タグ » 子供

The most recent fun/ 最近の1番の楽しみ

The most recent fun is to play with children of the kindergarten and the first grade in a 30 min break time between classes.

When sitting in the schoolyard for to take a breath, I hear “Kaito! さらに297語

コロンビア

Kindergarten Class/ 幼稚園クラス

A week has passed since I came to Colombia.

I feel like that three weeks passed since I came. At the same time I feel like I have only been a week, I feel I’m getting used to be in this life here as well. さらに265語

コロンビア

子供が産まれてから

今年1月末に子供を産んでから、当たり前の事だが、毎日、毎日が子供の世話がメインとなって1日が終わる。

4ヶ月頃から、以前に比べ子育てはとっても楽になった。

本当は毎日4、5時間くらい仕事の時間としてみっちり時間を取りたいものの、なかなか難しいのが現状だ。

とは言え、育児が楽しくて、そして子供も愛おしくて仕方ないのだ。
こんなにも楽しく愛おしいものだと思っていなかった。

正直生まれたばかりの最初の数週間は1人目の子供だから全てが初めてで、分からないこともあり、時々、何をしても、ずーっと泣いてばかりの子供と一緒になり1、2度泣いたことがある。ただ、正直その2回くらいで、それ以外はイライラすることなんか滅多になかった。

でも、その1、2度に関しては、子供への虐待とか、子供を殺してしまう親の気持ちが一瞬だけ、分からなくも無かった。
感情のコントロールがしっかりと出来ていて、微動だにしない性格の私がこう思うのだから、
人によっては、泣きやまない新生児に対して怒鳴る人も世の中には居るんだろうと思う。

たったその一瞬の感情で、
ああ、こういう瞬間に人は過ってしまうんだと思った。

やっぱりずっと目の前で泣かれると、こっちも狂ってしまいそうになる。

その時は主人にどうしたら良いか分からないと泣きそうになりながら、電話をしたり、メールをして居た。

子育ては夫婦でやるものだから、そういう子供の様子の共有や子育てに疲れた時のガス抜きは夫婦で共にすべきだと思う。

もし、シングルマザー覚悟で子を産んだ女性は、親なり、友人なりに話してみると良いと思う。

私は、幸いにも同じマンションに住む女性2人と臨月のときに知り合い、
他の2人もちょうど同じ時期(厳密に言えば、数日違い)に女の子を出産している。
この友人2人が居てくれたお陰で、色々と同じ悩みや課題などの共有が出来て楽しかった。

生後7ヶ月になる今も、体力的に育児は簡単ではない。
大変と言ってしまうと、なんか大げさな気もするので・・・簡単ではないと言っておこう。

生後3ヶ月後半くらいから、夜中の授乳で体力が持たなく
添い寝授乳をするようになったことが恐らく原因で、生後5ヶ月くらいから夜泣きという
頻繁に夜泣く習性が始まってしまったのです。
そして、目覚めの時には、ママじゃないと嫌だというヒステリックな泣き声も定着してしまった。

けれども、離乳食をスタートして1ヶ月がすぎる頃、これじゃダメだとスリープトレーニングを試んで、改善方向に進んでは、又戻りの繰り返し…
子供はそれぞれ個性があるので、寝る子、寝ない子、敏感に小さな物音で起きる子、そのままぐっすり寝る子などと様々ですね。

今のところはこんな感じでやっていくしかないのかな。
子を育てる道のりは長いから気楽に、気長に!

母親はとても喜びと楽しみに満ちた役割だと思う。
そして子にとって、母親は唯一無二の存在。こんなにもやり甲斐のある仕事・役割はないと思う。

ひとつ、そんな風に思えるのも母親という役割に向き不向きがあるとは思うけれど、
その他に、主人のサポートも欠かせないということ。

日本人の友人の話を聞くと、本当にびっくりする。
子供が産まれて仕事に精が出るのは理解が出来るが、独身または2人だけの生活のときのように遅くまで残業をしたり、飲み会三昧では子育てもままならない。

主人は遅くても18:30には帰宅し、子供の入浴を手伝ってくれる。
友人の話を聞いても、オフィスが近いので帰宅は就業後、17:30には帰ってくるという銀行にお勤めのご主人や、19:30には帰宅するという不動産関連の仕事をするご主人。

子供は朝とても早起きなので、6:30くらいから子供と過ごし、夕方にはヘトヘトなところ
夕飯の買い物や、夕飯の支度、子供の寝かしつけまでやっていたらフルタイムも良いところだ。そして、先程も触れたが子育てって母親と父親がすることだと思う。
勿論諸事情で、祖父母の手助けを頼ることがあっても、基本は母親・父親なのだ。

イクメンなんて言葉が数年前に出てきたけれども、それって男は働き、子育ては女がするという昭和の時代の典型的パターンが根強い日本社会だったからなのかもしれない。

ロンドンでは、ほとんどが共働き。
私のママ友の5人は、みんな育児休暇が終わったら、職場復帰するのだ。

時々、平日の日中に地域が主催する子供の為のイベントに行くと、
どんな時も、父親が少数人居たりする。たまには、平日に休暇を取って奥さんの手伝いをする旦那もいるだろうし、奥さんの稼ぎの方が多く、所謂主夫をしている旦那もいるだろう。または、オフィスに行かずに働ける環境の人は、合間合間に子育てをしているのかもしれない。

日本でこういった地域のイベントに未だ参加した事がないので、いつか一時帰国の際に訪れて父親が参加しているケースを数えてみたい。きっと、ゼロに近いんじゃないだろうか?

今度、私のロンドンでの妊婦生活・NHSでの定期検診の経験、そして出産の経験もどこかでシェアできればと思います。

子育て