タグ » イギリス

Mothers Dayと母の想い

3月26日の日曜日はイギリスの「母の日」であった。前日は女友達と昼から息抜きを楽しんでいたこともあったし、義母には夫から事前にカードを贈っていたのですっかり失念していた。

日曜日の朝、キッチンで自分のためのコーヒーを淹れていた私にニコニコと息子2人が

「Happy Mothers Day, Mum.」とカードとキスをくれた。ああそうだったと思い出した。

見ると13歳になる長男のカードに、

「いつも優しく見守ってくれてありがとう。毎日家のことや僕たちの世話、大変だと思う。心から感謝しています。愛してるよ。」と書いてあった。

ちょうど思春期なこともあり、いつもは「ああ、うん。別に。」が口癖の長男。ムッツリと言葉数の少ない難しい年頃で何を考えているのか正直わからないこともあり、こんなことを書けるようになったのか、と感慨深いものがあった。

欧米はカード文化で、誕生日はもちろん結婚記念日やバレンタイン、クリスマスなど家族間でカードを贈りあう習慣があるが、私には何年たっても体になじんでこない。日本人であるがゆえか、家族間なのに「面倒だな」と感じるところもある。

夫からの感謝のメッセージはもらっても、まぁ嬉しいことは嬉しいが、申し訳ないことにそこまで心に響かない。が、やっぱりこればっかりはしょうがない。子どもからのカードや贈り物は特別で無条件に嬉しく涙もろくなる。母親とはそういうものなのかもしれない。

思えば、私はかつて母にこういう手紙を書いたことがあるだろうか。あげた本人は思い出せないものだが、たぶんどの母親も子どもからもらった手紙の内容やプレゼントなど、言葉にはしないが心の記憶に残っているのではないかと思う。

我が母と言えば、気が強いわりにとても心配性で寂しがり屋。私が独身の頃は、田舎から出て行った私に何年たっても帰ってこいやら、あんたが泣いてる夢を見たと言っては電話をかけてきたりした。こんなのどこでも買えるのに、と思わせる小さな頃に好きだったお菓子や果物を飽きるほど送ってきたりもした。

私がカンボジア~ベトナムに旅行に行ったときなど、心配症なので一応宿泊先と旅のルートを教えておいたところ、カンボジアでの宿泊先に「うちの娘はそこに泊まってますか?」と連絡してきたくらい、英語ができないにも関わらず。それが伝わったということは必死に何度も私の名前を連呼し、ようやく通じたということなのだろう。帰国してから「電話したんだけど、昨日出発したよ、みたいなことを言われた。」と安堵した声の母から報告を受けた時は、彼女の心配症の度合いに心底呆れたものだ。

海外旅行が好きで、まったく落ち着かないそんな私にも年貢の納め時がきた。当時つきあっていた今の夫とは母も何度か面識があったが、結婚すると報告したときの母の反応が今でも忘れられない。

この人と結婚したいのだけど、いいかな?と尋ねたところ、母は少しびっくりしたような顔をした後うつむき、そしてグッと顔を上げ

「そっか、良かった!彼ならお母さんも安心だよ。ほら、イギリスなんてね、飛行機に乗ればいつだって会えるし、近いもんだわ。うん、おめでとう!」

近いもんだ、なんて。根っからの田舎者で飛行機が怖くて海外にも行ったことのない母だ。今思えばせいいっぱいの虚勢であったのだろう。

今になって思う。あのとき、母は娘が遠くに行ってしまうのではないかという寂しさと不安で、ただただ複雑な思いであったのだろう。けれど目の前の娘を見ればわかってしまったのだ。娘はもう自分の手から離れ歩き出しているのだということを。

それ以降は二度と戻ってこいなどと言わないようになったし、しょっちゅうあった連絡も少なくなった。頑固者の父への説得も根回ししてくれ、私はなんの障害もなく夫と一緒になることができた。実家に帰れば私の夫に「私の息子だから」と可愛がってくれ、外人さんだからと彼の好きそうなご飯を工夫して作ってくれたりもした。不器用だったができる限りの気を配ってくれ、母には感謝あるのみである。

