タグ » グルメ

Georgian Wine

新型コロナウイルス、やはり感染力はすさまじい!ものすごい勢いで日本中、世界中に感染拡大していて恐ろしいですね。僕は旅行はもちろん外食、ジムでのトレーニングなどは当分止めます。とくに飲食店での食事は感染のリスクがとても高まるのですよ(食事が提供される催しも危険だね)!イタリア、ロンバルディア州では感染拡大防止策の一つで、飲食店は18:00に閉店する命令が。ミラノ・スカラ座は3月8日まですべて公演中止となり、イタリアの対応の速さには驚きました!さて先週末の我が家のディナーから、アントレは僕の特製『殻付き牡蠣の盛り合わせ』です。三陸地方(舞根湾)の見事な牡蠣です。このあたりの海域は日本で一二を争うほどのきれいな海で、牡蠣の養殖が盛んです。ところでみんなは殻付きの牡蠣を上手に剥くことできますか?僕は牡蠣が大好きで、パリに住んでた時も殻付き牡蠣を1ダース2ダースと買ってきては自宅で手早く上手にに剥いていたので、かなりの年季が入っているんです。ブラーヴォなエカイエね。みんなもコツをつかめば簡単に剥けるので、ぜひ挑戦してみてください。剥きたての牡蠣は格別に美味しいですよ。そして牡蠣はやはり生に限ると思います。合わせたワインはブルゴーニュの白、ドメーヌ フェヴレの「リュリー / レ・ヴィルランジュ 2015」です。なんて素晴らしい!さて今週、我が家にはジョージアの素晴らしいワインも届いています。ジョージアは数年前まで日本ではグルジアと呼ばれていましたが、黒海の東岸、コーカサス山脈南に位置する国です。ワイン発祥の国としても知られています。ジョージアでは収穫した葡萄をクヴェヴリという巨大な甕に放り込み、地中で発酵させる方法で古来よりワインにしていました。今日紹介するワインは、ジョージアの伝統的なワイン造りを復活させリーダー的存在である、ジョン・ワーデマンさんの「フェザンツ・ティアーズ」と名付けられたワイナリーから、『ルカツィテリ2012』です。ルカツィテリはジョージアの数ある土着葡萄品種の一つ。カヘティ地方で栽培された葡萄を使っています。琥珀色またはオレンジ色の輝き、アプリコットやくるみの香り、辛口でワイルド、生命力に溢れ複雑な味わい、でもあくまで主張しすぎず食事に寄り添ってくれるエレガントなワインです。いつも僕たちが親しんでるヨーロッパの白ワインとは全く異なる味わいね。なんて素晴らしい!
ちなみにジョージアの人たちは、美声の持ち主が多く、優れた世界的オペラ歌手も輩出しています。首都トビリシにはオペラハウスもあるんですよ!

僕の特製『ちらし寿司』です。昨日はひな祭りだったので、華やかなちらし寿司を作ってみました。具材は椎茸やにんじんや油揚げなどを甘辛く煮含めたもの、芝えびで作った海老そぼろ、れんこんの甘酢漬け、焼き穴子など全部で10種類。2日前から少しずつ作って準備しておきました。なんて素晴らしい!こんな美味しいひな祭りのちらし寿司、きっとみんな食べた事ないだろうなあ。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Radicchio Precoce

