タグ » ゴルフ

[Radio]期間限定企画・今日のトランプ大統領「軍艦は朝鮮半島へトランプ大統領はゴルフへ」DAILY President Trump, War Ships Go To Korean Peninsula - Trump Plays Golf

(JFN系全国ネット ON THE PLANETで4月中の月〜木で放送している「今日のトランプ大統領」を再構成しています)

4月10日(月)放送

先週木曜日の放送の直後から色々なことが起こり、どこから始めればいいか困るほど。

特に突然行われたシリアへの報復攻撃はアメリカ人にとっても大きな衝撃。まさか本当に、しかもこんなにすぐやるとは!おかげで同時に行われていた米中首脳会議は完全に影が薄くなってしまいました。さらには北朝鮮のミサイル発射に対し、アメリカ軍の空母の群れが朝鮮半島へ・・・

なんだかキナ臭いニュースに国内外で不安が広がり、トランプ政権始まって以来の外交の危機と言われている中、トランプ大統領は昨日の日曜日、どこで何をしていたでしょうか?

ハイそうです、フロリダでゴルフ。就任以来16回目のゴルフ。もちろんトランプゴルフコースです。

それでもゴルフ????何を考えているのかわからない。メディアも議会も、国民の間でも、????が飛び交っています。

しかしニューヨークタイムスでは、「これでトランプ大統領の外交・軍事の基本原則が明らかになった。それは、基本原則に縛られないというものだ。」つまり、基本原則があったとしても、その時々で変わり、予測がつかないということ。よく言えばフレキシブル、悪く言えば行き当たりばったり。

一方北朝鮮に対してはアメリカ人の不安も高まっています。間も無くアメリカにまで届く長距離核ミサイルが開発されるのではないかと考えられているからです。トランプ政権は、それを今たたかなければ手遅れになるという言い方で、「北朝鮮に対しては、すべてのオプションはテーブルに上がっている」と明言。つまり、武力行使も含めあらゆる対応があり得るという、かなり好戦的な言い方をしてきました。国民に対してかなり煽っている感もあります。

ただしアメリカ軍の軍艦がまとまって朝鮮半島に向けて移動するというのは、そんなに珍しいことではなく、先日も同じ海域で韓国との演習をしたばかり。でも今回の展開に加えて、ほぼ同時に、しかも中国の国家主席がアメリカにいる間に、シリアに対する爆撃を行ったのは、アメリカ軍の力を北朝鮮だけでなく、中国に対しても見せつける意図があったと見られています。

では今後一体何が起こるのか?

さてここですっかり影が薄くなった米中首脳会議に話を戻すと、ティラーソン国務長官は昨日のテレビインタビューで、「中国側とは、事態が深刻化した場合、何らかの行動をとることで 合意した」とまたキナ臭い発言を。

さらに先日お伝えしたように、トランプ政権の安全保障会議は、人事異動で軍関係者が主導権を握りました。彼らはトランプ大統領に対し、冷戦以降初めての韓国への核配備を進言したとも伝えられています。

これも含め、外交的な解決はもう無理でしょうというメッセージが聞こえて来るようです。「戦争の可能性は低いけれどもしそうなったら?」なんていう記事を掲載しているメディアも。

可能性は低いと言えでも、シリア爆撃のやり方見る限りいつ何をするかわからない。アメリカ人も不安を感じています。

JFN系最大36局ネット(時間帯・曜日により若干変更有)26時8分くらいから
ネット局:青森、岩手、秋田、仙台、山形、福島、群馬、栃木、東京、静岡、愛知、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、三重、滋賀、大阪、神戸、山陰、岡山、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

シェリーめぐみ

[Radio]期間限定企画・今日のトランプ大統領「ロシア疑惑の登場人物が多すぎる件」DAILY President Trump" Too Many Russian-Gate Stars"

(JFN系全国ネット ON THE PLANETで4月中の月〜木で放送している「今日のトランプ大統領」を再構成しています)

