タグ » グルメ

Supplì / スップリ

まだ5月下旬なのにここ数日、東京は真夏のような暑い日が続いています。幸い空気はカラッとしているので、イタリアの夏みたいで快適!マルシェにはアーティチョークや花ズッキーニなど今が旬の野菜も登場。料理を作るのがとても楽しいシーズンです。今日はこれらイタリア野菜を使ったローマの代表的な料理をいくつか紹介しましょう。
まずはアーティチョーク。芸術作品のような美しい姿でしょ?一年に2度ある旬ですが、春から初夏にかけてのアーティチョークの方が、秋よりも断然力強い味わいだと思います。 日本でもおなじみの野菜になりつつあります。でもまだ高級野菜としてのイメージが強いですよね。
参考までにローマでは(メルカート・トリオンファーレで撮影。2017年3月)、このように1本0.50€ / 日本円で60円程度なのでとても庶民的な野菜。10本まとめて買うと値引きしてくれたりするので、かなりお買い得に!10本20本とたくさん買って鍋にぎゅうぎゅう詰めにして料理します。日本でこんな事していたら大変!ところで下準備がちょっと大変なアーティチョーク(慣れればどーってことないんですが)。ラバーゼ La base のピーリングナイフがあるとアーティチョークの下準備がとても楽に行うことができますよ。一般的なピーラーよりも多彩な作業ができるのでとても使いやすいです。ジャガイモの様な球状の野菜の皮剥きや、セロリの筋取りなどにも大活躍します。
僕の特製『カルチョーフィのローマ風 Carciofi alla romana 』です。カルチョーフィはイタリア語で、アーティチョークの意味です。カルチョーフィ料理と言えばまずこのローマ風でしょう。メントゥッチャやニンニクのみじん切り、アンチョビなどをフィリングとしてカルチョーフィの真ん中に詰め、30分ほど蒸し煮にします。この料理は温かくても冷たくてもとても美味しい!この様な伝統的な料理は見た目の派手さはないけど、食べ飽きることがない美味しさが魅力です。もちろん付け合わせとしても素晴らしい料理だよ。ローマ万歳!
こちらは僕の特製『スップリ・アル・テレーフォノ Supplì al telefono 』です。通常は略してスップリと呼ばれます。ローマの代表的なアンティパスト。ライスコロッケね。軽食としても大人気ですよ。料理名の由来、一説にはスップリを手で半分に割るとモッツァレラがトロリと伸びて糸を引き、旧式の電話の受話器の様だから。いずれにせよ、とても美味しい!6個ぐらいは僕はペロリと平らげちゃいます。でもあらかじめラグーのリゾットを作っておいてバットで冷ましておかなくてはいけないので、けっこう作るのが大変な料理なんです。だからといって手を抜いてはいけんですが…(笑)!
花ズッキーニの季節がやって来ました。この野菜が出回ると、そろそろ夏が近づいてきたって感じですよね。ローマ郊外の田舎の家でヴァカンスを過ごした時は、毎日の様に花ズッキーニのフリットを作ってアンティパストにしていました。ほんと嫌になるくらい(笑)花ズッキーニは僕の夏の思い出と共にあります。
僕の特製『花ズッキーニのフリット、モッツァレッラとアンチョビ詰め Fiori di zucchina ripieni con mozzarella ed acciughe 』だよ〜。揚げたてを食べましょう。熱々で超美味!みんなも食べたいでしょ?

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Tateyama イタリア食堂

館山市の館山駅西口マラガモール2階にある本格的イタリアンのお店「Tateyama イタリア食堂」

南欧風の館山駅とヤシの木を望めるロケーションは異国ムード満点。
地元の素材を生かしたイタリア料理と本格パスタ

そして電気式石窯オーブンで焼きあげるピッツァが人気のお店。

他にも新鮮な魚介を使ったパスタや

ちょっと豪華な肉料理やリゾットも美味しい~♪


こちらはサラダと前菜

パーティや宴会、貸し切りもOK!
ノンアルコールドリンクでドライバーも満足!
ランチメニュー&セットメニューもありますよ~♪

Tateyama イタリア食堂(MAP)
千葉県館山市北条2903 マラガモール2F
TEL:0470-23-2745
http://www.itasyoku.com/

グルメ

Lerisa なちゅ雑貨のお店

館山市那古の海岸近くにある「Lerisa(レリーサ)」は、雑貨とランチ&カフェが楽しめる、とても居心地の良いお店。


大人気の2weeklunchは予約をオススメします!

