タグ » 恋愛

外見の大切さ

元カノが遠方に旅立つ事になり、その矢先に今カノが海外旅行で、タイミングがバッチリあったので、土曜泊めて、最終日の本日も泊めた。最初はやっぱり顔もブサイクだし、スタイルも豚みたいで、うわー、格好つかない、ないわーって感じだったんだけど、最後の最後まで、いっぱい色んな所連れてってもらってありがとうとか、お酒飲みすぎないでね、とか、人への思いやりの気持ち、そしてフェラもやっぱり最高だし。外見以外の部分が合いすぎるんだよね。それでずっと続いてた。

とはいえ、やはり、今やり直すかと言うとそれはない。

人によると思うけど、やはり外見を磨くと言う事は愛されるために、物凄く重要な事ですよね

恋愛

失恋

私は昨日失恋をした。

失恋と言われると、あまりしっくりこないのだが、

友人曰く、すくなくとも失ってしまったのだから「失恋」だというのだ。

今年で5年目になろうとしていた彼と別れた。

意外とすっきりしている自分に驚いている。

今後どうしていくか、真面目に考えなければいけない時が来たのかな。

恋愛

求める事と愛

あなたが愛するものは、何故愛するに値するのか?

それはあなたが最初にそれを愛したからである。

そうすれば、それは純粋な愛のまま永遠に続く。

取引による愛は愛ではなく、欲望に過ぎない。

お金をくれるから/言葉をくれるから/身体をくれるから

こういった事は愛ではなく、感情とモノの取引だ

あなたの愛する人があなたを拒絶したら愛がなくなるとき、その愛は初めからないのと同じ。

服を脱いでくれることだけに価値があるならば、身体は交わっても心は交わらない。かえって欲求不満になるだけだ。

肉体美と性感、金や物や名誉などは生きているうちに必ず喪われる。歳をとったときどうなるのか? どれだけ気持ちがなくとも、生の分離は大変な苦痛を伴う。あなたにとっては失うことは対象にかかわらず同じ苦痛をもたらす。

愛しているためには、存在自体への愛であるしかない。それは単純で純粋で何も求めない。

全ての人はこれができるのに、後天的な価値観や人目が気になっているせいで皆々ができなくなってしまっている。

花は満腹にしてくれないが、ただあるだけで美しい。花を美しいと思わない女性は少ないだろう。それを同じ感情にさせてくれるあいてを選ぶべきだ。およそ、身近な愛に気づいていないだけで、あなたは直ぐに愛情の対象に気づく事ができる。

もし気づいたら最初の感覚を大事にしよう。すぐに女友達やテレビの声が頭の中であなたを惑わすはずだから。

着ているものや持っているもの、その他行為などの簡単に失われるものに左右されない愛情を見よう。

あなたは神から与えられた美しさを見る心が備わっている。だから探すこともない。

なににおいても苦労は苦労だけをもたらし、苦労を乗り越えても苦労する前の状態に戻るだけだ。簡単に考えて良いのだ。人間の知性はそれを避ける事ができる。

さあ準備ができたら、外へ出るんだ。金、車、格好、見た目、セックスの強さなどの本質的でない植えつけられた価値観を捨てれば本当の愛が見つかる。

なにかをくれなくてもいいと思える人と共に過ごせば、始めから終わりまであなたは全てを受け取ることができる。誰かを愛せば、全てを受け取っている事になる。

身体を開いてくれなくても良いと思えれば、愛はあなたのもの。

あなたを含む全ての人は誰かに所有されたり行動を支配されてはいけない

ただあなたの声だけに従いなさい。他のものは皆同様に無価値なのだ。

そんな世の中では、ただ愛のみを共有できる事以上の幸福はないであろう。

国際恋愛・出会いは意外と身近な所に☆

今回は海外での国際恋愛について☆
少し前まで一緒にいたラテン系の彼と離れてから、何となくまた新しい人を探しても良いのかなーと思っていた時のこと。出会いって、思わぬところに転がっているものなのだと改めて実感する出来事がありました。
先日学校へ行くために駅に向かっていた時。
前を歩いていた男性が急に振り返って、
“Do I know you? ” (知り合いだったかな?)

と、突然話しかけてきました。吹雪の中、学校へ向かう途中だったので、バックパックを背負いコートのフードをかぶって歩いているという、何の色気もない格好をしているのに声かける!?半ば呆れながら、私は思いっきり、
“NO. I don’t think so! ” (いや、知らない!)
そう言ったにもかかわらず話しかけてくる彼。声かけられて悪い気はしないけど、もうアラフォーですけど(笑)。

そんなことを心の中でつぶやきながら話を聞いていると、なんと一緒のアパートの住人と言うことが判明!!
私の住んでいるビルへ、少し前に引っ越してきたとのこと。彼は私のことを見かけたことがあるようだったので、そう考えると特に不思議なことでもないのですが、それでも奇遇ではありますよね!!