4月5日(水)放送分です。

今日のトランプ大統領、ギャロップの支持率39%で昨日より1%上がりました。
今週は、トランプ大統領にとって就任以来最も難しい週です。最高裁判事を決める上院での投票、そして中国主席の訪米を目の前に、北朝鮮がまたミサイル発射、さらにシリアでは史上最悪の化学兵器による市民への攻撃

国内外の深刻な問題にどう対応するのか、大きな関門を迎えています。

そしてそれ以上の、トランプ大統領にとって生命線になるかもしれない疑惑の煙が・・・ロシア疑惑です。
昨日はある議員が「政権の誰かが逮捕されるかもしれない」とまでコメント。

事態がシリアスになったきっかけは、先々週。FBI長官が行った発表です。「去年の大統領選でロシアが、トランプが有利になるようにハッキングや情報流出などの操作を行っていたが、その行為にトランプ陣営が協力していた可能性があり、捜査を行っている。」

これは大変なことです。
現職の大統領を当選させるために、第3国、しかも非友好国ロシアが 介入して、しかも、大統領側がそれに協力していた・・・かもしれない。

日本ではあまり報道されていないとか、無理もありません。
この疑惑、説明するのがとても難しい、何と言っても疑惑の登場人物が多すぎる。それも、未だにどんどん出てくるんです。まるでロシアのマトリョーシカ人形のように蓋を開けると後から後から。

今の時点で少なくとも疑惑の人は8人いて、トランプ政権の閣僚も家族も含まれます。選挙運動中にロシアの政府やビジネス関係者らに頻繁にコンタクトしていたらしい。そしてそのタイミングがどうも怪しい。

例えば去年7月、トランプ陣営の選対議長と、現政権のセッション司法長官などの当時のスタッフが立て続けに駐米ロシア大使に会っていた模様。
そしてそのすぐ後、ヒラリーにとって不利な大量のメール流出が始まった。

また去年の12月、オバマ大統領がロシアに対する厳しい経済制裁を決めた前後にもトランプの娘婿のクシュナー上級顧問らが大使にコンタクト。この時の接触について嘘をついたというので辞任に追い込まれたのが、フリン元国家安全保障問題担当官です。

その他にもロシアとの疑わしい接触や利害関係についての新事実が毎日のようにメディアにスクープされもうフォローしきれない状態です。

でもどうやらこの一連の接触でロシア側が求めていたのは、厳しい経済制裁の解除ではないか。
また経済制裁がなくなって自由にビジネスできるようになると、得するトランプ関係者が少なくないこともわかってきています。トランプ大統領自身も、ロシアとの長いビジネスの歴史を持っています。

大統領側はこうした一連の事実を全面否定して、全部フェイクニュースだと言い張っているだけでなく、捜査を妨害するような動きも見せている・・・隠すところがまた怪しい?

さてこれからどうなるのか?かなりの情報を握っていると見られるFBIを中心に、捜査がどう動くかによっては、前代未聞の事態が起こるやもしれません。

JFN系最大36局ネット(時間帯・曜日により若干変更有)26時8分くらいから

ネット局:青森、岩手、秋田、仙台、山形、福島、群馬、栃木、東京、静岡、愛知、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、三重、滋賀、大阪、神戸、山陰、岡山、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

シェリーめぐみ

[Radio]期間限定企画・今日のトランプ大統領「中国とゴルフがダメなら卓球外交はいかが?」DAILY President Trump" How About Ping Pong Diplomacy With China?"