海外生活をする方の多くは、数多くの家族との想いや別れのストーリーがあるだろう。それは日本にいても離れていれば同じことなのかもしれないが、親からしたら異文化で生活する子どもたちの生活は想像し難いものであると思う。日本人だからと言って苦労してないだろうか、もしものことがあったら助けてくれる知人はいるのだろうか、いくつになっても心配は尽きることがない。

ただ、私にも遠くない将来必ず来る、息子たちを送り出すときが。外国に行ってしまう可能性もあるし、逆に日本の可能性もある。そのとき上手に言えるだろうか、あのときの母のように笑顔で。今はまだ自信がない。

母の日に毎年思う。改めて言葉にするのは照れくさくて言えなかったが、今日の息子のようにちゃんと伝えればよかった。

「心から感謝している。愛しているよ。」と。

この想いが天国の母に伝わることを願って。

Featured

日本人が西洋人に劣っている事実 

白人が優れていることは認めなければならない | Kuantanlog

http://ift.tt/2noPPbd

例えば、日本とドイツを簡単に比較した場合、ドイツ語を学んだことのある日本人は何百万人もいるのではないか。大学に進む人の1割がドイツ語を学習するとしても、全人口の数パーセントはドイツ語をかじったことがあることになる。他方、ドイツで日本語を学んだことのある人などというのは、ごく一部の好事家と日本関係の仕事をする人を除き、ほぼいない。ドイツの思想家について知っている日本人はさらに多い。カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデッガーなどの名前を知っている人は多いだろう。翻って、ドイツ人は、「日本に思想があるの?ハラキリか。日本に思想家がいるの?ニンジャか?」という程度の日本理解だろう。実際、西洋の思想のような思想が日本に存在するのか、思想家と呼べる者が日本にいるのか、疑問である。音楽ともなれば更である。ドイツとの比較でもこれだけの開きがある。フランスやイギリスと比較するなら、彼我の格差は絶望的なものになる。

結局、日本は西洋(白人キリスト教諸国民)にはかなわないのだ。日本人は西洋人には勝ち目がない。このことは100年後も変わっていないと思う。(日本国、日本国民が今のような形で続いている限り。大幅な混血や言語改造=英語公用語化の実現があれば事情が変わるかもしれない)。このことをよく認識しなければいけないと思う。

ちなみに、欧米では今でも、子供が日本語を学びたいと言うと親が激しく反対することが少なくないらしい。日本語学習者=nerdというイメージもあるらしいが、伝統的な野蛮イメージもあるのだろう。ハラキリされたら困るとか。イスラムを学びたいと子供が言い出した時に似た困惑があるようだ。日本で言えば、ホッテントット語を学びたいとか、パプアのペニスケースをつけたいと言うようなものだろうか。

Ifttt

FISHERMAN'S HIGH

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

イギリスでの釣りは未だに坊主が続いております。
釣り始めはオックスフォードまで行ってまいりましたが、3バイトノーフィッシュ。前回はカムデンからオールドストリートまでやりましたがやはりノーフィシュ。。

なんで書く事ないので、今回は先月日本へ帰国していたのですが、その時の釣果発表です。

イギリスでは坊主ですが、日本帰国時は無敵状態。まさにエンペラータイム入ってました。

ランナーズハイって聞いた事があると思うんですが、あの走っていてある一定のラインを超えるとハイになり、走るのが気持ち良くなるっていうアレです。僕にも走るのが好きな友人がいるんですが、やはりランナーズハイを得るのも走る事が好きな理由の一つだと言っていました。

僕は走る事がキライなのでランナーズハイを経験した事がありませんが、釣りを好きなみなさんなら経験した事があるんじゃないでしょうか?あのデカイ魚や狙った魚を釣った時になる膝のカクカク感。興奮して頭の中真っ白になって叫びたくなるようなあの感覚。この感覚は他では味わえない。
もうすでにそういう言葉があるかもしれませんが、僕はその感覚の事をFisherman’s Highと呼ぶ事にしました。