その後、ご近所付き合いと言うことで(名目で!?笑)カフェに行って来ました。話してみたら、普通の人。年齢もさほど変わらなかったので、こっちの人は相変わらず積極的だなーと改めて感じました。フランス系の人だったので余計かもしれませんが、ナンパ感をまったく感じさせず自然に女性に近寄ってくるのができるのってある意味特技だと思う。
ラテン系の熱い情熱とはまた違った、甘い雰囲気を感じさせるフランス系の情熱。そんな人がこんな近くに住んでいたなんて、ラテン系の彼との恋愛中にはまったく気付きませんでした。恋は盲目!!!周りが見えない。(笑)
モントリオールはフランス系の人やラテン系の人と、以前までいた地域とはまったく違った恋愛スタイルがあちらこちらにある街です。それに溺れない様に…ちゃんと見極めていかないといけないですよね!なんせ、昔よりも確実に一つ一つの恋愛に対して重みが増してきていると思うので…。焦りとかじゃないですよ!ただ、一つ一つの恋愛から学ぶことが増えてきたかなーと。
日本に戻ると肩身の狭い少数派?ですが、こちらではまだまだ素通りされずにすみそうです☆ さらに12語

日本語

"国際恋愛" アメリカの恋愛番組で学ぶ恋のアプローチ☆

今日は何となく恋愛モード。

カナダもアメリカと同じ北米。先週から始まったビジネススクールで出される毎週の課題の量が、想像以上に多い!!ボキャブラリーの少ない私にとっては、昨日からずっと課題の記事を読んでいたのでちょっと頭に休息が必要…

と言うことで、さっきから今週分の “The Bachelor”

(ザ・バチェラー http://abc.go.com/shows/the-bachelor ) を観ています。

アメリカの恋愛TV番組で、日本で言うと…どの番組に近いんだろう??

今回は男性一人を獲得する為に、20人以上の女性達が(みんなとってもきれい!!)毎週色々なイベントを通じながら、選別されつつ最後の一人に残るためアプローチをかけていく、と言う番組。

これを観ていると北米の恋愛、女性のアプローチのテクニックや表現の仕方が本当にストレートだなって勉強になります(笑)。大勢いる中で自分を選んでもらわないといけない、自己アピールして積極的にアプローチしていく姿が、だんだん本気モードになっていくんだなって見ていて分かるくらい。ターゲットの男性が他のライバル達ともキスしていて、全てが同時進行で進んでいくデートなんて、本気で好きになったら絶対にハードだと思いませんか?

自分が欲しいって思った男性に対して、積極的にアプローチできるのって、潔いですよね。もちろん、男性が選ばなかったら、帰らないといけない。一人の女性は選ばれずに帰る時、”You can’t force something that’s not there.” (そこに気持ちがないんだったら、強制できないよ。)と。辛いだろうな…。応援したくなる女性もいれば、この人の本性見抜いてー!!と言いたくなるような人たちもいます。ターゲットの男性は、“女性同士の関係は無視して、俺との距離を縮めることに集中して欲しい”と言っていました。

女同士の会話は、女の裏側を垣間見るようで怖いところもありますが、こんな感じでアプローチするのね~、と気楽に観ていれば、結構面白い番組です☆

“見た目を変える”化粧水があなたの肌運命を変える

そんな私は、好きな相手に対しては思いっきり直球で勝負してしまうタイプ。マインドゲームもなければ、賭けもなし。何人かデートしてみてから誰にするか選ぶとか、そういうことも全くなし(笑)。最近まで一緒にいたラテン系の彼にも、最初から“何人かいる女のうちの一人として見ているんだったら(他にもデートしている人がいるのであれば)、私はアウトね。”と、伝えていました。

でもこの番組を見ていると、もうちょっとゆる~くなっても良いのかな、と思えてきます。アラフォーだから焦っているとか結婚したいとか、そういうことは全くないのですが、他にも時間を費やしたいことがたくさんあるからお互い好きならそれで良いじゃん。他はいらないでしょ?そう思って彼とは付き合ってきました。

何だかんだで波乱万丈な彼との恋愛も、一度お互いに Disconnect しよう、距離を置こうと言うことでしばらく離れることにしました。現代社会に欠かせない SNS が引っかかって仕方なかったので、彼の反対を押し切ってここもシャットアウト!!

どこかで繋がっていると思うと安心かも知れないけれども、逆に言えば繋がる必要のない人とは繋がらなくても失うものはない、と思いませんか?大人気ないって彼には文句を言われましたが、今の私のこの開放感は半端ない!!!SNS に重量はないけど、肩から重荷が降りたかのような開放感でいっぱいです。

先日心理学者の友人と話していたときの事。心にスペースを作れば、新しいものをまた入れることが出来ると信じているよ、と。本当にそうだと思う。これからこの空いたスペースにどんなものが、誰が(!?)入ってくるのか、今から楽しみ☆

今度の出会いのチャンスには、ちょっとこの “The Bachelor” の女性たちの様に、もう少し柔らかく女らしくアプローチしてみようかなー☆

なんて、本当にいつまでこんな落ち着かない恋愛してるのだろうか…?笑



日本語

日記について

中国で語学学校に通い始めて早いもので10ヶ月が経ちました。私の通う学校は半年毎にクラスが終わるので、今はいわゆる2学期目。留学生活に慣れてきたからか自分の生活自体も《シーズン2》に入っている感じがしています。友達関係・恋愛関係、濃くなった。

そこで日記として、そして留学に興味のある方に向けて、どんな出来事があったかを記録していこうと思います。

中国生活 1年目

寒い冬でも颯爽と街を歩く姿はカッコいいですよね。そんな女性の手元をふと見てみると、素敵なロンググローブをしているのが目につきます。

恋愛