(JFN系全国ネット ON THE PLANETで4月中の月〜木で放送している「今日のトランプ大統領」を再構成しています)

シェリーめぐみがオレンジーな気分でお送りする「今日のトランプ大統領」
JFNの全国ネットで毎日トランプの話題、4月はトランプ・ストーカーと化して、ニュースを読むよりアメリカのたった今が伝わるトランプ・ネタを目指して毎日お送りしています。

2017年4月4日
就任75日目
ギャロップによる支持率現在38%

アメリカはメジャーリーグ開幕の季節、ワシントンDCの地元チームの開幕戦では、大統領が始球式で投げるのが、過去100年の伝統になっているんです。国技ですからね。ところがトランプ大統領は多忙を理由に辞退。当初はゴルフは得意だけどキャッチボールできないんじゃないの?とかワシントンDCの住民はほとんどがアンチトランプだから、敢えて避けたんじゃないかなんて言う憶測が飛び交いました。ひとつ言えるのは、やはり前例を破った、ということです。

昨日もお伝えしましたが、トランプ大統領今週の、そして就任以来最大の関門は習近平(しゅうきんぺい・シージンピン)中国国家主席との会談です。トランプ大統領自身も「難しい会談になるだろう」とツイートしているくらい。

この手強い相手を、まずどうアメリカに迎えるか?

そこで、「南のホワイトハウス」とトランプ大統領が呼んでいる、トランプ氏の別荘でもある最高級リゾート、マール・ア・ラーゴで2日間、会談と接待を取り行うことに決めました。

実はこれ2月に訪米した安倍首相と同じ、最大級のおもてなしなんです。主席を最大の同盟国ジャパンの安倍首相と同じ待遇で迎えることで、中国との関係をどれほど重要視しているかがわかります。

しかし安倍首相の時のようには行きそうにありません。

もともとトランプ大統領は選挙運動中から、安い中国製品がアメリカの労働者の職を奪ったと攻撃。またつい先週は大統領令で、中国や日本との貿易赤字の実態を調べ、不公正を終わらせます! とやったばかり。さらに安全保障では、 南シナ海問題で緊張感が高まっているし、就任直後にはひとつの中国問題でも揉めたし、さらに北朝鮮、これに対しては、ここにきて一層強気の姿勢を打ち出していて、日曜日のイギリスの新聞 のインタビューでは、中国が北朝鮮に核武装を止めるよう圧力をかけないなら、アメリカは単独行動を取ると強い言葉で牽制。

一体どんな会談になるのか全く予想がつかないというのが各メディアの論調です。

そして、こうした山積みの政治問題をガチで話し合う緊張を、オフの時間でどうほぐすのかも、また別の問題です。

トランプ大統領、安倍首相とはゴルフをしました。ところが中国主席はゴルフはしない、中国では汚職や腐敗の象徴として共産党員のゴルフは禁止されているそうなんですね。

じゃあ何をするか?習近平主席はサッカーファン・・・サッカー?CNN電子版には、卓球したらどうか? なんて言う記事が載っていました。かつて70年代に、中国との国交正常化のきっかけとなったのは、中国から招いた卓球チームだったそうなんです。

世界が息を飲んで見守るアメリカと中国の関係、卓球のようにピースフルにお願いしたいものです。

JFN系最大36局ネット(時間帯・曜日により若干変更有)26時8分くらいから
ネット局:青森、岩手、秋田、仙台、山形、福島、群馬、栃木、東京、静岡、愛知、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、三重、滋賀、大阪、神戸、山陰、岡山、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

シェリーめぐみ

[Radio]期間限定企画・今日のトランプ大統領「ゴルフをやりすぎている件」DAILY President Trump" Is He Playing Golf Too Often?"

(JFN系全国ネット ON THE PLANETで4月中の月〜木で放送している「今日のトランプ大統領」を再構成しています)

シェリーめぐみがオレンジーな気分でお送りする「今日のトランプ大統領」
JFNの全国ネットで毎日トランプの話題、4月はトランプ・ストーカーと化して、会社の休憩時間に同僚に話したくなる、飲み会のネタになる、しかもニュースを読むよりアメリカのたった今が伝わるトランプ・ネタを目指して毎日お送りします!

