タグ » 子育て

私がベビー&幼児サークルをやる理由

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もさまざまな活動を通して多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております!

さて、今日は私の主催するロッテルダム親子会の成り立ちついて少し書いてみたいと思います。

はじまり・・

2017年10月頃から少しずつ始動したロッテルダム親子会、プロのダンサーとして働いていたバックグラウンドと、私自身の子供が小さかったこともあり、何か一緒にできないかなぁ・・そんな気軽な思いで始めたのがこの会でした。なので、どちらかというと体操やダンス、リトミック的要素を取り入れたものを考えていました。

私自身、初めての子育てを異国のオランダの地でする中で日々不安はありましたが、今の時代すぐにインターネットで調べることもできるし、無料で国際電話をかけて友人や家族に愚痴をこぼすこともでき、地元の保育園にも通わせていたので息子の発育に関しても幸いそこまで大きな心配を抱えることはありませんでした。オランダという教育先進国での子育てはある意味安心感すら覚えますよね。

ただ、その中でただ一つぬぐえなかった不安が子供の日本語でした。

私自身、日本生まれ日本育ちの日本人でありながら高校からアメリカに単身渡り、そのまま海外生活を経ているため、海外生活はすでに人生の半分を越えています。ネイティヴではないながら英語という言語は私の中でとても大きいのです。例えば私の仕事関係の研究や考え事などは英語で、生活や子育てに関することは日本語、など、使い分けています。私の手帳やメモなども英語と日本語が混ざっています。

バイリンガル?そんなにシンプルじゃない

自分がバイリンガルじゃないのにバイリンガルを育てるのって不安ですよね。

私も自分のことをバイリンガルと言っていいのやら、、でも、消去法でモノリンガルではないのでバイリンガルの端くれ、なのかなと思っています。ここで少し私の話を・・

言葉にするのは難しいのですが、私の脳内では英語と日本語は昔のラジオのチャンネルのようなもので、ダイヤルを回してぴったりくるとそっちの言語がクリアになり、切り替えるときもまたくるくるっとしてぴったりに、という作業が必要なのです。簡単に言ったら、切り替えが遅い!・・なので、正直通訳というお仕事が苦手です。。時々通訳としてもお仕事を受けているのですが・・(汗)

その背景には、私が英語を習得した背景が大きく関わっていると思っています。前述の通り、私は10代で単身アメリカに渡り、当時はダイヤルアップのインターネットがあるくらいで国際電話はフォンカードというものを買って一回5〜10分程度、月数回実家にする程度。その他、周りに日本人はゼロ。日本語を話すことはなく、寮生活でしたので朝から晩まで耳に入るのは英語のみ。日本から持って行った小説を読むことはできても、そんな時間はなく、目にするのもほぼ英語。寝ている時みる夢は英語、独り言も英語、考え事も英語。(悪態は日本語でしたが!笑)そんな日本語と英語を切り替える必要が一切無い中で英語を習得したのです。

それは、今、私が育てている自分の子供たちの環境とは大きく違うわけです。子供達は私とは日本語、外出してももちろん私と一緒なら日本語ですが、例えば保育園に着けば先生とオランダ語を話しながら私には日本語で話します。切り替えができるバイリンガルです。全く私とはシステムの異なるタイプ・・。

正直、うちの子達が大人になった時の日本語能力は想像できません。生い立ちや環境によって、ハーフ、海外育ち、バイリンガル、と言っても、一人一人に宿る言語の使い方は人それぞれ。

だとしても、言語を習得するには・・

お母さんが日本人で、オランダで生まれ育った子供と言っても家庭や方針、環境により大きく異なる・・ことは大前提。だとしても、言語を習得するには『トライ&エラー』以外に方法はありません。

話す機会や聞く機会が多ければ多いほど、それは情報としてストックされ、情報が多ければ多いほどスラスラ使える。

実は私は英語を教えることもしています。相手が子供でも大人でも、真面目さでも記憶力でもなく実践量である、ということを実際に見て、痛感しています。どんどん使う人はどんどん伸びる。

うちの子達も含め、海外で育つ日本人が日本語を話す機会は多くありません。たとえ、うちのようにお母さんとは(家では)日本語、を実践していても、使うボキャブラリーは限られてしまいます。私も例外ではありません。気づかず、子供達が知っている言葉だけを使って話してしまいます。

息子が『ぼく』と言った日・・

うちの息子が3歳になったばかりのころからうちに日本人のベビーシッターさんに来てもらう機会が増えました。週1〜2回、数時間。1週間目からすぐに息子の日本語に変化を感じました。

今まで教えたこともなかったのに自分のことを『ぼく』と言ったのです!

