タグ » 留学

暑く忙しない夏

しばらく更新出来ませんでしたが、チェコ・オーストリア留学生活を過ごしています。今年(2018年)の夏は移動が続きます。先日までの予定だと、

  • オックスフォードとロンドンに夏学校と国際会議と旅行で三週間弱滞在。
  • オーストリアの田舎町へ一週間ほど国際会議で滞在。
  • 南仏の田舎町に4日ほど国際会議で滞在。
  • ブタペストに一週間弱作業部会で滞在。
  • 主な活動拠点をインスブルックからプラハへ変更。

国際会議に何度も出席して発表できるのは研究(論文発表)が捗っていることの裏返しなのですが、仕事関係で移動する度に予約や払い戻しや出張報告などの事務作業が生まれます。これに加えて海外生活する上での細々とした面倒がたくさん積み重なって、6月末から今まで研究が停止状態になってしましました。

個人的な問題も積み重なって、精神的負担が募りうんざりしまいました。「このままでは研究留学しているのか出稼ぎ労働で事務作業をしているのか分からない!」と思い上司に相談して、今回はブタペストの作業部会は参加を見送ることになりそうです。

私生活や研究生活で思うこともあるので、もう少し頻繁にブログを更新したいと思います。

留学

教え子とイタリア観光

8/7-10の間、高校教師時代の教え子ちゃんがLidoに遊びに来てくれました。

その子は今後デンマークへ留学予定なのですが、経路を変更してイタリアに寄ってくれました!

自分自身、生徒と海外で会うのが夢の一つだったので、今回達成することができて本当に感謝です。そして滞在させてくれたアレくんにもアレくんマンマにも感謝です。😭ずっと運転手してくれたアレくんの友達にも感謝だし、たくさんの感謝が生まれた4日間でした。

事件は到着前日に起こりました。

意味不明な経路で航空券を買ってしまったNatchanは、フィレンツェの前にミュンヘンへ到着。

そこでまさかの荷物LOST!

エア○フロートめ〜💣💣💣
モスクワで乗り換えの際に違うところへ送られたのでしょう。その電話を彼女から受けたとき、

あれ‥デジャヴ?
私も最初の留学のとき荷物なくなったような‥

と、あまりのシンクロ具合に驚きました。🤣でも私の時は幸運なことに英語ペラペラ日本人のお姉さんがいたので泣きながらも解決しました。
Natchanはミュンヘンで何とか一人で解決したようで、外国の空港でのたらい回し(基本自分関係ないことは何も教えてくれない)を体験し、かなり成長したことでしょう!結局全ては良い経験になるよ!大丈夫。今は、彼女の荷物が無事にデンマークの学校へ届くことを祈るばかりです。

さて、せっかくイタリア初めての人が来てくれたので観光や色々なことを一緒にしました。😆

ビーチはもちろん、Lidoグルメを堪能!

そして、Milabirandiaという遊園地へGo!

大はしゃぎで楽しみました。2年連続だけどやはり楽しかったです。🔅絶叫系は去年ここのトラウマで苦手になったけど、今回もアレくんにはお構いなしに連れ回されました‥フリーフォールだけは回避しました。😂

そしてRavenna観光。
Ravennaはモザイク画の街。街並みもイタリアらしくてかわいいし、モザイクは本当に美しいです。

お昼のラザニアもわたし的には過去ナンバーワンでした😍

最終日は、本当に短い時間ですがフィレンツェへ。
わたしの一番好きな街です。
アレくんとの思い出の場所ツアーもしました😚ジョットの鐘楼にはNatchanとGiammi二人で上ってもらいました。(アレくん疲労のため)
わたしも次回はまた上りたいです!

こんなにテンションの上がる場所ってなかなかないです。わたしにはやはりこの場所で暮らすことが幸せなのかもしれません。

ベルリン移住でほぼかたまっていた意思が、またフィレンツェに揺れつつあります。🤣どっちにしても、帰国したらもっとしっかり計画たてたりリサーチしなければ。がんばります!

Natchanもイタリア楽しんでくれたみたいでよかったし、次回はわたしがちゃんとフィレンツェをゆっくりガイドできたらいいなと思いました。❤️
空港まで見送り行けなかったけど、お別れに時間かけたら泣いちゃうとこだったから、短くてよかったです。😂
年をとると涙もろくなりますね‥。

とにかく、Natchan、デンマークがんばれ〜!!

