タグ » 子供

親行との出会い

「あなたは、親をしてないわ!ペアレンティングのクラス、申し込み期限は終わってしまったけど、入れるように手配するから受けなさい。通常、私はこんな言い方はしないのよ。サジェスチョンをするんだけど。ごめんなさ、あなたの状況はあまりにもひどいわ。」

子供の登園2日目で担任の先生から言われた言葉です。私には、とっても心当たりがあったので、「はい。わかりました。」とお答えしました。

当時、私はアメリカのアーバインと言うところに住んでいました。

近所の保育園に子供を預けると、担任の先生が、「この子は他の子どもとちょっと違うけど、特別支援の教育を受けるとずっと伸びる子だわ!」

そう言われて、近所の小学校にスクリーニングを受けるために子供を連れて行きました。

「確かに言語的な助け以上の教育がひつようだわ。」とセラピストさんは、子供のスクリーニングの結果を見ながら呟きました。

当時、住んでいたところから歩いて行ける場所に、その特別支援幼稚園はありました。

スモークツリー特別支援幼稚園

子供を連れて行くと、先生がにっこり笑って出てきました。

ベテランの先生の表情や話術(?)で、英語が分からない子供もすぐに引き込まれて行ってクラスメイトの輪に入っていきました。

子供が大丈夫そうだったので、幼稚園が終わる時間に子供のお迎えに行きました。幼稚園の前に、日本のテレビでもお馴染みの黄色いスクールバスが何台も並びました。子供たちは、自分たちが乗るバスのグループに分かれて整列し始めていました。私の子どもは、バスのアイドリングの音と、それに負けじと声を張り上げる先生方の声で興奮してくるくる走り回り始めました。お迎えの車も入ってくるし、とても危ない状況でしたが、子供は私がいくら注意しようが吠えようが全く相手にしていませんでした。捕まえれば、噛みついたり自由の為に自分の体を知恵を駆使して反抗してきました。

見るに見かねた担任の先生が現れて、子供を両腕を捕まえて芝生の上に寝かせました。子供は先生に噛みつこうとしたり、足でけろうとしたり、大暴れ。しかし、先生は手慣れたもの。子供が落ち着くまで、そのままじっとしていました。

冒頭の先生の言葉は、その時の言葉です。

当時、私は子育てに疲れ切っていました。子供が2人いるのですが、当時、質は違いましたが2人ともこうだったのです。

これが、私のペアレンティング教室と出会うきっかけです。私の子育てはペアレンティング教室と出会うことで、天変地異が起きたかの如く子育てに対しての考え方が変わっていきました。

夫に家族に関わってもらう4つの理由

第1子の娘が生まれた時、すごく不安だったと思う、9年間幼稚園の先生としてたくさん子ども達の面倒を見てきたけれど、自分の赤ちゃんをどう世話すればよいか分からず、その小さな彼女を腕に寄せた時びびってしまった。どれだけ多く子育て本を読んでも、次の準備を十分にしてはくれない。

私は自分の感情と戦った;泣きながら病院を後にし、赤ちゃんに授乳するのに何ヶ月も苦労し、ずっと「この子を寝かすともう起きないんじゃないか」と思い、些細な事も普通っぽい事もなんでもネットで調べてた!

多分、多くの新米パパ・ママは同じようなことすると思う、人生での新しいシーズン、すごく最高で同時すごく怖さもある!

このストレスを感じる試練の中で、旦那さんをないがしろにしたりケンカしちゃうのって簡単。

特に女性はホルモンバランスがアップ・ダウンするから、些細な事で旦那さんに文句を言ってた。ずっと昔から望んでいた自分の赤ちゃんを手に入れたことに満足して、夫のニーズは自分の中で一番低い優先順位となってた。でも、すぐに“自分たちは一緒に今このアドベンチャーを通ってるんだ”って気づいた、ママ&パパとして!私たちは、一緒に経験して楽しむ必要がある、タフなことも。

彼に何かをお願いした時、私が思ってた様にしてくれない事が多い、カーラへの対応がちょっと雑だったり、私が望んでいる様に家事をしてくれなかったり。彼は私の様にストレスを感じずリラックスした感じでいる、けれど彼にお願いすることは全て私の望んでいるレベルまで達してない:口論の始まり!