2017年4月3日
就任74日目
ギャロップによる支持率現在38%

支持率は史上最低レベルで低迷を続けていますが・・・今週は非常に重要な局面を迎えています。自身が指名した最高裁判事を正式決定する上院での投票。今日はつい先ほどエジプト大統領と会談、そして週後半には訪米する中国主席を迎えるという大変な1週間です。

そんなビッグウィークを前にして、トランプ大統領は先週末どこで何をしていたかというと・・・ワシントンDCのお隣、バージニアでゴルフをしていました。実は就任以来9週間連続でゴルフ、トータルで14回もゴルフをしたそう。

ゴルフしてどこが悪いの?

やり過ぎです!と 批判するのは民主党やリベラルを中心としたメディアです。

ダメな理由 、まず
トランプ大統領が週末滞在してゴルフをしているのは、全てトランプ・ゴルフコース。
一番有名なのはフロリダにあるマール・ア・ラーゴのゴルフクラブ、ここはトランプ氏の別荘兼プライベートクラブでもあり、安倍首相が招かれてゴルフしたことでも知られていますね。今週中国の習近平主席も招待されていますが、部屋数120以上もある超豪邸です。

自分の家で接待してどこが悪い?

いやダメなんです、という理由はこうです。大統領はこの週末ゴルフを、会議と組み合わせた大統領としてのビジネスということにしています。だから、いつものように大統領専用機に乗り大勢のスタッフやシークレットサービスを連れて行きます。その経費、そしてマール・ア・ラーゴでの滞在費、ゴルフカートのレンタル代など、マール・ア・ラーゴに1回行くと、3億円以上のお金がかかると試算するメディアもあります。

これもちろん全て国民の税金です。

しかもカート代などその経費の一部は、トランプ・オーガニゼーションに入っているとされています。さらに、使ったゴルフコースは有名になり、他のお客さんもどんどん訪れて儲かる。特にマール・ア・ラーゴは超高級会員制クラブですが、トランプ氏が当選した後、その会費を2倍に引き上げたという報道もあります。とにかくトランプ氏にお近づきになりたいお金持ちから、興味半分のゴルファーまで集まってきて、すごい宣伝効果なんです。

ちなみにトランプオーガニゼーションのビジネスは、名目上息子たちが引き継いで、自分はビジネスから手を引いたことになっていますが、マール・ア・ラーゴやヴァージニアのゴルフコースからは、ダイベストせず今もオーナーであり続けているとみられています。

つまり、トランプ氏が大統領でいることによって、どれだけ自分と家族の富を増やしている、私腹を肥やしているかわからない。またそのビジネスが政治に影響を与えているのではないかという、いわゆる利益相反を問題視する声が高まっているんです。

ただもしそうであっても、これは倫理上の問題であって違法ではない、激務の大統領にゴルフくらいやらせてあげれば? という擁護派の声もあり、ここでも、賛否両論でアメリカは真っ二つに分かれています。

JFN系最大36局ネット(時間帯・曜日により若干変更有)26時8分くらいから
ネット局:青森、岩手、秋田、仙台、山形、福島、群馬、栃木、東京、静岡、愛知、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、三重、滋賀、大阪、神戸、山陰、岡山、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

シェリーめぐみ

VW ゴルフ カブリオ クラシックライン

      

ゴルフファンには堪らない、興奮モノの1台が販売車両として入庫致しました。

2オーナー、両車庫保管、走行距離5万7千キロのゴルフカブリオ クラシックラインです。

ここまで好条件の揃ったカブリオは、かなり希少になっています。
ご興味ある方はお早めにお問い合わせ下さい。

車体 : 118万円(税込み1,274,400円)

総額 : 車体1,274,400万円+諸費用54,000円+登録/車検法定費用約10万円

備考 : 車体価格に納車前整備費用が含まれています。タイミングベルトをはじめその他消耗品の交換などが含まれています。登録に関わる法定費用は登録月によって変わります。詳細はお問い合わせ下さい。現在車検は切れております。

車両詳細

  • 登録年式: 平成5年(1993年)
  • 車検  : 2年取得
  • 走行  : 約57,000km
  • 修復歴 : 無し
  • さらに25語
Volkswagen