Wi-Fiが不安定(というかQuercetoには電波がない)で毎日更新できてなくて、たくさん書きたいことあるのに書けていないので、日本に帰国したらイタリア文化についてたくさん書いていきたいです。

その前に、帰国したくないけど。笑

あと3日、大切に過ごします。

Amy

留学

骤雨小记

——忽忆赴美几周年,不思量,世事迁。

晨起霞飞似作晴,
须臾云布泻盆倾。
不辞风浪滔天涌,
空羡桃源世外宁。

押韵:
晴:八庚。
倾:八庚。
宁:八庚。

平仄:
仄仄平平仄仄平,
平平仄仄仄平平。
平平仄仄平平仄,
仄仄平平仄仄平。

诗词

イタリア1日目!到着!

無事イタリアはカセンティーノへたどり着きました💞
毎日更新するって決めてたので時差なんかにやられて書けませんでしたが、これから帰国までは毎日イタリア生活についてお届けしたいと思いますのでぜひチェックしてくださいね🐕✌️

ちなみに海外に行くときに一番困るのは愛犬ハルマキ😌
今回は、最初の教え子に預かってもらい、本当に感謝でした。人との繋がりって本当に大事だと改めて感じております!!

最近、本当に引き寄せること多いんだよな〜。4月から7キロ本当に痩せられたし、ハルマキももうペットホテルかもっていう説あったのに信じてたらギリギリで助かったし!
引き寄せの法則って本当にあるな〜と感じております😄🎶

本題へ。
今回は、キャセイパシフィック航空を利用しました🔅
評価はこちら👇5点満点です。
サービス4
映像等5
機内食4
座席の快適さ3

総じて、満足!✴️✴️✴️
座席の快適さで辛口なのは、オンラインチェックインで席を予約したときは一人席ぽつんと空いてるように表示されてたから、かなり後ろの方の席だったけどそれにしたのに、結局普通に3人くっついてる席で訳がわからなかったから。
ならば席予約する時もそう表示してほしい!!!
という心の叫び‥。結局隣はイギリス人の大きめおじいさんでずっと肩身の狭い思いをしながらの旅でした。

機内食はこちら!🍴
夕食

朝食

夕食は私の席に来たときにはもうチキン終わってたんだけど、チキンもうないのー?えー?ってきいたら、実はアルヨー。的なこと言って隠されてたやつが出てきました。
味は普通でしたが、夕食後にアイス出るのがいいなーと思いました😋!

映像系サービスは、本当に種類が多かった!去年はアシアナばっかりだったから何が普通なのかわからないけど、すごい種類が豊富だし、オールタッチパネルで、コントローラーきかない!くぅ〜!みたいなのがないからよかったです👌
メイズランナーと犬ヶ島みて、あとは頑張って寝ました😌

到着日すると、相変わらず長〜い列がイミグレに。EUの人はすい〜っと横の空いてる列でずるいよな〜とぼーっとしてると、どんどんどんどん抜かされる。これはまずい!みんなすごい抜かしてくる!!!ということで場所を死守しようと思ったら、一緒に抜かされてた人はやはり日本人だということに気づく。やっぱり日本人って優しいよね〜😌と思いながらも、そのご夫婦を抜かしてくる外国人たちから守ろうと勝手にがんばることにしました。

最終的に気になって話しかけてみたら、とても親切な方々で話せてよかったです!そして、日本語で話してたおかげで他の日本人が

日本人はこっちのNon Visaの短い列に並んでいいらしいよ!

って教えてくれて、イタリア6回目にして初めて日本人はショートカットできるということを知りました🙄
てか、もう6回目か‥😂

そんなわけで、すごい速さでイミグレを脱出!そしてその親切なご夫婦も電車だったので、チケット買うのをお手伝いしようと思ったら、これまた一瞬でスーツケースをゲット!!引き寄せましたよ〜😄ウフフ

結局私の電車チケットは変更できなくて、お二人を見送るだけになっちゃいましたが、コーヒーをごちそうしてくれました😭❤️素敵な出会いに感謝です!ご夫婦でフィレンツェ、ピサ、ローマに行かれるということで、良い旅になりますように😊🔅

その後2時間待ってやっと電車でフィレンツェへ!🚇今回は何の問題もありませんでした😀
フィレンツェ留学で唯一仲良くなれた日本人もとちゃんと再会😍してる間にアレくんも登場。

お話する二人。去年はイタリア語勉強し始めたばっかりだったもとちゃん、今回はもうペラペラでした。
憧れの場所で自分の目標を見失わずに進み続けているもとちゃんを見て、私も頑張らなきゃ。と改めて思いました!もとちゃんは今度改めてインタビューで紹介したいと思います😁
お昼の休憩の短い間なのに会ってくれて本当にありがとう💞

