タグ » アメリカ

日本の大学からアメリカの大学編入─Part 2

Hi! 今日は編入に関する記事の続き(パート2)をやってくよ!日本の大学からアメリカの大学に編入したい、もしくは興味があって最初の記事を読んでないって子はここからはじめてね!

6)編入する学校を決めたら

編入する学校が決まったら編入の手続きを調べるよ。志望する学校のウェブサイトの”Admissions”っていうセクションにだいたい”Transfer”または”International Admissions”っていう項目があるはず。そこに行けば編入するためのプロセス、必要書類、英語力のスコア等の情報が乗ってるよ。ちなみに下のが私が言った学校の例ね。ウェブサイトが全部英語で最初は圧倒されるかもしれないけど、英語の勉強にもなるし頑張ってね。

7)必要な書類を揃える

上の例で見たように必要な書類等が分かったら一つずつ揃えていくよ。ただ取得するのに時間がかかる書類とかも意外とあって、例えば私は個人的に、3のFinancial Supporting Documentと、5のOriginal Transcriptに時間かかったかな。

  • 3の Financial Supporting Documentっていうのは留学するだけの経済的余裕がありますっていう証明をする書類のことで、銀行の残高証明書を提出することがほとんど。普通は1年分の学費+生活費の合計の金額が載った証明書を提出するのが確実らしいけど、学費や生活費って学校や地域によってバラバラだから、学校に問い合わせてみるのが確実。よっぽどお金持ちじゃない限り、200〜300万の残高証明書がポンッで出せるのは難しいよね。私の場合は、家族や親戚にお願いして、お金を借りて一つの銀行に入れて残高証明書を出したあとに借りたお金を返したよ。気をつけてほしいのが必要書類は全て英語表記じゃないといけないから、銀行に行った時に英語での残高証明書をお願いしますって言うのを忘れないでね。
  • 5のOriginal Transcriptは一番最近まで通ってた学校の成績証明書。高校卒業して留学する人は高校の成績証明書で、日本の大学を退学して編入する場合は通ってた大学のこれまでの成績証明書。ただ、学校によっては日本の大学から編入しても高校の時の成績証明書を提出するように言われることもあるから(うちの学校がそうだった)、高校の成績証明書を取得できるなら取得しておくのがオススメ。また、日本の大学で取った単位をアメリカの大学に移行する場合にも成績証明書が必要になるから、成績証明書を取得する際には、最低でも2枚取得することを忘れないでね。基本的に成績証明書は封筒に入れてもらうことになるだろうけど、絶対に封を開けちゃダメ!封を開けちゃうと成績を修正した可能性があるってことで、成績証明書として認めてもらえないからね。もし自分の通った成績証明書が気になる時は一枚余分に取得してね。

8)ビザの取得

編入に必要な書類を揃えて志望先の学校に送って、編入が認められれば、I-20っていう入学証明書みたいな書類が送られてくるよ!I-20は留学ビザの取得やアメリカの入出国の時に必ず必要になるから、絶対に無くさないでね。I-20を取得したら次は留学ビザの申請に移るよ。アメリカの留学ビザにも色々と種類があるんだけけど、私みたいに日本の大学を退学して学士取得を目的に、完全にアメリカの大学に籍を移す場合はF-1ビザになるよ。ビザの取得に関しては面接があるから、国内にあるアメリカ領事館や大使館でそれぞれ面接の予約をしてね。その他のビザの申請に必要な書類等の情報はここから調べてね。ちなみに、地方になればなるほど大使館の予約が取りにくいから、ビザの申請にはなるべく余裕を持って動いてね!(私は福岡の大使館での予約が取れずに大阪まで行った。(泣)

9)単位変換をするにあたって

日本の大学から海外の大学に編入するときに一番厄介なのが単位変換。日本の大学とアメリカの大学のシステムが違うせいで時間もお金もかかるのがネック。でも単位が移行されればされるほど、お金と時間の節約にもなるので手は抜かないでね!

