タグ » 英語

単語002

銀「ぎん」silver
銀は金より好きです。

金庫「きんこ」safe
ベッドの下に金庫があります。

近視「きんし」near/short-sighted
僕の家族で近視な人が多いです。

金属「きんぞく」metal
そのパソコンは金属で作っています。

緊張「きんちょう」strain, stress, tension
私は、面接前にすごく緊張になります。

具合「ぐあい」condition
携帯の具合は悪過ぎので売れない。

工夫「くふう」device
医学院は色々な工夫をしているそうです。

区別「くべつ」distinction
私達の携帯は同じ型なので見た目だけ区別出来ない。

単語001

このシリーズで、日本語能力試験N3用漢字で自分の例文を作文したい。

共通「きょうつう」common
私と友達の共通の好きな音楽はラップだ。

協力「きょうりょく」cooperation
皆の協力で問題の解決を見つけた。

行列「ぎょうれつ」line/queue
Apple Storeの前に昨日から長い行列があった。

許可「きょか」permission
父から許可が出て、父の車を使いました。

漁業「ぎょぎょう」fishing industry
漁業について何も知らない。

距離「きょり」distance
イギリスから日本まで6千マイルの距離だ。

記録「きろく」record
マラソンの参加者の年齢を記録してください。

「きん」gold
マラソンで一番早い完成する人は金メダルをもらいます。

Welcome!

Welcome to ‘Sweating for My Future’!

Top Photo: Henry & Co.

Happy New Year! 明けましておめでとうございます。

皆さん、明けましておめでとうございます!もう2019ですね。すごいねー。

実は、最近、私の将来(しょうらい)について考えています。今イギリスで日本のアセットマネジメントの会社に勤めています。毎日、興味ぶかいことがあるし、会社員の皆さんが親切(しんせつ)ですけれども、私がそんなに幸せではないと気付いてきましたよ。正直(しょうじき)に、私は金融業界(きんゆう.ぎょうかい)には、もう興味(きょうみ)がないとおもいます。これからなんの業界にしようかまだそこまで決めてないですけど、きっと学ぶことがすごくすきだからたぶん将来は、学校に戻るかな。。。??

The idea of an editor, or even a professor perhaps, sound quite appealing I must say. Sorry I got too excited and had to just write in English! (笑)とくに、仕事のため、もし英語以外に、他の言語を使うことが出来れば、本当に嬉しいです。

Japanese Learning

緑内障とカナダの医療制度

31歳と数日で緑内障発覚。

私まだ31歳だし早過ぎるからこれは何かの間違いなはず、と思っていたけど、片目づつ一点を見つめながらよーく見てみると、視野狭くなってた。

こちらカナダでは、眼鏡を作るのにもただ視力測定だけではなく、医師の診察も必要となる。
そのため、今回10年ぶりくらいに眼科で見てもらったら、緑内障の疑いありと診断。
眼鏡屋併設のクリニックでは詳細の検査ができなく、緑内障と診断ができないため別医療機関にて精密検査送りに。
しかし、視野が狭くなっていることに気づいてしまったから、これは完全なアウトなやつですな。

しかも、精密検査送りと言われても命に別状がないため、安定の3か月後とかに予約を入れられるはず。
そしてカナダの医者は結構いい加減。
そのため、仮にがんと診断されても手術も数か月待たされたりするため、そんなん待ってたら先に死にますわ!というのがカナダ。

だから私はそそくさと日本に一時帰国して、日本で診断してもらい、ちゃんとした処方箋もだしてもらおうと思います。
そして、カナダに帰ったら今度は念のためカナダの医者に診てもらおうと思う。
無料だし。

そう、保険無料なんす。

州ごとにルールは異なるが、バンクーバーがあるBC州では毎月$37.50払うと、病院全部タダ。
入院しても手術してもタダ。
MSPと呼ばれる保険に加入するには、詳細の条件があるため普通のワーホリの人は、週18時間以上働いてないといけない、かつ6ヵ月以上継続してBC州に6ヵ月以上滞在していないといけない条件がある。
詳細はこちら参照。

この保険はカナダ人が皆使っているもの。
便利っちゃ便利だけど、永住権を持っている日本人が病気にかかったら大抵の人たちは日本に帰って治療を受ける。
理由は、信頼できない、待ち時間が長すぎる等。

カナダの医療制度のことをぶつぶつ呟いたが、良い面もある。
例えば、エクステンドメディカルと呼ばれる、MSPでカバーしきれないところを、企業の団体保険でカバーされるところとかは良い。

今回緑内障が見つかったきっかけも、この団体保険で眼鏡をつくることができ、眼鏡を作るための診断書を発行するための目の検査もこの保険でカバーされる(会社ごとに条件は違い、うちの会社の場合)。
この条件が2年に1回というのが一般的で、この2年の計算をするのは年度末締めの新年から新たに計算する仕組み。

そう、だから今年最後に駆け込みでクリスマスイブ前日に行ったら、サンタさんからのプレゼントが緑内障でした、というオチはさて置き、このおかげで早期で発見できた。
不幸中の幸いとはこのことだな。

緑内障=失明?

緑内障=失明 と思ってたから、私の人生終わったわ。
しかも片目患ったら、もう片方も患うらしいから完全終わった。
と本気で思い、どうせ失明するなら今もだいぶ無茶苦茶に生きているけど、更に無茶苦茶になって狂ってやろう!と思ったけど、よくよくネットで検索すると、緑内障で失明する時代ではないらしい。

目薬を一生点眼し続けていれば、症状の進行状況にもよるが、失明する前に自分の命が先に尽きるくらいよくできた目薬らしい。

ということで、目がダメならダメで早く目薬が欲しいから、日本に帰る。
ちゃんとした処方箋をもらい、カナダでも使いたいからスペシャリストのところに行ってみることにした。
四谷にある、四谷しらと眼科というところ。
予約入れようとしたら、最短で1ヶ月後だってw

しかし、病院ではなくクリニックだから、追加料金なし、紹介状なしで受け入れてくれるとのことで、行ってみることにします。

カナダの医者には、「ブルーライト、紫外線、たばことかマジダメだから!」と言われたせいで、今はブルーライトと紫外線が怖すぎてビビりまくってる。
ブルーライトカットの眼鏡をかけていればパソコン使えるけど、コンタクトの時は度が入っていない眼鏡を持っていないから、怖すぎてパソコンができないくらいw

外出する時も晴れている日はビビりすぎて目線を下げてしまう。

早くちゃんとしたサングラスと、ブルーライト用の度なし眼鏡を日本で揃えよう。
そして早く診断受けて、目薬を使用しよう。

最後に、カナダの眼科医いわく、日本人は緑内障に特になりやすいらしいとのこと。

カナダ

Try. Always try.

I studied Spanish in high school for three years. I am not fluent, but I still remember a lot of vocabulary from 20 years ago. さらに107語

#English