タグ » インド

2020年1月、インドに行きます

またあっという間に最後のブログ投稿から半年以上たち、というかもう2019年も終わりですね。

3月〜4月はニューヨークとハワイに里帰り的な旅行をして、家族や友達たちととてもいい時間を過ごしました。TOPの写真はニューヨークのワシントン・スクエア公園 (Washington Square Park) の凱旋門です。お気に入りのヨガスタジオがこの近くにあるので、ここへ来ると「帰ってきたなー」という気持ちになります。

2017年に乳がんの手術をしてから、飛行機にひとりで乗って遠出をするなんて、もうできないのではないかと、どこかで恐怖を感じていたのですが、やればできるもんですね!

片胸はインプラント再建手術でシリコンが入っているので、セキュリティでひっかからないように「わたしの胸にはシリコンインプラントが入っています」という英文の証明書を病院からもらって準備万端だったのですが、その必要もなく、問題なくスルーでした。

ただ、両腕を挙げた状態でX線で検査される時は、胸のところに影が見えていて「あ、そこインプラントのところ。やっぱり影みたいにみえるんだ」という発見があり、またセキュリティオフィサーがその影に見えていた部分が気になったようで、そこの背中側に器具を当ててから「問題なし」みたいに通されたので、証明書をもらっておいたのは、何かあった場合にやはり使えたかもしれないな、と思いました。

ニューヨークからハワイへは、ニューヨークのお隣にあるニュージャージー州のニューアーク空港からの移動だったのですが、なんと出発の飛行機が2時間遅れ。途中ロサンゼルスで乗り継ぎしてホノルルへ向かう予定が、乗り継ぎが間に合わないかも!?という状況に。

「アメリカ国内便は遅れるのが当たり前」という事前情報があったから、もともと乗り継ぎのために十分な時間を空けてロスからホノルルまでの便を予約していたのに、結局ギリギリという。

ドキドキしながら、空港職員に詰め寄る。

マホ「このままだと乗り継ぎが間に合わないかも。ロスからホノルルへの便を変更できる?」
職員「いま調べるよ。うーん、次の便となると翌日朝の便になるね」
マホ「ああ、そうなんだ。。。」
職員「何が起こるかわからないから、とりあえずこのままをオススメするよ」

なんてやりとりがあり、ロサンゼルスに着いたあと、ホノルル便の搭乗口へダッシュ!

で、奇跡的に搭乗時間にギリギリ間に合い、そこの職員さんにも念のため確認したくて

マホ「いまニューアークから到着してここからホノルル行くんだけど、預けた荷物はそのままホノルル便に乗るよね?」
職員「ええ、乗るわよ。大丈夫(笑顔)」
マホ「良かった!ありがとう!!(息切れ)」

なんてやりとりがあり、ニューアークの職員さんの「何が起こるかわからないから」=「間に合うかもしれないから」というアドバイスに感謝!!!

そういったやりとりすべて英語で行い、ハワイまでの移動を完了できた自分にちょっと自信がもてて、ますます病気に負けない自分の強さと柔軟性を養えたなという実感と、いつも通り、起こったことすべてがヨガのプラクティスでした。 さらに8語

ヨガ

思いやりを巡る、スピリチュアルジャーニー

今日はわたしが随分と長い間、それも事ある毎に考えさせられ続けてきた「思いやりを持つ」ということについてです。

少し前に、つきあいの長いインド人同僚との、何気ない朝の立ち話が思わぬ方向へと流れ、そこで知った事実と訪れた気づきから、わたしの中に長らく巣食っていた、思いやりの気持ちにまつわる大きな混乱が、ついに解決!この記事は、その備忘録を兼ねた、その経緯と自分なりの考察です。

人に対して優しくありたい-そう願っても、正義感が邪魔をしたり、心の余裕のなさから怒ってしまう。でも怒る自分を変えたい-もしあなたもそんなことを願っているなら、最後まで読んでいただけたらうれしいです。

-ダライ・ラマ法王の言葉-
人に幸せになってもらいたいのなら、思いやりの心を持つことです。
あなた自身が幸せになりたいのなら、慈悲を実践することです。
人生における、わたしたちの一番の目的は人を助けることです。
人を助けられないのなら、せめて傷つけないことです。(拙訳)

If you want others to be happy, practice compassion. If you want to be happy, practice compassion. Our prime purpose in this life is to help others.

さらに52語
日本語ブログ記事

メイドとバトラーカフェ ー バンガロール

日本のアニメと漫画が好きだとメイド喫茶 (若しくはメイドカフェ)やバトラーズカフェを聞いたことがあるかもしれません。そのカフェで、メイド(若しくは バトラース)服姿のメイド(バトラース)に扮した給仕が、家事使用人のように振る舞い、お客様がその主人として待遇を受けます。

世界中にアニメと漫画の人気が高まるにつれて、コスプレも日本以外にも人気になりましたーそしてインドにも。バンガロールにもアニメが好きな人がいます。その多くはバンガロールアニメクラブ(BAC)と言うクラブの一員で、コスプレすることが好きな人でもありますでもいます。コスプレすることがないBACの一員であるA.J. Prithvirajさんは、「Japan Habba」や「Cosplay Walk」のような様々なイベント以外のイベントを開催したいと思っていました。こうして、メイドアンドバトラーズカフェのアイデアが生まれました。

興味のあるコスプレイヤーのグループが結成されました。その後、多くの話し合いの後、Prithviraj君はSamaksh君とShreeshaさんと共に、イベントを主催するために日本料理レストランであるハリマ (https://www.facebook.com/Harima-Restaurant-1878347962418357/)、のマネージャーの許可を得ることができました。

ハリマのマネージャのPradeep Bohraさんは “Prithviraj君が初めてこのアイディアで私たちに持ちかけたとき、私たちは納得しませんでした。このグループはコスプレをすることに熱心であったがコスプレの経験がない学生だけから成り立っていました。そして予想通り、彼らは誰もレストランで働いた経験がありませんでした。 食べ物や奉仕を含むイベントにもスペースを貸すことは、ハリマの評判も反映しているので、考えるの時間が必要でした”と言いました。

グループのコスプレするだけでなく、どのようにうまく奉仕するかを学びたいことの熱意を見て、そして社内での話し合いの後、ついにはレストランの広場でイベントを開催することにしました。

Boharaさんは「強いブランドに支えられていない時、このようなイベントを企画する上で学生グループが直面する困難を認識していた」と述べました。

BACのメンバーのAksharaさんからこのイベントについて知るようになりました。彼女は、興味を持ったコスプレイヤーがイベントについて話し合っていたWhatsappグループに私を追加しました。

バンガロールに住んでいる日本人、堀さんも、このイベントを支援することに興味を示しました。彼は、メイドのコスチュームを日本から買うこととこのコスプレイベントの参加者に手頃な価格で貸し出すことを申し出ました。執事の衣装に関しては、必要とされた唯一のものは長い執事のコートでした。たくさんの探した後、そのようなコスチュームが貸し出されていたコラマンガラで店が見つかりました。

メニューに関しては、ハリマは本格的なレストランであるため、イベントメニューはカフェのためのものになるように計画されなければなりませんでした。ハリマができることに基づいて、メニューが決定されました。

PS: このブログを校正してくれて、堀さんに感謝しております さらに30語

General