でも、それは私が抱いていた恐れや過保護な感情だった。私は、恐れを克服し神様を信頼する必要があった、神様が私の小さな娘の人生をコントロールする人だって!

 妻は、主に従うのと同様に、夫に従いなさい。 23 なぜなら、キリスト様の体である教会がキリスト様にゆだねられているのと同じように、妻は夫にゆだねられているからです。〔キリスト様は教会のために心を配り、その救い主となるために、実にいのちさえも投げ出されたのです。〕

エペソの人手紙 5:22-23 | JLB

聖書では、私たちは夫を理解してサポートする必要がある、そして彼に家族をリードしてもらう環境を作らないといけない。でも、私たちはたまに家庭をコントロールして家族のボスとなりたくなる、家庭内での夫へのリードする役をすごく小さくして。

特に旦那さんが一緒にいてくれない時間が多いと、いないことに対して苦い思いを抱く様になり、もっと遠ざけてしまう。けれど、彼と結婚した事には理由がある、だから彼を理解し旦那さんを家族のリーダーとして私たち家族の人生に関わってもらう必要がある。時には、彼に委ねて彼のやり方でリードしてもらう必要があるかもしれない!

だから、私は夫に積極的に家族と関わってもらう様にした、これらがなぜ赤ちゃんだけに夢中になってはいけない理由であり、夫を遠ざけるほど赤ちゃんに過保護になってはいけない理由、夫にぜひ新しい家族の人生の大きな一部となってもらおう。彼に関わってもらう事で、彼はもっと自分が家族の一員だと感じることができる。

彼は家族にとってとても大切な存在。

私の娘はパパが大好き、面白くて愛おしくて家族みんなを笑わせて楽しませてくれる!ストレスな状況をジョークで家庭を明るくしてくれる!

そして彼は私の真逆!私が最初彼にカーラの世話をさせない様にして全て自分でやっていた時は、今ほど素敵な関係ではなかったと思う。

カーラはパパと一緒に過ごす時間が大好き、そして私にずっとひっついている必要もない。カーラにとってパパが間違えようが大変だろうが関係ない、実際彼女はそういうパパが大好き、だから彼女の前でもありのままのひろしでいてもらってる!

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」や「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、あなたがしている家事も助かることになる

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」や「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、結婚関係が強くなる

恐れ・しんどいこと・感情的なもの・喜びなどいろいろシェアし、結婚生活をもっと強くさせよう。もし私が夫をブロックすると、簡単に感情的になり、自分にイライラしてしまう。でも結婚というものは分かち合う必要がある。どういう意味かと言うと、私は自分の夫に恐れや良い事について話す、そしてお互いを理解して支えあう。これは、子育てをする中でとっても大事なこと、なぜなら子育てはまったく新しい経験で、今まで生きてきた中で特にクレイジーな経験であって、内側の底上げはするけどお互いの本当の気持ちは分かち合わない、なぜならそれが“子供のために強くならなくちゃ!”というのが夫婦だって思っているから。けれど、アップ・ダウンする感情・今自分が思っている事・今何が起こっているかなどを夫に話したり、逆に夫が抱く家族の役割についての心の内を打ち明けてもらう時間をもとう。

彼に関わってもらう事で、自分の時間がよりとれる

彼にしょっちゅう子供の面倒を見てもらっていると、子供をパパを信頼し一緒にいる事が大好きになる、第2子が生まれた時もカーラはずっとパパと一緒にいても嫌がらず楽しんでいた、おかげでマアは生まれたばかりのテッドの世話を見ることができた。また、私自身も休憩が必要、でもパパが両方の子供の面倒を見てくれるので私も1人で友達と遊びに行ったりもできる。