それだけでなく、他にもたくさん、今まで私が赤ちゃん言葉で呼んでいた物の名前、ブーブなどを、「くるま」や「じどうしゃ」と言うようになったり。息子の2歳下に娘がいるため、わんわん、ブーブなどの赤ちゃん言葉を未だ日常的に使っていた当時、正直ハッとしました。

他にも「今日」「明日」という、概念として捉えるべき言葉を今まで私は使っていたものの、息子が言うことはなかったのに、シッターさんに来てもらうようになってから使うようになっていたり。きっといろんな人が使うのを聞いて本当の意味で理解、腑に落ちたのでしょう。

ここで、私が気づいたのは、インプットの数です。

腑に落とす!にはたくさんの人に会うこと

子供達はお母さんが言っている言葉を情報としてストックしています。本人が発しなくても理解している言葉の数はとても多いのです。でも、いざ使うとなると意味がはっきりわかっていないと使いにくい・・その壁を越えるにはいろんな場面でその言葉が使われていることを見聞きし、言葉の意味を『腑に落とす』工程が必要です。

小さいうちに覚える言葉のほとんどが、物の名前です。そこから、色や時間(今日、明日など)、気持ち(かゆい、チクチクする、など)、状態(濡れている、ザラザラする、など)、概念として捉えるべき言葉を習得します。特にここで、インプットの量が影響する、ということが自分の子供を見ていてわかったことです。

楽しく、勝手に日本語が習得できる場を作りたい

『は〜い!勉強ですよ!座って!』ではなく、ぺちゃくちゃ喋りながら、気づいたら語彙が増えている。語彙が増えるといろんなことがお話しできて楽しい!

そんな、本来、日本に住んでいれば当たり前にあるはずの状況を作りたい。そんな思いが強くなり、ベビー&幼児サークルをやることになったのです。

前置きが長くなりました(汗)

うちも使っていますが、テレビで日本語の番組を見せたり、日本語の絵本を読み聞かせたり。でも『ぺちゃくちゃ喋ったり遊んだりしている間に気づいた語彙が増える』環境って家庭では作れないんです。補習校へ行ったり、日本の勉強を通信教育で追ったりすることとは全く別ジャンルと考えてもらって良いと思います。

正直、赤字覚悟のボランティアに近いこの活動(汗)自分の子供ためにあったらいいな、がことの発端ですが、それはきっとほかの子供たちにも良いはず!そんな思いで細々とやっています。もし少しでもご賛同いただけたら、ぜひ、会に参加したり、もし難しければFacebookページへのいいね!だけでも励みになります。

今後ともロッテルダム親子会をどうぞ宜しくお願いします!

子育て

寝返り

6ヶ月を目前にして、しょうじさん寝返りしましたー😆

仰向けからうつ伏せに寝返ります。けんじの時の7ヶ月半での初寝返りは、うつ伏せから仰向けでした。

タミータイムも腕立て伏せのように上半身を持ち上げます。

そして、お座りも上手になってきました。

弟大好きのけんじ。でもしつこい…😬

子育て

95%のおもちゃはいらない。

我が家の子どもたちは・・・というより、現代のイギリスっ子は本当にたくさんのおもちゃをもらいます。
私は実は子どものためにおもちゃを買ったことがほとんどないのですが、買わない方針とかは一切なく、余りにももらいすぎるので買う必要性がないためです。

日本もそうだと思いますが、子どもがおもちゃをもらうタイミングは大きく年に2回。
1. クリスマス
2. 誕生日

私が小さい頃、25日の朝起きると枕元にサンタさんからのプレゼントが置いてありました。 自分が欲しかったものかどうかは別として、だいたいは1つ、多くて2つ。
それに比べて、こちらはこれです(M&S広告より)。