単位移行に必要として通っていた大学の成績証明書と英語に訳されたシラバスがあげられるよ。よっぽど大きい大学や留学が盛んな大学でない限り、日本の大学で英訳されたシラバスを取得するのは難しいよね。今は留学エージェンシーや、翻訳会社とかでシラバスの英訳もやってくれるみたいだけど、私はお金かけたくなかったし自分で翻訳したよ。(これが一番英語の勉強になった気がする)時間かかるけど、実際にどの単位が移行できるか分からないから、日本の大学で取った全部のクラスの英訳をオススメするよ。大学の成績証明書に関しては、上で説明したように志願する時にも必要だから2枚取得しておいてね。単位移行の最初のステップは、日本の大学で取った単位をアメリカの大学システムの単位に変換すること。この変換作業はWESさらに11語

Living Abroad

日本の大学からアメリカの大学編入─Part 1

今日は留学の質問の中でも結構多い、”編入”について書くよ。アメリカでは、一つの大学から違う大学への編入って頻繁に行われてるんだけど、海外の大学からアメリカの大学っていう国を超えた編入は意外と少ない気がする。特に日本の大学を辞めて、アメリカの大学にくるのは編入手続きに加えて、単位変換とかも手続きが面倒だし、何より日本語であんまり情報がないから困った記憶がある!というわけで、今日本の大学にいて、これからアメリカの大学に編入を考えてる子のために、自分の経験をもとにして記事をかくことにしたよ!

1)編入と交換留学の違い

留学にもたくさん種類あるけど、よく混同されやすいのが編入留学と交換留学。交換留学は現在通ってる大学に籍を置きながら、海外の協定大学(姉妹校)に半年〜1年間留学すること。もちろん姉妹校や留学期間は大学によってバラバラ。一方で編入留学は、これまで通った大学で取得した単位を持って、大学の籍を完全に一つの大学から違う大学へ移すこと。私は福岡にある4年制大学の3年前期が終わった時点でアメリカの大学に編入したよ。基本的に日本の大学は2つの大学に籍を置くことを禁止しているから、アメリカの大学に編入が決まった時点で日本の大学は退学するのが普通かな。2年制や4年制の大学を卒業してアメリカの大学に来た場合にも卒業した大学で取得した単位をアメリカの大学に移行することが出来るから編入留学にカウントされるよ。

2)どこの大学に編入するか

アメリカの大学に編入するって決めたは良いけど、アメリカの大学選びはとんでもなく大変らしい。日本みたいにオープンキャンパスみたいな感じで自分の目で確かめれるのが理想なんだけど、お金も時間もかかるから難しい。学校選びは消去法で決めるのが一番効率良さそう。行きたいエリア、大学の専攻科目、大学の大きさ、などなど自分の中で外せない項目を作って、色んな大学を比べる感じ。あとは直感で決めるかな、時間かからないけどオススメはしないよ。ちなみに私は福岡にいた時に通ってた大学の姉妹校の大学に編入したよ。これが意外とオススメで、志願エッセイや手続きのお金が免除されたり、スカラーシップがもらえたり色々とラッキーだった。姉妹校ってことは交換留学とかで行ったことがある人に直接話を聞ける機会もあると思うしね。編入考えてるって人は、今通ってる大学の姉妹校とかもチェックしてみてね。

3)編入のタイミング

編入のタイミングは人それぞれだと思うから、このタイミングが一番!ってことは言えないんだけど、基本的にアメリカの大学って最低でも2年は在籍しないと卒業を認めてもらえないみたい。だから個人的に、今大学4年生で編入考えてる人は一旦日本の大学を卒業して大学院留学をする方が、お金の面でも時間の面でも良いのかなって思います。それと、編入の準備期間に関しては、編入の準備も意外と時間かかるから、最低でも4〜6ヶ月は必要かな。ちなみに私は2年生の終わりに編入するって決めて、3年の前期は編入のための準備期間に充てたよ。編入するって決めてからすぐに大学を辞める子もいるけど、私は3年前期の間も大学行って、単位移行がしやすい一般教養のクラスを少しでもたくさん取ったよ!もし私みたいに編入決めてから準備期間の間も大学に行く余裕があるなら、ぜひ大学行って単位移行できそうなクラスを取ることをオススメする!理由は次で説明するね。

