タグ » グルメ

Gnocchi di zucca

未明まで大暴れしていた台風24号も足早に北へ去って、都内はすでに朝から天気回復。10月のスタートは台風一過の青空から!さて、10月と言えばハロウィンが待ち遠しいですよね。今日はハロウィンにもぴったりの、かぼちゃのニョッキ Gnocchi di zucca を紹介します。秋が深まるといよいよ手作りニョッキや手打ちパスタのシーズンです。夏はダレて扱い難かったパスタ生地も、涼しくなりとても扱いやすくなりました。休日にはこのようにたくさん作って、冷凍保存しておくのも良いですよ。ニョッキの形は神経質にならず、気楽にどんどん形作っていきます。

僕の特製『かぼちゃのニョッキ、セージバター風味』です。かぼちゃのニョッキは秋から冬にかけて食べられる、繊細な味わいのプリモピアット。美味しさの秘訣は、水っぽくない美味しいかぼちゃを選ぶ事、そして上質のバターをケチらずたっぷり。フレッシュなセージもたっぷり1パックは必要です。ニョッキはちょっと不揃いに形作った方が、手作り感が出て暖かみのある雰囲気に仕上がるんですよね〜。

こちらは昨日の野菜マルシェで買った美味しい野菜たちです。おなじみバターナッツかぼちゃや、色とりどりのミニパプリカ、紫からし菜やわさび菜、水菜、ラディッシュ、さやいんげん、じゃがいもなど。バターナッツかぼちゃは、まるごと(半割りでも良い)オーブンで焼いてからポタージュにするととても美味しい。ミニパプリカは今、海外の野菜マルシェでも大人気。大きな木箱に山積みして売られているのを良く見かけます。大きなパプリカよりも美味しいと僕は思います。夏はよくガスパチョに使いました。

最近の我が家の朝食は、僕の特製『ケフィール(ケフィア)』から始まります。今回は奥出雲の牧場で放牧されている、ブラウンスイス牛のミルクを使いました。ブラウンスイス牛はナチュラルチーズ作りに向いているのですが、もちろんヨーグルトやケフィール作りにも最高なんですよ。せっかく手作りするのですから素晴らしい乳質のミルクを選びましょう。ちなみに今の季節はケフィールを発酵させるには最適な室温なので、ヨーグルトよりもケフィールにしています。味的には酸味が強いヨーグルトが僕の好みなんですが、もちろんケフィールも素晴らしい風味が楽しめるますよ。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Insalata di rucola e fichi

僕は無花果(いちじく)が大好きです。無花果の旬は夏から秋。特に今が旬の秋の無花果は最高に美味しいですよね!僕の特製『いちじくとルーコラのサラダ』です。イタリアの夏から初秋にかけて食べられる季節のサラダ。これはサラダと言ってもとても洒落たアンティパストになります。器にルーコラを敷き、いちじくとパルミジャーノ・レッジーノのせて、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩、胡椒をふりかけるだけ。いちじくとルーコラは相性抜群!トッピングのチーズは、シェーブルやペコリーノ・トスカーノ、もしくはリコッタでも最高に美味!
このサラダに合わせたワインは、北イタリアヴェネト地方の白ワイン、Bianco di Custoza ビアンコ・ディ・クストーザ DOC 2015です。ガルダ湖の南にある自然派ワイナリーで醸造されました。上質のソアーヴェにも似た、春風の様にエレガントな味わい。ちなみにガルダ湖のあたりはほんと素晴らしく美しいところです!

毎週日曜に開かれる野菜マルシェ、今回は名残の夏野菜、島オクラやスター・オブ・デイヴィッド、色とりどりのパプリカ、空芯菜、そして南瓜は丸ごと一個買ってきました。あと出始めだばかりの小松菜も。さらに産みたての卵もあります。殻の色が水色のアローカナ鶏の卵と薄茶色の殻のハイラインブラウン鶏の卵も買ってきました。卵かけご飯って、その辺の卵を使うとそんな美味しいとは思わないんだけど、この卵はほんと美味しい!絶品卵かけご飯を堪能しました。黄身はもちろん白身が最高に美味しい!玉殻の色の美しいグラデーションも楽しめるよ。

