タグ » 音楽

Fidelio

7月も中旬になり、ミラノ・スカラ座2017-18オペラシーズンも夏休みに入りました。秋のオペラシーズン再開が待ち遠しいところです。先月から7月上旬にかけてミラノ・スカラ座では、ベートーヴェンのオペラ『フィデリオ』が上演されました。これは2014-15オペラシーズンオープニング演目で大成功を得たもの。今回の再演ではマエストロ バレンボイム指揮から、マエストロ チョン・ミョンフンにかわりました。写真はミラノ・スカラ座正面入り口のポスター。友人のピサローニさんがドン・ピッツァロ役で出演するので、楽しみに出かけました。
ミラノ・スカラ座チケットオフィス前でロッジョニスタ達と。ロッジョニスタとはイタリア語で天井桟敷席に陣取る熱烈なオペラファンの意味です。気に入らない演奏には容赦ないブーイングや野次が飛びます(まるでサッカースタジアム)。あまりに厳しい野次に耐えかね歌手が舞台放棄して退場することもあります。東京のクラシック音楽ファンも、もっともっと厳しくなりましょう。
終演後、聴衆が居なくなったプラテーア席。フィデリオ再演は大成功!!素晴らしいマエストロ チョン・ミョンフン。今まで聴いたフィデリオの中で最高レベルの公演と言っても過言ではないです。ちなみにピサローニさんのカーテンコールのシーンは、僕のInstagramに投稿したので見てくださいね。アーティストや聴衆の熱気が伝わってきますよ。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

音楽

Pesaro

アドリア海に面する町、ペーザロにやって来ました。ペーザロは、イタリアのオペラ作曲家ジョアッキーノ・ロッシーニが生まれた町です。早速、彼の生家を訪ねました。今年は彼の没後150年なので、記念のオペラフェスティバルが開催されます。ペーザロは海の香りと美しい街路樹に溢れた落ち着いた町です。見事なミモザの街路樹もありますよ。ロッシーニの生家に続く通りには、没後150年オペラフェスティバルの横断幕が!ペーザロのオペラハウス、テアトロ・ロッシーニはとても可愛いらしい劇場てす。ちなみに20世紀を代表する偉大なオペラ歌手、レナータ・テバルディもこの町で生まれています。
それにしてもすごい快晴!気温33℃ですが、空気が超乾燥しているので、特に木陰ではとても快適です。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

音楽

Emotional Control-2☆感情のコントロール-2

Hi, this is Shire.Thank you very much for coming to my room again♪

I think those experiences with my old boyfriends were really good for me to see myself differently. さらに278語

Diary

ピアノと音楽について〜いくつかの考え

ピアノは美しい楽器と思う、弾くことが大好きです。 途端に私の指はキーが触る、他の世界にいる、 音楽の中に、なくなります。また、いいピアニストを 聞くとき、 感動します。ピアノはたくさん音色があるので、音楽はさまざまな方法で再生できます。個人の解釈は可能、性格が表せます。それはたくさんピアノが大好きの理由があります。

#piano #ravel #jeuxdeau #practice

A post shared by Sarah Coggrave (@sarahcoggrave) on Dec 15, 2015 at 7:16am PST

子供時から、ピアノを弾くことが習いたかったですが、家にピアノがありませんでした。7歳の誕生日に、小さいキーボードをもらって、自分で音楽を読めることが習いました。一人で、短い歌を作曲しました。しかし、キーは小さすぎて、本物のピアノはもっと多いキーがあって、私は本当に本物のピアノが弾きたかったです。

#composing #songs about the history of Scarborough – doing anything to avoid the wretched dissertation #keyboard #music…

さらに153語

生ジョシュア

2ヶ月くらい前に書いた「ジョシュア・ベルのコンサート」に行ってきました。

堪能!!!

この一語に尽きます。

ジョシュアは良かったのだけれど、行って「はいっ?」と思ったのが、実はこのコンサート、ジョシュア・ベルがメインではなくてコロンビアのユースオーケストラ(Filarmónica Joven De Colombia)がメインだったってこと。いやいやでも広告はきっちり「ジョシュア・ベルのコンサート」になってて、ユースオーケストラは小さく名前が入っているだけでした。

でも、プログラムは「コロンビア・ユースオーケストラ中米ツアー」。なんじゃそりゃ。ジョシュアは単なる客演だったのですねぇ。逆かと思っていたよ。とは言え、よく考えたらそんなわけないな。

今回のツアー、プログラムによると:

  • 6月28日 メデジン(コロンビア)
  • 7月1日 ボゴタ(コロンビア)
  • 7月3日 テグシガルパ(ホンジュラス)
  • 7月5日 サンサルバドル(エルサルバドル)
  • 7月7日 グアテマラシティ(グアテマラ)
  • 7月8日 サン・ホセ(コスタリカ)
  • 7月10日 パナマシティー(パナマ)

