タグ » 起業

独立してから最初の3年間でやった間違い5つ

私がMBAを取ってバリキャリへの道を歩みかけていたにも関わらず、潔くそのキャリアから下りて全く異なる畑のデザイナーに転身し海外でビジネスを興したという背景もあるのでしょう・・・(*1) キャリア系の職種の人から「私もデザイナー(もしくは類似職種)にチェンジしたいんだけど、海外で本当にやっていけるのか・・・」というような相談をちらほら受けます。
*1・・・背景はこちら→『MBAを出た後デザイナーになった理由』

「やっていけるのか」なんて人に聞いてわかるものではないし、「やるべきかどうか」は自分の人生で最も重要な人以外に相談するのは無駄です。 私は夫にしか相談しませんでした(*2)。
*2・・・それでもキャリア相談したい方はこちら→『キャリアアドバイスになってないアドバイス』

そう言ってしまうと身も蓋もないし、独立してからたくさん失敗したので、誰かの参考になるかもしれないその失敗を書き留めておきます。 かなり恥をさらしているので、同業の人は読まないでくださいね(笑)。 さらに9語

2. ビジネス・キャリア

UVPとは?

こんにちは!

UVPと幸せで理想のライフスタイルを実現する

コビントン咲子です。

今回は、UVP(ユニークバリュープロポジション)についてです。

マーケティングを勉強したことがある人であれば

USP(ユニークセリングプロポジション)「独自のウリ」という言葉は

聞いたことがあるかもしれません。

他社と差別化する為には

品質、こだわり、価格、製法の違いなどの

「独自のウリ(USP)」が必要だと言われていましたが

既に、UVP(ユニークバリュープロポジション)の時代は始まっています。

私は、これからはさらに

UVP(ユニークバリュープロポジション)の時代になると

思っています。

で、いったいUVP(ユニークバリュープロポジション)とは何ぞや?

ということですが

一言で言うと「本当の意味で、お客様視点に立つこと」

だと、私は思います。

いやいやいや、「独自のウリ(USP)」だってお客様に取っては良いことでしょ!

と思われた方、もう一度自分の胸に手を当てて考えてみてください。

あなたの設定した「独自のウリ(USP)」は

あなたがそのモノを売りたいがために

お客様が買う理由になるようにしただけではありませんか?

もしくは、他社と比べても良い商品なんだから

それがわかってもらえれば売れると思い込んでいませんか? さらに17語

ユニークバリュープロポジション