本当に、私たちはただお願いをするだけ!パパは喜んで私に休憩を取らせてくれる!彼は普段私がする大変なママ&主婦業に感謝してくれてる、だから彼はよく休憩をとらせてくれたり夕食作ろうかって聞いてくれる。

私たちは自分で頑張らなきゃって全ての重荷を背負おうとすればずっとそういられる、そうすると結局完燃え尽きてイライラしてしまう、だから、旦那さんに少し助けてってお願いしてみたら!

日本では多くのパパは長時間労働を強いられて中々家族と一緒にいられない、けれど、妻の仕事として、できるだけ夫を家族の輪に加えてあげる、家に中々いないからといって彼に不満を言うんじゃなくて。もしそういうネガティブな気持ちが出てきたら、あなたの夫に話してもっと思いを伝える必要がある!私たちの夫は助っ人であり、家族のリーダー、だからこそ彼にもう少しスペースを与えてあげて、家族に関わってもらおう!

あなたはどのように旦那さんに家族と関わってもらっている?この分野について悩んだ事はある?

#japankids

幼児と一緒にファミリータイムを楽しむ40のアイディア!

先週はファミリータイムがどれほど大事でどのように家の中で素晴らしい家庭環境を作り上げていくかについて紹介した。

今週は家族がもっと近くなる実践的なアイディアをシェアしたい。

このキリストのもとで、各器官が結び合わされ、体全体がしっかりと組み合わされて成長し、愛にあふれるようになるのです。」

エペソ人への手紙 4:16 | JCB

この聖書箇所が私にとって理想の家族 – 時間を過ごし、神様の愛の中で助けあい成長する!親が子供たちの成長を助けるように、子供たちも親を成長させてくれる!

だから私たちは家族で時間・実りある時間を過ごす必要がある、そうすることで私たちは成長でき、一緒にいる時間を楽しみ素晴らしい思い出を作っていける!

ファミリータイムの過ごし方のアイデアはたくさんある、きっとあなた自身も持っていると思う。私たちの家庭には2人幼児がいるから、幼児とのファミリータイムの実践的なアイディアをリストアップできると思った。いくつかは家でしたことがある。まだトライしていないものも!

幼児と一緒にファミリータイムを楽しむ39のアイディア!

1.ダンスパーティーをする – ミュージックの音量をあげて!何かを片付ける必要がある時や子供たちが何かやりたくない時、私はこの手を一番する。私たち自身もリラックスできるし一緒に楽しめる!子供たちにいろんな音楽を聴かせてあげられる機会にもなるよ!

2.家族ゲームタイム:私の娘はロットや魚釣りゲーム、スナップ、神経衰弱などが大好き。2才児向けの簡単なゲームはいっぱいあるし、自分でゲームを考えてあげるのもよい!

3.映画「パディントン」に家族みんなが夢中な時はムービーナイトをする!けれど、短い映画やテレビの方が幼児にはオススメかも、長い時間集中するのがまだ難しいから。

4.室内ピクニックで夕飯を食べる

5.一緒夕飯を作る、小さくてもお手伝いはしてもらえる。

6.たこ焼きを一緒に作る – 小さい子供たちはいろんな具を入れることをすごく楽しむ。

7.パズルをする

8.クッキーを一緒に作ったりカップケーキをデコレーションする

8. かくれんぼ – 私の娘はパパとかくれんぼをするのが大好き!(私のインスタストーリーを見て!)

9.ピザを注文する – あなたが料理するのが億劫な時は特によい

10.アイスを食べに行ったり、コンビニでアイスを買って家で食べる

11.水合戦をする

  1. ドレスアップショーをする – 子供たちはパパ・ママの洋服を着てショーするのも大好き!