そしてやーっとカセンティーノへ🎶日本を出てから約30時間です😂

疲れすぎてるし暑いしヘトヘトでしたが、大好きなアレくんファミリーにウェルカムされてとてもハッピーでした😍
お昼寝してからディナー😊

家族みんな揃っててよかったです。本当に第二の故郷!ありがとうございます😭2週間毎日楽しんでいきます🔅❤️

Amy

留学

今年の夏もイタリアへ・・・

今日は告知です。

来週からイタリアで2週間ほどバケーションしてきます( ´ ▽ ` )ノ

アレくんとは2週間ぶりくらいなので全然感動はありませんがw最初の頃はローマの空港まで当たり前のように迎えにきてくれましたが、今ではもう今年の夏もイタリアへ・・・

「は?Arezzoまで自力できてよ。(ローマの空港から電車で3時間)」

と、冷たく言われます。(^^;;イギリスを一人でウロウロしてた時はアクティブで、余裕だったんですが、イタリアでの電車にはいい思い出がないので、毎回本当にこわすぎる!前回は冬にいきましたが、電車が止まって中途半端な駅で降ろされ、駅も終電終わっていてしまってしまい、結局迎えにきてもらうまで寒空の中不安でドキドキしながら一人で駅前に立っていました。本当に怖かった・・・。

今回も自力でいきます。でもFirnzeで友達に会う予定があるので自力でFirenzeまで( ´ ▽ ` )正直ArezzoよりFirenzeの方が大きい街なのでいきやすいです。前回は「わたしはArezzoにいきたいんですけど、この電車を逃したらどうしたらいいですか?」ってたまたま停まっている電車で仲良くなった方に聞いても、Arezzo・・・?どこ?みたいな感じだったので、ものすごく不安になります。

せめてFirenzeまでは迎えに来てくれるやろ〜と思っていましたが、腑抜けたイタリア人のアレくんは「おにーちゃんがその辺誕生日だから、勝手に車使って旅行に行っちゃうかもだからわかんな〜い。」とのこと。。。ほんとイタリア人って・・・!わたし、四月から航空券予約してたんですけど!どうしてこんなギリギリまでわからないんだろう、ともやもやしました。むう〜(-_-)

でも、電車のチケットは買って送ってくれてるので、感謝しなきゃですね。

まぁそんなわけで、イタリア滞在期間はイタリアでの色々なことをTwitterでリアルタイムで配信していきたいと思いますので、ぜひみてください。( ´ ▽ ` )

Tweets by amyclfldays

@amyclfldays

インスタグラムもTwitterも同じ名前なので気になったら探してみてください(*^^*)

今日は告知でした(^◇^)

読んでくれてありがとうございました。

Amy

留学

日本で働く前に知ってほしいこと。

就活中もしくは就活直後の大学生のみなさん。

どうしてそんなに就職したいんですか?

いきなり究極の質問ですね、すみません(^^;;わたし自身、教育大学だったので流れるように教員採用試験を受けました。そこに自分の意思はあったのか、と聞かれると今ではもうわかりません。

しかし、教員採用試験を終えてからわたしは半年間バイトで貯めた100万円を全て使い切ることを目標をとし、夏休みに韓国、シンガポール、NZ留学リベンジ、日本一人旅を決行しました。

韓国には個人的には興味はありませんでしたが、6年前に亡くなった母が韓流アイドルのファンだったので、それまでの恩返しをかねて母を連れて行きました。その後1年もたたずに亡くなったので、本当に最後の思い出を作れてよかったです。

海外に初めて飛び出してから1年と数ヶ月。自分がこんなに海外に行き始めるとは、その前までの自分では考えられないことでした。

しかし、その様々な経験の中、

『日本で就職したくない!!』

という気持ちが生まれ始めました。しかし、長期留学をするにはお金がないし・・・悩んだわたしは、NZ滞在中に勢いでアメリカのオーペアを仲介してくれている会社に連絡をしました。その結果、書類審査とスカイプでの英語面接に無事合格し、アメリカへ行く道が開けました。そしてそれを応援するかのように、初めての教員採用試験には見事不合格。唯一の心配は一人になってしまう母のことでした。結局母も納得し、「自分の好きなことをやったらいいよ。」という言葉をいただきました。

