タグ » テレビ

Audi of America - #DriveProgress Big Game Campaign, "Daughter"

いつかのスーパーボウルで放送された、アウディによるCM動画。

そのコンセプトは、職場においての男女平等を考えさせるものであり、動画自体は娘を見つめる父親の視点で作られている。

まずはご覧ください →Audi #DriveProgress Big Game Campaign: “Daughter”

スーパーボウルで放送されたこのCM。多くの視聴を集めたことは言うまでもない。ストーリー性を備えたこのCMは、おそらく多くの人々に、男女平等について考えさせたであろう。

しかしアウディ自体も、そのブランドをアピールすることを忘れてはいない。

CMの最後に、”Audi of America is committed to equal pay for equal work”と述べており、むしろこれがこのCMで一番伝えたかったことかもしれない。

私がこのCMで一番すっきなのはそのストーリー性である。

男が並ぶレースに1人参加する娘を見守る父親のナレーション。 さらに6語

キャンペーン

Japanese television comedy

Japanese television is quite out there. Japanese peoples humour can be more about emphasis or exaggeration rather than someone doing stand up comedy by themselves. さらに264語

Japan

Apple - "Think Different"キャンペーン

広告キャンペーンを語る上では外せないのがアップルの”Think Different”キャンペーン。

90年代、危機にあったアップルは、この広告キャンペーンをきっかけにその価値を高め、危機から脱却したとも言える。

スローガン:Think Different

実施:

<テレビCM>

白黒のテレビCMが1997年より放送された。内容は、アインシュタイン、ボブ・ディランやジョン・レノンなど、歴史に名を馳せた人物たちの映像と共に、下記の文章がナレーションされるというもの。(わたしがこのキャンペーンで特に好きなのはこのテキストとナレーション)

動画はこちら

***TEXT***

Here’s to the crazy ones.

The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes.

さらに92語
キャンペーン

Jeep Australia - "I bought a Jeep" キャンペーン

数年前、オーストラリアで注目を浴びた”I bought a Jeep”キャンペーン。実は私も、オーストラリアに留学していた時にこのキャンペーンのCMを繰り返しテレビで目にしていた。オーストラリアで見たテレビCMの中でも、”I bought a Jeep”のCMは私のお気に入りだった。

おそらく、このCMの良さは言葉で説明するよりも、実際に見ていただいた方がわかりやすい。このキャンペーンのCMは何本かあるが、ここでは私の特に好きな3つをご紹介する。

I bought a Jeep – Bigger boat

I bought a Jeep – Fortune cookie

I bought a Jeep – Patriot… さらに46語

キャンペーン

April 21, 2017 at 11:15PM

緯來日本台で「東京妄想女子」というドラマを見ていますが(原題は同じか?30女三人の話)、「進歩がないのが可愛い」とか「頭が悪いのが可愛い」という思想が底流にあるのでは?

俺は、進歩がないのや頭が悪いのは、全然可愛いことではないと思います。

登場人物たちはまるで小6女子。今に始まったことでなく、小6くらいからセックスや大人の恋愛をする女の子は多い。彼女たちはこのドラマと同じレベルの会話をしてると思う。

アメリカの研究で、テレビを一日3時間以上見ると確実に認知能力が低下する、という結果が出ているそうだ。日本のテレビは、ドラマでもIQが低下しそうな勢いである。

Ifttt

April 21, 2017 at 09:44PM

テレビという舞台は、もともとヤクザの縄張りだった。人身売買のセリの舞台。

https://youtu.be/_eigp-sltcQ

Ifttt