さて、前回このブログでも紹介した僕の特製ブッラータと桃のインサラータは、Casa Madaio カーザ・マダイオのみなさんにも気に入ってもらえたみたいです!Facebookを見てね。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Burrata

今の季節にぴったり、ブッラータと桃で作る素敵なアンティパストを紹介します。ある夏の日の我が家のディナー、アンティパストは僕の特製『ブッラータと桃のインサラータ』です。これは夏の盛りから晩夏かけて食べられるエレガントな前菜ね。超美味!美味しく作るコツは、桃の皮は決して剥いてはいけません。皮のあたりに素晴らしい香りがあるからです(桃の皮の産毛をタオルを使って取り除き、優しく洗い流せばOK)!日本の人は桃でもリンゴでもきれいに皮を剥いて食べる人が多いですが、それはとても残念です。さて、桃を好みの大きさに切り分けたら、マルピーギの白バルサミコ酢少々をふりかけます。各自テーブルでオリーブオイルと黒胡椒。もしあれば少量の生ハムを添えるとさらに美味です。日本でも大人気となったフレッシュチーズ、ブッラータの歴史は比較的新しく1920年代、イタリア南部プーリア地方アンドリアで生まれたとされています。ある日、モッツァレッラをつくるカードが余り処理に困っていたのですが、あるチーズ職人のアイデアが生まれました。モッツァレッラを袋状にして中に生クリームを混ぜたカードを入れることを思いついたのです(本場プーリアでブッラータを作っているyoutube動画)。ちなみにブッラータ burrata とはイタリア語で、バターを入れた、バター状の、と言う意味です。さて先週は、夏休みと避暑を兼ね、山の家で過ごしました。これは麓の寿司屋でディナーを楽しんでいるところ。東京では今年の夏は暑過ぎて浴衣が着れませんでしたが、こちらでは浴衣とても快適でした!良い感じでしょ?!山の家 滞在3日目。この日も快晴。8月としては、かなり冷え込みました。すっかり秋だよ。これは去年、麓の骨董市で買った手桶です。素敵でしょ?!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

homemade elderflower cordial

Easy 5 steps to make your homemade elderflower cordial! Mix it with sparkling water or add to prosecco or champagne! It’s fragrant and refreshing! Hurry up the season of elderflowers just started. https://simplybeyondherbs.com/elderflower-cordial/

Earthgourmet

Vietnamese fresh spring rolls (summer rolls)

Vietnamese Shrimp and/or Pork Spring RollsMaking Vietnamese fresh spring rolls (summer rolls) with shrimp and/or pork is so simple. We’ll show you how. —> http://whiteonricecouple.com/recipes/vietnamese-fresh-spring-rolls/ さらに6語

Earthgourmet

Sweet Salami (Bulgaria & Balkan Area Traditional sweet)

Sweet Salami (Bulgaria & Balkan Area Traditional sweet)

It is called in Bulgarian sweet salami because of its shape.
It is a nice combination with coffee & tea in the weekend with family or friends enjoying the time of relxing. さらに274語

Earthgourmet

シンガポールのドン・キホーテ1〜日本のジューシーな唐揚げに感涙

日本食が気軽に手に入るシンガポールとよく言われるが、“真の日本庶民の味”を再現している店は多くない。
理由は、レストランなどの場合ローカル民たちにも味やメニューが受けないと集客できないため、程度の差はあれ各店が味をローカライズさせているためだ。これは、ビジネスとしては当たり前だろう。
高いレストランに関しては、言うまでもなく“庶民の味”は提供していない。
日本の品を扱うスーパーマーケットなどでも、庶民ではなく、割と“リッチめ”狙いの食品が多いため、庶民メニューの種類は大分限られている。
日本人ではないシェフが手がける日本食屋も多数あるが、やはりリアルな庶民の味は出せていないという印象。
そんな中、まさかドン・キホーテでリアルな庶民の味と出会えるとは。
“普通の唐揚げ”“普通の焼き鮭”“普通の焼き鳥”“普通のおひたし”が、実に嬉しい。
寿司や刺身だって、“日本の庶民スーパーマーケットで買えるあの味”だ。

ちなみにシンガポールではDON DON DONKIの名で通っている。

→2に続く

シンガポール