2か月ぶりのブログ更新です。僕はますます元気に活動しています。こちらのブログが更新されていなくても毎日facebookやInstagram, twitterでタイムリーな僕の情報を紹介しているので、みなさんもきっとご覧になっていることでしょう。
さて今日はハロウィーン。明日からいよいよ11月のスタートですね。11月はさらに活動的なスケジュールを組んでいるので、随時みなさんに紹介していくつもりです。お楽しみに。
さて山形の農家から、旬のイタリア野菜、ラディッキオ・ディ・トレヴィーゾ・プレコーチェが届きました。もとは北イタリア、トレヴィーゾ原産の野菜です。プレコーチェとはイタリア語で早生という意味です。さらに秋が深まって霜が2度ほど降りる頃、ラディッキオの株ごと引き抜きプールのような水槽に差し込んで育てられたものは、ラディッキオ・タルディーヴォとして出荷されます(タルディーヴォはイタリア語で晩生の意味)。ラディッキオ・タルディーヴォは栽培するのに非常に手間がかかるのでイタリア野菜の最高級品の一つなんですよ。その美しさから別名 fiore di Treviso トレヴィーゾの花とも呼ばれています。以前僕のブログやインスタグラムでも料理と共に何度か紹介したので、きっとみなさん覚えているはず。トレヴィーゾ風のリゾットやピアディーナ、そしてシンプルなグリル焼きで食べるのが最高に美味しい。みなさんもぜひ。この日の我が家のディナー、プリモピアットは僕の特製『ラディッキオ・プレコーチェのリゾット、トレヴィーゾ風』です。秋から冬のトレヴィーゾの郷土料理として名高いラディッキオのリゾットです。この野菜の美味しさを存分に味わうのには、やはりリゾットが一番!とてもエレガントなリゾットです。肉厚なラディッキオ・タルディーヴォを使うとさらに美味しくて食感も素晴らしいのですが、もう少し寒くならないとタルディーヴォは出回らないのです。いずれにせよラディッキオのリゾットは、サルシッチャをほぐして加える人もいますが、タルディーヴォは非常に生命力の強い野菜なので、僕はサルシッチャを加える必要はないと思っています。ちなみにこのリゾットは白ワインではなくて、赤ワインで風味付けするのも特長です。日本のみなさんにはラディッキオのリゾットはあまり馴染みがないかもしれませんが、僕にとっては秋から冬に必ず食べたい料理の一つなんです。えーっと、この日のワインは北イタリア、ロンバルディア州最北端、ヴァルテッリーナの希少なワイン。プロッツァというワイナリーが造る「ヴァルテッリーナ スペリオーレ リゼルヴァ (グルメッロ)2014 D.O.C.G. / レッドエディション 」を合わせてみました。なんて素晴らしい!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

史上最高説浮上

どうも桐生優樹です。

先日の朝、私の母が妹と遊びに行ったときに買ってきたパンを食べました。

ただのパンじゃん…って思うかもしれませんがこれが非常においしいんです!

私の中で史上最高説まであると思ってます。そのくらいのものでした。

んでその写真がこれです

どうです?おいしそうじゃないですか?

大きさはパンにしては結構大きめで中にチーズが入っています。これをナイフで切って食べるのはなかなかにいいものがあります。たんまりとチーズが入ってますしね。

これのチーズフランスは【LE BENKEI】というベーカリーショップで買えます。

買ってきてからレンジで温めるとそれはもう最高においしいです。

価格も500円を切っているのでこのクオリティに対しては非常に安いのでは?と思います。

検索かけてみれば色々な店舗が出てくるので是非調べて買いに行ってみてください

それでは!

SNSのフォローもよろしければ!

Twitterはこちら

YOUTUBEのチャンネルはこちら

グルメ

Torta all’arancia

今日で8月も終わり!この夏の楽しい出来事を振り返ってみましょう。真夏のギラギラと輝く太陽、厳し暑さも陰りを見せ始めてきて、夏大好きな僕としてはちょっと寂しところですが、週末土曜日の今日は久しぶりにお菓子を作りました(さすがに猛暑の時期は長時間オーブンを使う気にはなれませんでしたからねえ〜)。
さて、僕の特製『シチリア風オレンジのトルタ 』焼き上がりました。今回のトルタ には、サン・ジュリアーノ果樹園のシロップ漬けブラッドオレンジスライス(コニャック風味)を使いました。トルタ生地にはシチリア島アーヴォラ産の生アーモンド(ピッツータ種)もたっぷりと加えて、リッチな味わいに仕上げています。とても美味しいですよ!シチリアの香りね!