13.ピザを作る – 子供たちは自分たちの好みのトッピングを作りたがる。

14.歌って、楽器を持ってマーチングする。

  1. – おもちゃのカーレースをする

16.家族写真やビデオを一緒にみる

17.一緒に聖書を読み、何をそこで学んだかシェア。

18.一緒に本を読む

19.ウノやトランプをする

20.フリーズダンスをする – 音楽が鳴ってる時は踊って止まるとストップする。

21.ストーリーを読み聞かせる時、影や手を使って作ったパペットやぬいぐるみを使う。

22.風船で遊ぶ

23.紙飛行機を作って競争する

24.隠れ家を作ってそこでストーリーをシェア

25..一緒にワーシップ(賛美)したり一緒に歌う。

26.タイムカプセルを作って埋める、又は家のどこかに隠す。

27.一緒にディナーを食べながらその日で一番嬉しかったことを話してもらう。

28. レゴブロックの建物大会をひらく。

29.誰が一番高いタワーを建てれるかコンテスト

30.ティーパーティーをする、よしよしできるぬいぐるみと一緒に。

31.テディを隠せゲーム – 私の娘はこのゲーム一日中やってられる!

32.感謝していることについて話し、それについて祈る。

33.一緒にカラオケ

34.くすぐりファイトをする

35.懐中電灯を持ってパパ・ママのベッドに潜り込む

36.一緒にベッドメイキングをする(私の娘は、おいでって呼ぶと布団にコロンってするのが大好き!)

37.一緒にベッドの上でジャンプする

38.夏の夜、近所をお散歩

39.一緒にyoutubeビデオやファミリービデオを作る。

40.子供に何をしたいか聞いて、それを一緒にする。

あなたのアイディアもぜひ聞きたい。上のようなこと、家でしたことある?家でファミリータイムを過ごす時は何する?もし小さい子供がいるなら、どうやって楽しませたりファミリータイムを過ごしてる?ぜひ教えて!あなたのやり方を聞くの楽しみにしてる!

#japankids

The most recent fun/ 最近の1番の楽しみ

The most recent fun is to play with children of the kindergarten and the first grade in a 30 min break time between classes.

When sitting in the schoolyard for to take a breath, I hear “Kaito! さらに297語

コロンビア

Kindergarten Class/ 幼稚園クラス

A week has passed since I came to Colombia.

I feel like that three weeks passed since I came. At the same time I feel like I have only been a week, I feel I’m getting used to be in this life here as well. さらに265語

コロンビア

子供が産まれてから

今年1月末に子供を産んでから、当たり前の事だが、毎日、毎日が子供の世話がメインとなって1日が終わる。

4ヶ月頃から、以前に比べ子育てはとっても楽になった。

本当は毎日4、5時間くらい仕事の時間としてみっちり時間を取りたいものの、なかなか難しいのが現状だ。

とは言え、育児が楽しくて、そして子供も愛おしくて仕方ないのだ。
こんなにも楽しく愛おしいものだと思っていなかった。

正直生まれたばかりの最初の数週間は1人目の子供だから全てが初めてで、分からないこともあり、時々、何をしても、ずーっと泣いてばかりの子供と一緒になり1、2度泣いたことがある。ただ、正直その2回くらいで、それ以外はイライラすることなんか滅多になかった。

でも、その1、2度に関しては、子供への虐待とか、子供を殺してしまう親の気持ちが一瞬だけ、分からなくも無かった。
感情のコントロールがしっかりと出来ていて、微動だにしない性格の私がこう思うのだから、
人によっては、泣きやまない新生児に対して怒鳴る人も世の中には居るんだろうと思う。

