵です。ところで話は変わって、勉強する時に音楽を聴きたくなって聞くのは、ジャズピアニストのビルエバンス。。もう存命されていないので生演奏は聴けないですが残念です。。子供の頃ピアノを10年ほど習ってやめてからもう数十年経ちますが、楽器の中でもピアノが一番好きで、こうした気持ちのいいピアノの音色を聞いているとまた弾きたくなってうずうずしてしまいます。私は要領が悪いのでピアノを弾きだすとはまって勉強がおろそかになりそうなので、我慢。無事大学院を卒業したら電子ピアノでも買ってみようかなと思いました。。

アメリカ生活

TOWER RECORD

Tower record founder passed away recently and Tower Record is gone in the US; however, Tower Record Japan is very much alive!

It is located in Shinjuku (right off the JR south exit). さらに47語

Japan

This Is What 5 Million Women On Strike Looks Like

{“contentType”:”NEWS_STORY”,”id”:{“value”:”a73709cd06eaad7c6f3956d6f3cc6898″,”link”:”http:\/\/api.newsapi.com.au\/content\/v2\/a73709cd06eaad7c6f3956d6f3cc6898″},”originId”:”Whimn-112140″,”origin”:”WORDPRESS”,”channel”:”NONE”,”title”:”This Is What 5 Million Women On Strike Looks Like”,”altTitle”:””,”subtitle”:”This Is What 5 Million Women On Strike Looks Like”,”description”:”

"If we stop, the world stops."“,”link”:”http:\/\/cdn.newsapi.com.au\/link\/a73709cd06eaad7c6f3956d6f3cc6898″,”canonicalOverride”:””,”paidStatus”:”NON_PREMIUM”,”originalSource”:”Whimn”,”creditedSource”:”whimn.com.au”,”version”:”PUBLISHED”,”dateUpdated”:”2018-03-08T18:19:17.000Z”,”dateLive”:”2018-03-08T16:10:34.000Z”,”customDate”:”2018-03-08T16:10:34.000Z”,”dateCreated”:”2018-03-08T16:39:06.000Z”,”status”:”ACTIVE”,”thumbnailImage”:{“contentType”:”IMAGE”,”id”:{“value”:”6fa9d5a73877944fd9580e50d99863cb”,”link”:”http:\/\/api.newsapi.com.au\/image\/v1\/6fa9d5a73877944fd9580e50d99863cb”},”originId”:”Whimn-112143-spp_thumbnail”,”origin”:”WORDPRESS”,”title”:”Demonstrators hold placards and shout slogans as they protest during a one day strike to defend women’s rights on International Women’s Day in Barcelona, on March 8, 2018. さらに5,357語

News

アルシュ・ナゥアル

いいバンドに必ずしもいいドラマーがいるとは限らないけれど、いいドラマーがいるバンドはいい。というのは私の自説です。

昨日26日、グアテマラを代表するドラマー・パーカッショニストのレニン・フェルナンデスが亡くなりました。心臓発作とのことですが、享年59歳。1987年から2012年まで、アルシュ・ナゥアル(Alux Nahual)というグアテマラを代表するバンドでドラムを叩いていた人でした。

アルシュ・ナゥアルは1979年に結成されたバンドです。ボーカルのアルバロ・アギラールのカリスマ的な魅力もあり、特に80年代、90年代は大人気であったようです。途中休止期間もあったものの、現在も活動を継続中です。

このグループの代表作と言えば、Alto al fuego(アルト・アル・フエゴ/戦火を止めろ)。1987年、まだ内戦が激しかった頃に発表されたこの曲はアルバムタイトルともなっています。私はオンタイムでこの歌を聞いていたわけではないのですが、コンサートでこの歌になると、観衆も一緒になって歌い、アギラールとともに手を動かしていたのだとか。

なお、レニンはこのアルバムから参加しており、彼のドラムがアルシュ・ナゥアルに勢いをつけていったのでもありました。

このビデオはそのアルト・アル・フエゴ。1988年に当時あった新聞社の地下で撮影したものだそうです。皆、若ー。アルバロなんか、今の半分くらいのスキニーさ。「戦火を止めろ、戦火を終わりにしろ (Alto al fuego, cese al fuego」というところで手が動きますのでご注目。

今見ても格好いいですねぇ〜。

誰もが想像しなかった、早すぎるレニンの死。若手のサポートにも熱心な人だっただけに、残念です。

Lamentando la muerte de mi querido amigo y compañero Lenin FERNANDEZ .

さらに15語
2018

Wataru Komachi solo exhibition ‘FREE HUGS’

常に型破りな発想で、アート、ファッション、音楽的要素を自在に融合させるアーティスト 小町渉 の個展を開催!

PAST

Let's toast to your poverty!

The Stalin “ワルシャワの幻想”, 1982

俺の存在を頭から輝かさせてくれ! メシ喰わせろ! お前らの貧しさに乾杯!

Like most punk tracks, these lyrics are very short and simple. Even so, they always seem to move me.

さらに227語