タグ » 趣味

助け合う

ありがとう今は大変だから

またお返しさせてね

いつもありがとう。

家族っていいなって教えてくれて。

趣味

夜桜

あなたと見た夜桜

吸い込まれそうな白い冷たい桜。

私は疲れきって

でも

あなたの笑顔さえあれば大丈夫。

あなたと生きる人生があるから大丈夫。

あなたがくれた残りの人生を

あなたたちのために

幸せな世界のために

大切に

今を生きる

未来を生きる。

趣味

一番でなく、いっしょに

一番でなくて

いっしょに寄り添う

大切にしているものを尊重する

伝わるように

観察する

一方的に発散しない。

趣味

Family

形作られていたものは

ばらばらになり

細い糸で長く繋がっている

話を聞かないのだって

思い出せば昔からだ

話をするのが得意で

聞くのは不得意だった

いや

話すら記憶にない

幻想か

本当は

話をする暇もなかったのか

話を聞く余裕がなかったのか

全然思い出せない

それはいつからなのか

新しく家族ができたときか

友人が家族以上の意味を持ち始めたときか

その前か

私は家族を必要としなくなったのが鮮明なのは

高校生の2年生くらいだ

家族より友人や仲間と過ごす時間が増えて

小さな箱が窮屈で

そこにいる人たちのことはどうでもよくなった

関心がなくなったのだ

そこからは、友人と仲間と

そして仕事と生きてきた

今は新しい家族と生きている

だからこそ、新たな形をつくる過程には家族が必要だ

こうして、私はもう一度家族と向き合っているのだ

愛和が何よりだいじ

笑顔でいられる場所

ここにいれば、私も笑顔にさせられるだろうか

寄り添い合えますように

またあなたが家族をつくるときに

また帰ってくる場所として

趣味

祝!アマゾン新着本ランキング3週連続で1位獲得! 4月2日刊行予定「おひさま」

長らく更新ができていませんでしたが
久々の更新は嬉しいニュースから。

5年間かけて作り上げてきたマルチリンガルの子供たちのための日本語教科書「おひさま」が4月2日(月)に刊行されます。

2016年、試用版を全世界に配布しフィードバックをいただいた際、
日本国内に住んでいらっしゃる方々からも沢山のラブコールをいただきました。

改訂版は、海外に住むお子さまでけではなく、日本在住の外国人のお子さま、そしてお子さまを国際人に育てたい、日本在住でご両親ともに日本人のご家庭のお子様にも使用できるように作られております。
(おひさまは日本国内のインターナショナルスクールでも使用予定です。)

■付録(シール、電車すごろく、福笑い)付きの豪華全200頁オールカラー。
■定価:2000円(+税)

図鑑的要素も含み、世界の名画、クラシック音楽も多々登場することで、日本語学習と共に子供達の文化資本も豊かにしていく1冊です。

写真提供は、NASA/JAXA、YAMAGA、ソフトバンク、ハウステンボス、ソニー、TOYOTA、ANA、
そして、、、、、オランダといえばミッフィー!ということで、MERCIS BV(ミッフィーの会社)。
そして、あのとっても可愛いキャラクターが、「おひさま」に登場します。
私たちもこのキャラクターを有する会社が協力してくださると耳にしたときは
びっくりして、手を叩いて大喜びました。
(egアイススケートのザギトワ選手が大好きな日本の某キャラクターです。)

刊行日が決まったのは3月上旬だったのですが、これを公式ページでお知らせした途端に
驚くような数のお問い合わせを世界中からいただきました。

これらのありがたいお声に対応すべく早速アマゾンにて予約受付を開始したところ、、、
なんと予約購入開始日1日で

アマゾンの新着本ランキング1位にランクイン

さらに、
アマゾンの売れ筋本ランキング13位にうんこドリルを抑えて(笑)ランクイン

刊行前にも関わらずランキングで1位をいただけたこと、著者一同感動いたしました。

そして現在も、3週連続で新着日本語書ランキング1位をキープしています。

■くろしお出版「おひさま」サイトはこちら→

「おひさま」をご購入いただける書店ですが、
日本国内であれば全国の紀伊国屋書店、丸善、ジュンク堂の店頭に並びます。
売り切れの場合でもすぐにお取り寄せ可能です。

海外は、シンガポールや香港を含むアジア全域、ヨーロッパ、中東、アメリカ、北米、オセアニアの日系書店さんの店頭に並ぶ予定です。

オランダに関しては日系書店が存在しないので現時点での店頭のお取り扱いはありませんが、オランダの書店に置いていただけないか交渉中ですのでこちらは今しばらくお待ちくださいませ。
また販売会を兼ねたワークショップセミナーも検討中です。
決定し次第追ってお知らせいたします。

最後に、、、、
出版という形には計3種類ございまして、昨今、本が溢れる時代、誰でも比較的に簡単に本が出せる時代、ほとんどが自費出版(作者が全費用負担)、そして共同出版(著者と出版社が半分づつ費用を負担)という形態をとっております。
しかし「おひさま」に関しては、初出版にはかなり稀な「企画出版」という出版社が全費用を負担する形態をとっております。
それくらい「おひさま」は、著者も出版社も自信をもって皆さまにお届けできる最高の1冊なのです。

5年間、がむしゃらにひたむきに取り組んできたものが、
このような形で皆さまにご使用いただけること、
著者一同ご協力してくださった方々、そしていつもサポートしてくださった方々には感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。

この「おひさま」が、日本語を学ぶ子供達の日本語学習の一助となりますように。

米良好恵

(2月中旬、ハンブルグで開催された学会に出席した際の1枚。)

お知らせ

Which lady can u lov

話を聞く to listen to you

当たり前と思い込まない to review what we think is natural.

観察する to observe

自分に嘘をつかない not to lie to oneself

笑顔と笑い smile and to laugh

趣味