たったその一瞬の感情で、
ああ、こういう瞬間に人は過ってしまうんだと思った。

やっぱりずっと目の前で泣かれると、こっちも狂ってしまいそうになる。

その時は主人にどうしたら良いか分からないと泣きそうになりながら、電話をしたり、メールをして居た。

子育ては夫婦でやるものだから、そういう子供の様子の共有や子育てに疲れた時のガス抜きは夫婦で共にすべきだと思う。

もし、シングルマザー覚悟で子を産んだ女性は、親なり、友人なりに話してみると良いと思う。

私は、幸いにも同じマンションに住む女性2人と臨月のときに知り合い、
他の2人もちょうど同じ時期(厳密に言えば、数日違い)に女の子を出産している。
この友人2人が居てくれたお陰で、色々と同じ悩みや課題などの共有が出来て楽しかった。

生後7ヶ月になる今も、体力的に育児は簡単ではない。
大変と言ってしまうと、なんか大げさな気もするので・・・簡単ではないと言っておこう。

生後3ヶ月後半くらいから、夜中の授乳で体力が持たなく
添い寝授乳をするようになったことが恐らく原因で、生後5ヶ月くらいから夜泣きという
頻繁に夜泣く習性が始まってしまったのです。
そして、目覚めの時には、ママじゃないと嫌だというヒステリックな泣き声も定着してしまった。

けれども、離乳食をスタートして1ヶ月がすぎる頃、これじゃダメだとスリープトレーニングを試んで、改善方向に進んでは、又戻りの繰り返し…
子供はそれぞれ個性があるので、寝る子、寝ない子、敏感に小さな物音で起きる子、そのままぐっすり寝る子などと様々ですね。

今のところはこんな感じでやっていくしかないのかな。
子を育てる道のりは長いから気楽に、気長に!

母親はとても喜びと楽しみに満ちた役割だと思う。
そして子にとって、母親は唯一無二の存在。こんなにもやり甲斐のある仕事・役割はないと思う。

ひとつ、そんな風に思えるのも母親という役割に向き不向きがあるとは思うけれど、
その他に、主人のサポートも欠かせないということ。

日本人の友人の話を聞くと、本当にびっくりする。
子供が産まれて仕事に精が出るのは理解が出来るが、独身または2人だけの生活のときのように遅くまで残業をしたり、飲み会三昧では子育てもままならない。

主人は遅くても18:30には帰宅し、子供の入浴を手伝ってくれる。
友人の話を聞いても、オフィスが近いので帰宅は就業後、17:30には帰ってくるという銀行にお勤めのご主人や、19:30には帰宅するという不動産関連の仕事をするご主人。

子供は朝とても早起きなので、6:30くらいから子供と過ごし、夕方にはヘトヘトなところ
夕飯の買い物や、夕飯の支度、子供の寝かしつけまでやっていたらフルタイムも良いところだ。そして、先程も触れたが子育てって母親と父親がすることだと思う。
勿論諸事情で、祖父母の手助けを頼ることがあっても、基本は母親・父親なのだ。

イクメンなんて言葉が数年前に出てきたけれども、それって男は働き、子育ては女がするという昭和の時代の典型的パターンが根強い日本社会だったからなのかもしれない。

ロンドンでは、ほとんどが共働き。
私のママ友の5人は、みんな育児休暇が終わったら、職場復帰するのだ。

時々、平日の日中に地域が主催する子供の為のイベントに行くと、
どんな時も、父親が少数人居たりする。たまには、平日に休暇を取って奥さんの手伝いをする旦那もいるだろうし、奥さんの稼ぎの方が多く、所謂主夫をしている旦那もいるだろう。または、オフィスに行かずに働ける環境の人は、合間合間に子育てをしているのかもしれない。

日本でこういった地域のイベントに未だ参加した事がないので、いつか一時帰国の際に訪れて父親が参加しているケースを数えてみたい。きっと、ゼロに近いんじゃないだろうか?

今度、私のロンドンでの妊婦生活・NHSでの定期検診の経験、そして出産の経験もどこかでシェアできればと思います。

子育て