日本に帰った時はそれを味わう魚に出会う事が出来た。正に奇跡の一匹。

日本ではルアー釣りをベイトタックルでやるつもりは無かったんですが、イギリスに帰ってから使うつもりで十数年ぶりにベイトタックルをオーダーして日本の住所に届くようにしていたんです。リールは、SHIMANOのScorpion 70。今までのワインレッドを一新して黒いカラーがカッコいいんです。ロッドは今人気らしいんですが、Abu GarciaのWorld Monster。こちらも中々カッコいい。両方とも気に入って早くイギリスに帰ってパイク釣りで使いたいなぁって思ってトランクにしまっていたんですが。。

その日はなんだか魚が僕を呼んでいる気がして。なんか無性に釣りに行きたいっ!いや行かなければっ!みたいな時って無いですか?衝動を抑えきれずに、12月末のそれも雨が降る日に家を飛び出してしまいました。

リールも竿も買ってあるけど糸が巻いて無いので、近くの釣具屋で糸を巻いてから行く事に。巻いて貰っている間に店員さんに情報を聞いて見ると、最初に行こうと思っていたため池は熊本震災の時に完全に水が抜けてしまって釣りが出来なくなってしまっているとの事。震災の影響の大きさを肌で感じた瞬間だった。でも別の池は結構大きのが上がっているという。だったらその池に行ってみます!と店員さんと別れいざその場所へ。

着いたら平日なのに先客が一人。雨なのに気合が入ってらっしゃる。まあそれもお互い様。十数年ぶりのベイトタックルの準備に手こずります。何もしてないのにバックラッシュ。最初の一投にこぎつけるのに大分時間がかかりました。

最初の一投目。バックラッシュです。。
しかも狙ったところに全然飛んで無い。

二投目、バックラッシュ。でもさっきよりは飛んだかな。

三投目、軽いバックラッシュ。直ぐになおせる程度。しかしまだ全然リールと竿に慣れない。十数年ぶりですから当たり前です。

四投目、バックラッシュ無しですが飛距離が無い。狙いたいあそこの立ち木に届いて無い。

五投目、おっ! ようやく狙った立ち木が入ってるポイントへ奇跡的にキャスト成功! さらに6語

Newquay / 纽基 / Newquay / ニューキー

Newquay in Cornwall.

康沃尔的纽基。

Newquay di Cornwall.

コーンウォール州のニューキー。

Trenance Gardens.

特尔南斯花园。

Taman Trenance.

トレナンス・ガーデン。

Trenance Park Viaduct, built in 1849.

建于1849年的特尔南斯公园高架桥。

Jejambat Taman Trenance yang dibina pada tahun 1849. さらに13語

Nikon Coolpix 3200

Turleigh / 土尔利 / Turleigh / ターレイ

Turleigh in Wiltshire.

威尔特郡的土尔利。

Turleigh di Wiltshire.

ウィルトシャー州のターレイ。

It’s a little village.

这里是一个小村子。

Ia sebuah kampung yang kecil.

ここは小さい村です。

English countryside in the snow.

雪中的英格兰的田园。 さらに13語

Nikon Coolpix 3200

Banstead / 班斯特德 / Banstead / バンステッド

Banstead in Surrey.

萨里郡的班斯特德。

Banstead di Surrey.

サリー州のバンステッド。

Banstead Wood.

班斯特德林子。

Hutan Banstead.

バンステッド森。

Millennium Trail.

千禧年小径。

Denai Milenium.

ミレニアム・トレール。

Such a lovely day in December! さらに51語

Nikon D90

Trowbridge / 特罗布里奇 / Trowbridge / トロウブリッジ

Biss Meadows Country Park.

比斯郊野公园。

Taman Desa Biss.

ビス・メドウズ・カントリー・パーク。

It’s located in Trowbridge.

就在特罗布里奇里。

Ia terletak di Trowbridge.

トロウブリッジにある。

It’s the county town of Wiltshire. さらに20語

Nikon Coolpix 3200