ツリーの下に大量にプレゼントを置きます。 ひとりの子どもがいくつもいくつももらうのです。 我が家の場合、毎年、義母が大量に孫用のプレゼントを送付してきます。 さらに22語

5. 趣味・プライベート

幸せのひと時

おっぱいを飲み干して(笑)寝てしまったしょうじの寝顔はいつまでも見てられる💕

子育て

運動好きに育てよう

こんにちはLearning FacilitatorのMAIです。

私はFeldenkrais method とNLP(神経言語プログラミング)という二つの学習システムを学び、教えています。他にもヨガ講師や、ダンサーとしてのバッググラウンドを生かした活動もしています。

そして私自身、2児の母です。3歳半と1歳半という2歳差幼児と日々戦っています。

今回はヨガ講師として週に100名近い大人を教えている身として、常々思っていることを書いてみたいと思います。

運動嫌いを作らないで

ヨガを教えているとたくさんの大人の方が生徒としてやってきます。日本人に限らずですが、「運動は苦手で・・ずっと運動をしてこなかったけれど足腰に不調が出てきて・・」や「健康を考えて・・」と始められる方は多いです。もし、そのように前もってお話をされなかったとしても動いている姿をみたらすぐに運動経験者かどうかはわかります。

何事も得意不得意、好き嫌い、はありますよね。しかし、運動において、現代人にとっては好きか嫌いか関係なく、しなければ健康に関わります。

ふと思い返してみると、小学生中学年くらいからすでに運動が苦手な子、というのはクラスにいた気がします。苦手だとやる機会も減って、上手じゃないから・・という理由で嫌いになって行く、というのは自然な流れかなとも。

早速、極論ですが、

勉強させて頭の良い子を育てることよりも、運動好きになってもらう教育のほうが大事

だと、多くの大人に関わりながら私は思っています。

なぜなら、どんなに頭がよくても体を壊したらおしまいですが、健康なら勉強だってなんだってできる。

日本人の場合、運動に対し苦手意識のある方々の多くは子供の頃の体育教育で運動嫌いになったと思われます。得意不得意はさておき、少なくとも運動嫌いを作らない!親としてできることをお伝えしていきたいと思います。

カエルの子はカエル

スポーツ好きな両親の元に生まれると、スポーツが身近になります。逆もしかりで、苦手意識のある親御さんの子供に苦手意識があることが多いのです。

誰も生まれつきの運動嫌いはいません。どこかで、他人と比べられた、無理やりやらされた、など嫌な思いを経て運動嫌いになります。

その一つは親の影響です。いろんな場面で親の苦手意識は子供にもしっかりと伝わっているのです・・。親の自分が足が遅かったから、きっと自分の子も遅いだろう、と思ったり。はっきりその話をしたわけでなくともちょっとした言動などで、子供には伝わっています。

運動へ苦手意識のある親御さんにとってスポーツ万能を育てるなんて無理・・と思われるかもしれませんが、

スポーツ万能を育てる!ではなく、あくまで運動好きを育てて欲しいのです。

本当ならば、不得意であっても楽しく運動している親の姿を見せて欲しい。上手でなくても楽しめる、という背中を見せることがベストでしょう。いやいややっているランニングを見せるのは逆効果。上手じゃなくても楽しんでやっているところを見せて欲しいです。

親が運動する姿を見せるのが難しい場合は、習いごとでももちろんOKです。

何を習わせる?

何を習わせたら良いかわからない、子供の得意なものがわからない。親御さん自身が運動苦手な場合、何を始めたら良いのかわかりませんよね。

正直なところ、、

体さえ動かすものなら、なんでもいいです。

すでに苦手意識の強い子の場合、チームスポーツは避けた方が良いかもしれません。実力でポジションなどを決めたり、年齢が小さくとも実力社会です。苦手意識を増長させないためにも個人スポーツからのスタートが良いかもしれませんね。

スポーツと言っても野球、サッカー、体操以外にも柔道、空手、剣道、ボルダリング、合気道、ダンスなど、体を動かすものであればなんでも良いので、運動のお稽古といえば・・という固定概念を外して探してみてください。

良い先生の見分け方は、見学などに行った際、上手な子と下手な子の扱いを見ることです。声のかけ方などを見て、同じだけ愛情を持って接しているかを見てください。不真面目な子に厳しくなるのは当たり前ですが、下手な子に冷たくなる先生は避けたいところです。