お邪魔した時は旬のタケノコがたっぷり入ったグリーンカレー!
レリーサのグリーンカレーは人気の高いメニュー。

辛いのが苦手は人にはココナッツミルクで甘めに仕上げてくれます。

元々は雑貨屋さんとしてスタート


オーナーが一人で調理されているので、本でも読みながらまったり過ごして下さいね(^^♪

Lerisaなちゅ雑貨のお店
千葉県館山市船形1278-91(MAP)
TEL:0470-27-6224
http://www.le-risa.com/

グルメ

吉田パンのコッペパン

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

新幹線でピューンと国内旅行でも行きたいところですが、
今回は引越しも終わったばかりですし、遠出せずにご近所を散策しております。

昨日は、日本に帰ってきたら食べたかったものを食べてきました。

それは、コッペパーーン!

Featured

Ristorante Frescobaldi

フィレンツェ滞在中、もう1つの楽しみと言えばやはりトスカーナ料理を味わうこと!
リストランテ FRESCOBALDI フレスコバルディでディナー。こちらのレストランはシニョリーア広場から目と鼻の先のところにあるのに、この様にとても落ち着いた、雰囲気抜群のレストランなのです。
この日のメインディッシュはビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを堪能。2人分で1.3kgほどの牛肉 I.G.P.を炭火で焼いてくれます。もちろん給仕人がテーブルのわきで切り分けてサービスしてくれますよ。フレスコバルディ自慢のラウデミオ・オリーブオイルをたっぷりかけでいただきます。久しぶりのビステッカ・フィオレンティーナ!超美味なのでペロリと平らげました。
さすがはフレスコバルディ、どのワインも素晴らしく美味しい!こちらはニポッザーノ・リゼルヴァ・キャンティ・ルーフィナ2013です。フレスコバルディが世界に誇る彼らの象徴的なワインね。日本にも輸出されていますが、地元フィレンツェで味わうニポッザーノは格別美味しく感じられました。ブルネッロも素晴しいし、フィレンツェ近郊、ポミーノの畑の葡萄(シャルドネ)で醸造される白ワインやレオニア・ポミーノ・ブリュット(スプマンテ)も超エレガントな味わいなのでおすすめ。店内はイタリア人はもちろん、外国人の美食家たちが訪れていてエレガントな雰囲気。僕のお気に入りレストランでもあります

あっ、そうそう。久しぶりにウッフィッツィ美術館に来ました。こちらのテラスから眺めるフィレンツェの景色が大好きです。ヴェッキオ宮もドゥオーモもジョットの鐘楼も、フィレンツェの丘々も、手を伸ばせばすぐとどきそうだから。
ウッフィツィにあるピエロ・デッラ・フランチェスカ作『ウルビーノ公夫妻の肖像』です。古代のメダルの様な横顔スタイル。背景にはモンテフェルトロの領地が広がっています。窓の薄いカーテン越しには現実のフィレンツェの街が広がって、素晴らしい効果が生まれていると思います。
カラヴァッジョの「バッカス」と共に。
ウッフィッツ美術館所蔵の作品で、日本人に一番知られているのはおそらくこちら、ボッティチェッリ作「プリマヴェーラ(春)」ではないでしょうか??
回廊の窓から、ポンテ・ヴェッキオとアルノ川の眺め!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

レストラン亀楽亭

天と海との間に漂う 幻想的なダイニング。

千葉県鴨川市の亀田総合病院K棟13階にある「レストラン亀楽亭」の鉄板焼カウンターでは、サーロインステーキなどオーダーした食材をお客様の目の前で調理してくれます。

この日は黒毛和牛のヒレ肉を調理して頂きました。

ワサビにゆず胡椒、塩にぽん酢、ゴマだれに生姜醤油の味を楽しめます。


順番が前後しますが前菜もサラダも美味しい~♪


〆の焼き飯は炊き込み御飯のような味わいで、お米がパラパラの仕上がり。

何杯でもイケちゃいます。

レストランではイタリアンと和を融合させ、地元の魚介類を使った和食やパスタ・ピッツァなどが楽しめます。

レストラン亀楽亭
千葉県鴨川市東町929 亀田総合病院K棟13階(MAP)
TEL:04-7099-1305

グルメ

南房総富浦ロイヤルホテル

自然豊かな大房(たいぶさ)岬に佇む大型リゾートホテル
「南房総富浦ロイヤルホテル」

宿泊は勿論、敷地内のチャペルでの結婚式も人気が高く

エントランスのシンボル的な階段を活かした演出も喜ばれています。

食事は和食からフレンチまで味わえ、定期的に開催されるランチバイキングは沢山のグルメでいつも満席。

夏場はプールサイドに人が溢れ、穏やかな館山湾を眺めながら異国情緒を楽しんでいる姿がみられます。

大きなお風呂を楽しみに通ってくる御近所さんも…😊
日頃、敷居の高いホテルですが、ランチや入浴など気軽に利用できるサービスも充実しています。
たまには、ちょっと贅沢な気分を味わってみては如何でしょうか?

南房総富浦ロイヤルホテル
千葉県南房総市富浦町多田良1212(MAP)
TEL:0470-33-3811
http://www.daiwaresort.jp/tomiura/index.html/

グルメ