タグ » 写真

我が家の枝垂れ桜

うちの庭に1999年、殿が生まれた春に母が記念に買ってくれた枝垂れ桜があります。夫が穴をほって植えました。

それが、ここ3年ぐらい花の数も減って元気がなくなってきています。
今年も、枝ぶりもよくなくて悲しい感じ。
4月14日

こんな感じで結構痛々しく幹が割れているので、木の専門家にきて診断してもらいました。
「あと何年ここに住むつもりですか?」と聞かれ「10年とか20年は住んでいたいけど」と応えると、「それじゃ、これは切ってしまって植え替えたほうが経済的には理にかないます」みたいなことを言われました。虫、菌、根も腐りかけているかも、ということで問題は1つではなさそうなのです。
でも、それはいくらなんでも悲しすぎる。母が植えてくれたのに。

その専門家に「でも、この木に家族の愛着があるので」ということを説明したら、とりあえず、完全に治すことはできないけれど、処置はできますよ、と言われました。レポートをもらったのですが、お金をかけて(1年3度、全部で600ドルぐらい)処置するかどうか考え中。
処置をしても、寿命はせいぜい5年ぐらい、しなくても同じぐらいかも、と言われたので、余計迷います。

なんだかねぇ、とっても悲しいですね。最初に木の蜜みたいなのがでてきたときに、それを専門家に見せて早く処置をしていたら違っていたと思うのです。無知な私達はこんなもんなのかな、とそのままにしてしまった。無くなった母の場合も健康状態を私がもっと早く気づいて専門医にきちんと診断してもらっていたら、という後悔となんだか重なってそれでもっと悲しくなります。

そもそも、枝垂れ桜は人工的に作られた種類なので、病気になったりしやすいんですよ、と言われました。今すぐに切ったりはしないけれど、でもこの木ともお別れになるのだなあ、と覚悟は決めました。

アメリカ生活

桜撮影2回目Tidal Basin

4月5日 朝6時から撮影
今回も同じ先生のクラスで一緒に撮ってきました。

もうジェファソンメモリアルは十分

MLKメモリアルが見えるかな?

 

この日朝の撮影は零度の中でしたので、朝8時には寒くて寒くて手の感覚が無くなっていました。桜はほぼ満開に近くて綺麗でしたけれど、雲も多くて、青空の陽の光がちょっと足りなかったのが残念でしたけれど。

勉強になりました。何よりも、どういう写真を撮りたいか、このレンズならどのぐらいの大きさのものが撮れるか、そういうことが全くわかっていないので、何を撮ってきたかもよくわかっていないで写真をダウンロードするという具合です。
しっかり見て、しっかり撮って、いろいろなバリエーションもカバーして、ということがなかなか難しい。またクラスに申し込んで、もうちょっといろいろやってみたいなあ。

写真

DCの桜

今年の3月は寒い日が多くて、春分の日に雪が降ったりしていたため、桜の開花がいつもよりずっと遅いようでした。

日本で3月にCP+というカメラ関係のトレードショー(?)に行って、何人かの写真家の方たちのお話を聞いたりしたら、やっぱり一念発起して桜の写真を撮りに行ってみるか、という気持ちになりました。

DCの桜の名所と言えばTidal Basinという大きい池みたいなところなのですが、交通の便もよくないし、朝早くだとメトロもやっていないので、車で行けば駐車の心配もあるし、気がのらないのです。でも、かなり重い腰をあげて、写真のクラスに申し込みました。

4月1日
6時15分集合でした。現場には5時55分には着いていたのですが、路上駐車のいい場所を探そうと思ってぐるぐる回ったら、あっという間に埋まってしまって、6時10分になり、ちょっと離れた駐車場には暗くて道がわからず(ナビも当てにならず)たどり着けず、もう一周しました。半分泣きそうになりながら、交通整理をしているおまわりさんに助けを求めたら「今の時間ならConsutitution Avenueに路上駐車できるはずだよ」と教えてくれたので、計画を変更して2ブロックはなれた大通りに路上駐車することに。日曜日だったので無料。先生には遅れると連絡をして、結局合流できたのが6時40分ぐらいでした。

遅れていなければ、もっと暗くて神秘的な色の写真になっていたのでしょうが、日の出15分ぐらい前ではこんな感じ。

このあと、桜をフレームに入れた写真も撮ったのですが、なんだか花のボケた部分が邪魔になってむしろ桜なんてないほうがいいのに、という残念な写真になりました。とくに桜がまだほとんど開いていない枝を入れると、なんでこれが入ってなきゃいけないんだ、と思えてしまう。

桜部分が暗いですね。次回はフラッシュで桜を明るくするようにやってみようかな。あとはピントをジェファソンメモリアルの柱にしたんだけど、水面の途中ぐらいにするほうが前のピンぼけチックなのが少なくなるのかな。
日が昇っても、曇だったのであんまり劇的な感じではありませんでした。

結局この日は暗い感じの曇の日だったので、どんよりの写真ばかりです。
一応、練習の日と思っていたので、写真の明るさも曲がっているのも調整していません。

↑ 左端に映っているのは、ベトナムらしき民族衣装で写真をとられている女性。


驚いたのは、桜を見に来ている人のうち9割がアジア人。そのうち8割が自撮り棒もってモデルのようにポーズをとって撮影している中国人。韓国人もちょっと、それからベトナムとか東南アジア系の人も多かったです。民族衣装を来て、結婚式の写真の前撮りみたいなのをしている人たちもいました。
中国人はバスでくるんですね。凄いです。さすがにここではスーツケースは引いていませんが、なんというか、まわりを気にせず行動しているところが、銀座の中国人と基本同じでした。

木曜日は晴れるらしいので、もう少し桜が開いている様子を撮ってこようかなと思っています。
今回の反省点を生かして、印刷しようかなと思えるぐらいの写真が撮れるかしら?

写真

今日はお天気が良かったので近所をお散歩。川沿いに桜が咲いていたのでパシャリ。

iphone8 plusに変えてから、ポートレート機能をよく使うようになりました。写真の知識がないので、簡単にお洒落な写真が撮れるのはとても助かります。ミラーレス一眼をいつか買おうと思いつつ、iphoneで満足してるうちは買わなさそう。

お散歩の後はスターバックスでまったり本を読んで帰宅しました。学生時代スターバックスで働いていたので、店内が騒がしくても気持ち的に落ち着く場所です。昔はセカンドプレイス(職場)だったのが、今では立派なサードプレイスです!働いていた当時のことも、いつか書こうと思います。

365