しかし、わたしAmyはそこで体調を崩してしまいます。

結局、1ヶ月に一度の通院を余儀なくされ、渡米する機会を失いました。そして、そのタイミングで私立学校の高校教員を大学から紹介されました。

その高校で働き始め、日本の社会の厳しさを知りました。

しかも、入社1ヶ月で母が余命1ヶ月の宣告、2ヶ月目になくなりました。

自分の人生の大きな転機となった1年だったと思います。なんであんなにきつかったのに今でも日本で教員をやれているのか、それは子供達との関わりがあったからだと思います。

教えることは、好きなんです。

日本の働く環境が、好きじゃないんです。

結局今わたしはもう5年も(途中ブランクもありましたが)教員をやっています。教えることが自分の好きな仕事なんだろう。と、最近では認識できるようになりました。

じゃあどうしてこんなに毎日きついんだろう。

どうして鬱になったのだろう。

高校教員として働いた4年目、わたしは軽度鬱の診断をされました。自分は鬱にはならないと思っていたので衝撃でした。それから勤務時間を減らしてもらい、それでも限界で辞めるに至りました。何より、自分にやりたいことがあるのに、やりたくないことばかりやらされている。という意識が自分の中にあったのだと思います。

仕事にはもちろんそういう部分もあるのかもしれません。 さらに6語

留学

イタリアでの最初の家をご紹介

わたしは去年の4月からイタリアへ留学していました。最初は1ヶ月の短期の予定でしたが、コースを変更し2ヶ月になり、さらに一度帰国してからもう一度渡ることになり・・・結局去年はほとんどイタリアで過ごしていました。

そんなわたしのイタリアで最初の家はAirBnBで見つけた家でした。

深夜の空港からタクシーで向かう、けど住所もあまり詳しくわからないし、インターネットも不安定、留学先の学校が英語でokの学校だったのでイタリア語も真面目に勉強せずだったのでロンドンからフィレンツェに到着した時は緊張でフラフラでした(^^;

タクシー乗り場を探して走り回り、もう最終のバスは行ってしまったと言われ、大慌て。なんとかタクシーを発見して飛び乗りました。するとその後ろから中国人の団体がすごい勢いで追いかけてきて、もうわたしが乗っているにも関わらずタクシーのドアをこじ開けようとするwイタリア人運転手がブチ切れて、

「今日はもうタクシーはない!自力で街に行きな!」

みたいなことを片言で言っていて、ドキドキ・・・でもやっと安心。でもまだ安心できません。イタリアではぼったくられることもあるらしいので、しっかり値段を確認。ガイドブックに載っていた情報と同じ金額だったので、やっと安心。

「で、どこ行くの?」

いそう聞かれ、地図を見せるわたし。運転手さんは英語が話せないらしく、なんか色々話しかけてくれるんだけどイタリア語だったので聞こえないふりでごまかしました。😅

そして、無事ついたお家がこちら〜✨

共用部には私物が置かれていたので、寝室だけですが。とても綺麗なお家でした✨しかし、窓をずっと閉めっぱなしだったのか、カビ臭く、床は湿気で濡れていました。イタリアはもっと乾いているイメージがあったので意外でした。

ホストさんも素敵な女性で、翌日はディナーを作ってご馳走してくれました💓

少し落ち着き、スーパーに買い物に行くことにしました。

素敵な街並みにうっとり・・・✨

こちらがコープです。ここで、ひと騒動・・・。フィレンツェのちょっと市街地から離れた場所だったため、全くと言っていいほど英語が通じない。一言で言うと、マジピンチ

なんとかセルフレジで買い物を終えたけど、セルフレジから出て行く時にレシートを照らさなきゃいけないのにわからなくて素通りしようとしてすごい怒られる。でもなんで怒られてるかわからないからぼけっとしてたら「もうあんたわかんないならいいわ!」みたいな感じで予備のレシート照らして通される。でももうメンタルバキバキでした。😅

そしてその後家の前でまたひと騒動。ドアが、開かない・・・!ドアが古くて鍵がうまく回らない。もう号泣でした。イタリアの街の真ん中でドアガチャガチャやりながら泣いているアジアンを見て、イタリアンたちは一体何を思ったでしょう。(笑)結局ホストさんの弟が近くで仕事をしているということで鍵を開けに来てくれました。ちなみにその人はすっと一瞬で開けていなくなりました。その後はもうこわくて出て行けなくなったのは言うまでもありません・・・。

それまでは2週間ほどイギリスで旅をしていたので、英語が通じないこともなく、悠々と過ごしていたわたしにいきなりのカルチャーパンチでした。カルチャーショックではない。もっとガツンと殴られた感じです。目を覚ませ!お前はイタリアにいるんだぞ?!イタリア語しゃべらずにどうやって生きていくんじゃ!そう言われた気分でした。 さらに8語

留学