そしてどんなに小さいことでも褒めてくれる先生に出会えれば最高ですね。

現代っ子は運動能力が昔より低いのです

先日、甥っ子(小2)の運動会へ行った私の母が「昔ほどみんな早く走れないのよ」と言っていて、ふと調べてみたところ、体は年々大きくなっているのに対し、運動能力は昔の子供より全てにおいて劣っている、という事実を知りました。

参考:文部科学省『子どもの体力の現状と将来への影響』

確かに、考えてみれば現代の子は勉強などに割く時間も多く、運動量は減っています。それは幼児の生活習慣を見ても感じています。

もうしっかり歩けるのにベビーカーに乗っている幼児をよく見ます。昔は、おそらく健康のため、ではなく文化としてベビーカーを使わなかったのかもしれませんが、結果として子供の足腰の強さに出ていることは明らかです。

2歳前後だと歩けるけどちゃんと手をつないでくれない、どっかへ行ってしまうから、出先で寝てしまうから、歩かなくなってしまったときのため、とベビーカーが必需なのはわかります。

私も下の子はもうすぐ2歳ですが、ベビーカー無しで出かけるのは正直難しいです。ですが、元気なとき、急いでいないとき、そして車通りの少ない道では積極的に歩かせています。上の子に関しては半日以内のお出かけの場合、2歳半でベビーカーを持っていくのをやめ、3歳で一切使わなくなりました。

心の健康にも関わる運動不足

運動量が減るということは、大人になったときの生活習慣病も心配ですが、体だけでなく心の健康に関わってくる、ということも大きなポイントです。

運動好きにさせる子育てとは、子供の将来の心の健康にまでつながるのです。

運動は上手でなければいけない、という概念なしに、運動すると気持ちが良い、気分転換になる、運動の後の疲労感は心地よく休まる・・そんなことを子供達に体験させてあげてほしいのです。

運動が続かない、苦手意識のある大人にとって定期的に運動しに行くことはストレスですが、運動をずっとやってきた者にとっては運動することこそがストレス解消なのです。

現に、私が日々教えている大人の生徒さんの中から「今日は1日気分が乗らなかったからヨガに来た」とか「明日大きな試験があるからよく眠れるように夜のヨガに来た」など嬉しいコメントを聞くことが多いです。

自分の子供が大人になった時、今日は少し気分が乗らないからちょっとランニングに行ってくる!なんていう健康な大人になってもらうためには、子供の頃から良い習慣を身につけて欲しいですね。

この記事も読まれています↓

なんでハイハイは良いの?

絶対にバンボは使わないでください

子育て

タイガーマザーに育てられた少女時代、そして子育てで癒された心〜NYで活躍するオペラ歌手田村麻子さん 後編

photo courtsey of Asako Tamura

「世界の歌姫」であるオペラ歌手、田村麻子さん。その裏には、たいへんな試練と苦労があった。前編に引き続いて、ライフストーリーを語ってもらった。 さらに52語

Featured

子どもの受験に勝つための考え方 ~保護者編その3

こんにちは。PINEAPPLEです。

このブログを通して、少しでも多くのお子さんが「合格」を勝ちとることを願っています。

合格するために、親や保護者がどう考え、どうするべきかということを焦点に話していきます。

その1では、合格のための親の思考術

その2では、合格するためにやること

その3では、確実に合格する方法

についてお話していきます。

このブログを読んでいるということは、あなたは受験で悩んでいるはずです。

別の教材を買おうか、塾を変えようか、個別にするべきか、志望校のランクを下げようか、受験をするのをやめようか、など、自分の子どもが受かるのか不安だと思います。

安心してください。大丈夫です。

これを最後まで読むことで合格のヒントを得てください。

受験だけではなく子育てや部下の育て方など人間関係のヒントも学べます。

その1を読んでない人は、その1からお読みください。

その2 を読んでいない人は、その2からお読みください。

では、その3

確実に合格する方法についてお話しします。

これは、魔法のような裏口入学の話ではありません。

裏口入学のことを考えるのは残念です。

きついことを話しますが、楽な道を選ぶと人生は終わりです。

厳しい道を選んでいくから、子どもが成長していくのです。 さらに30語

THINKING