という結構ハードな日程ですが、ジョシュア・ベルが客演するのは7日と8日の2日間だけ!!!それ以外は別の人が客演(ピアノの日とヴァイオリンの日がある)することになっていて、超ラッキーだったのですね。

これは私の想像ですが、現地のプロモーターが「並の演奏者だとチケット売れないからジョシュア・ベル呼ぼう」と要請したのではないかと。ただし、ジョシュア・ベルのギャラや交通費・滞在費はプロモーター負担になるでしょうから、いくらチケット高く設定できるとは言ってもプロモーターによっては「そんな金負担できない」と言い出すかも。それにジョシュアのスケジュールだってあるし。。。という訳で、ユースオーケストラが来てくれなかったら、ジョシュアには会えなかった、ということが明らかになったのでした。ありがとう、コロンビア・ユースオーケストラ。

前置き長すぎ。

本日のプログラムは

  • アドルフォ・メヒア:インティマ
  • ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調

指揮は客演でラファエル・パヤレ(ベネズエラ)。

会場が暗くなると、まずユースオーケストラの紹介ビデオが流れます。その後メンバーが登場して演奏開始。

メヒアはコロンビアの作曲家なのだそうで、名刺代わりの一曲ってところかな。いつも演奏している曲なんじゃないかと思います。管のソロも結構多く、メンバー紹介にいい感じ。オーケストラは管楽器が3本ずつの大編成。素人がプロを上手いって褒めちゃダメだよねとは思うのですが、洗練された上手いオケだな、と思いました。ただ、会場のせいなのかもしれませんが、音に厚みがない感じ。大編成のオケなのに、フォルテに迫力がないのはやっぱり会場のせいなのかなぁ。も少し音響のいいところで聞いてみたかったかも。

そしていよいよお待ちかねジョシュアの登場。私は2階席の最前列だったので、オケもソリストも良く見える位置だったのでした。もう恍惚としてジョシュアを眺めていましたよ。「ボールは友達」が翼くんなら「音楽は体の一部」的なジョシュア・ベル。比較になってないけど、まあいいや。ジョシュアがフェラーリだとするとユースオーケストラはトヨタカローラ。規則正しくえっちらおっちら走るのですが、フェラーリの馬力や魅力にはほど遠い。そこが残念ではありましたが、ジョシュア目当てだった私はしっかり楽しませて頂きました。聞かせるコツを心得ているのですよね。

アンコールにはメキシコの歌(題名忘れた)を再びオケと一緒に演奏してくれました。

もしジョシュア・ベルがいなくて、演奏する曲がショスタコだって知っていたら、この演奏会にいく人どれくらいいたんだろ?

管の見せ場もあるし、5人の打楽器奏者を見ているの楽しいし(これは2階席ならでは)、ブルッフよりはオケとして良かったと思うのだけれど。どれだけ管楽器のソリストがうまくても、ジョシュアのあの演奏を聞かされた後ではやっぱりなぁ。大体、この曲好きじゃないんだよ。。。

アンコールで演奏したのはこの曲。

今日見た顔もあるな。。。コントラバスとかチェロとか、時折楽器をくるりと一回転させたりして、いやもう本当に楽しそう。音楽においては、楽しいは正義。アンコールも終わり、皆が帰り始めた時に、パーカッションと金管の子たちでまた演奏をしていました。ちょっとジャズのセッションぽくて、こういうのもユースオーケストラっぽくてイイ!!!

いやー、ホント良かったです。

またどこかでジョシュアに会えないかなぁ。

2018

1947年7月5日: NHKラジオ番組「鐘の鳴る丘」放送開始

1947年の今日7月5日、NHKのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の放送が開始されました。これを記念して当文庫が所蔵する「鐘の鳴る丘」関連資料を紹介します。

まずは雑誌「AOBA = あおば」に掲載された「NHK: 鐘の鳴る丘: スタジオ見学」(10/1/1948発行, 第3巻第10号 10月号, p. 58) (Prange Call No. A255) です。漫画で放送風景を描いています。効果音やオルガン担当者の位置や音の出し方なども描かれています。

2点目は児童雑誌の「あおば」とは違い、日本放送協会発行の専門雑誌「放送技術」(9/1/1948発行, 第1巻第6号 9月号, pp.26-28) (Prange Call No. H797) です。こちらも内容的には「あおば」と同じで、放送スタジオの様子を写真とイラストで紹介しています。効果音や音楽の指示が入った台本も一部公開しています。

最後は、劇と共に非常に人気を博した主題歌「とんがり帽子」の譜面です。音楽雑誌「軽音楽と映画」(4/1/1948発行, 第3巻第4号4月号) (Prange Call No. K725) の裏表紙に掲載されました。

Treasures

Self-esteem-3☆自己肯定感-3

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♫

[Self-esteem-1 is here]
[Self-esteem-2 is here]

The problem regarding my self-esteem was that I didn’t really understand it was actually not high at all. さらに378語

Diary