この夏は新しいキッチンウェアをいくつか購入しました。フランスのクリステル社の鍋はかなり以前から愛用していますが、先日クリステル・プロ シリーズから発売されているミニサイズのフェトゥ(フランス語でシチュー鍋の意味)やキャセロール(ソースパン)、ポワル(フライパン)が我が家にやってきました!それぞれ直径8cm – 10cm -12cmの3サイズがあります。実際に見たほうがさらに可愛らしいデザインなんですよ。もともとプロフェッショナル用に開発されただけあって、とてもしっかりとした品質(もちろん多層構造)なんです。ミニだからと言って手抜きしてない。ミニサイズの鍋がいくつかあるとほんと重宝しますね〜。食器としても使えます。2人用のフォンデュにも。秋の料理に向けて準備万端です。

新幹線の車内にて。先週は1週間ほど山の家で過ごしてきました。最高気温は25℃ぐらい、最低は18℃ぐらいでしたので、とても快適に過ごせました。僕が利用した新幹線の車内は、行きも帰りもガラガラに空いていてリラックスした旅を満喫。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Apéro

パリ、そしてアペロと言えばやはりこの方でしょう。フランス料理の上野万梨子さんの新刊『アペロでパリをつまみ食い』発売記念の会に伺いました。『アペロでパリをつまみ食い』は、パリ左岸にある上野さんのご自宅近所、6区7区の限られた地域のグルメやフランス食文化を詳しく紹介する本です。まず、本のタイトルがエスプリに富んでいて、とても印象的です。もしも「パリでアペロをつまみ食い」だったなら、なんてことないですが、『アペロでパリをつまみ食い』とくればタイトルだけで魅力100倍。本を読む前からなんかウキウキした気分になります。内容的にもこれほど優れた情報が出し惜しみなく紹介されているパリのグルメガイドは、おそらく他にないでしょうね。そして読み応えのある文章。彼女の絶品アペロレシピも満載です。これからパリを暮らすように旅したい、と考えている人にも素晴らしいガイドブックになる事でしょう。写真はこの日のアペロ会で味わった、上野さんのパリ土産のフロマージュたち。熟成度の異なるコンテ2種(マリ アンヌ・カンタン熟成)とドライフルーツ、羊乳チーズのサン・ニコラ・ド・ラ・ダルムリー(ラ・フェルム・ダレクサンドル熟成)、そしてラディッシュ&アンディーブバターです。どれも超美味でした!新刊発売記念 アペロの会(6月15日、玉川テラス)にて、上野万梨子さんと。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Basketry

6月のイギリスは、1年の中で最も過ごしやすく快適な陽気なんですよね。そんなイングランドの美しい田舎から素敵な水草のテーブルマットが届きました。こちらがそのイギリスの水草で編まれたプレースマット(直径約30cm)です。新たに我が家のテーブルウェアとして仲間入りしました。イングランド東部ベッドフォードシャー、ベッドフォード近郊にアトリエを持つイギリスの女性アーティストの手によるものです。ベッドフォードの地名の由来は、川の交わる所 Beda’s ford を意味するそうで、実際この辺りは豊かに水草(ガマなど)が生い茂る美しい川が流れているんですよ。
さて、以前から愛用していた同じアーティストによるパンかごやスパイラルかごは、時間の経過と共に美しい黄金色に変化してきましたが、届いたばからのこのプレースマットはまだ緑がしたたるような若々しいグリーンです(パンかごたちも始めはこんなグリーンだったんですよ)。さらに10年20年と使っていくとますます美しい色合いに変化するはずなのでとても楽しみです。一つ一つ手作りなのはもちろんなのですが、川の水草を刈り取るところから始まりさらにそれを乾燥させるという、完成までとても時間のかかる作業なんだそうです。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ

Edible Flower

早くも今日で5月も終わりというに、やっと今月最初のブログ更新をすることができました。インスタグラムやツイッターではほとんど毎日更新していますので、このブログの更新が滞りがちの時は、そちらものぞいてみてくださいね。さて5月と言えば母の日には、エディブルフラワーとスプラウトを添えた僕の特製『地中海ツナと卵のサンドイッチ』を作りました。いつものようにサルデーニャ産ツナを粗めのペースト状にして、玉ねぎのみじん切りやサリーナ島のカッペリ、自家製マヨネーズなどで調味しました。卵もこだわりの美味しい卵を選んでいます。エディブルフラワーやスプラウトは、単にサンドイッチを乾燥させない役割だけではなく、それらをつまみながら食べるとサンドイッチがより美味しくいただくことができます。最近は多彩なエディブルフラワーやスプラウト、そしてマイクロハーブが売られるようになってきたので、とてもうれしいです。特に今年の母の日の近くには、これまでにも増して種類が豊富だったですよ。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

グルメ