4)学費の払い方の大きな違い

学費の払い方は日本とアメリカの大学では全然違う!福岡の大学にいた時は前期、後期、それぞれ一定の学費を払ったらキャパが許す限り、基本的に何個でもクラス取ってよかったんだよね。レストランでいう食べ放題システムみたいな!でも、アメリカの大学は1つのクラスが1000ドル、みたいな感じでクラスを取れば取るほど学費が上がるシステムなのね。アメリカの学費は基本的に高いことで有名だし、編入を考えてる人は少しでも日本から単位を移行した方がお金の節約にもなるよ!だからさっきも言ったように、日本にいる間の準備期間に大学で授業を取れる余裕があるなら、単位移行できそうなクラスを出来るだけたくさん取ることをオススメするよ。

5)学費が高いからって留学を諦めないでほしい理由

留学で一番にのしかかる負担ってやっぱりお金のことなんじゃないかなって思ってる。たしかにアメリカの大学は学費が高いことで有名だけど、スカラーシップもたくさん。編入者向け、留学性向け、専攻別、成績優秀者向け、などなど種類も金額も色々。こっちでいうスカラーシップは基本的に返済不要だよ。日本の奨学金みたいに返済が必要なものは、Student Loan(学生ローン)って言われるよ。実は日本の政府や自治体からも、海外に留学をする日本人に向けて奨学金を出してるよ。”留学 奨学金”でググると、アメリカに比べて数は少ないけど、色んな種類の奨学金が出てくるよ。私はJASSOの返済型奨学金を使って留学したよ。編入してすぐは難しいけど留学生活に慣れてきたらキャンパス内で週20時間バイトみたいに働くことできるし(時給$7〜8くらい)、みんなに留学するチャンスはあるって思う。

今回の記事はとりあえずここまで!この他にもまだ編入についての質問があるから、それは次の記事で紹介するね!記事についての質問やリクエストある方はコメントにどうぞ!終わり!

Miyuki : ) さらに6語

Living Abroad

Graduation!

先日、とうとう大学を卒業しました!こっち(アメリカ)の大学に編入して約2年半、勉強とかホームシックとか、色々大変だったけど卒業した今、大好きな福岡を離れてでも編入して良かったって心の底から思ってる!

Finally the time has come…my graduation! It has been almost three years since I transferred from a college in Japan, and now I’m super happy that I made that decision! さらに224語

Living Abroad

ハーバード・ビジネススクールでのカンファレンスに参加!!

初夏の気持ち良い気候になってきたモントリオールからお届けしています☆

少し前の出来事ですが、今改めて思うことがあったので記憶を辿りつつ…。

タイトルにもある通り、今年の2月にハーバード大学にあるハーバード・ビジネス・スクールで開催されていたカンファレンス、“27TH ANNUAL DYNAMIC WOMEN IN BUSINESS CONFERENCE AT HARVARD BUSINESS SCHOOL” に、私の通っているビジネス・スクールからのグループツアーで参加してきました!

web site⇒https://wsa-hbs-conference.squarespace.com/

ハイクラスの転職はJAC Recruitment

ハーバード大学と言ったら、名門も名門。格式高い、ハイレベルな超有名校です。その中でもハーバード・ビジネス・スクール (Harvard Business School 以下 HBS) は、ビジネススクールを目指す人たちにとっては誰もが憧れるトップレベルの教育を受けられる場所。世界中で活躍している企業家やビジネスマンの多くを輩出しています。 さらに19語

日本語

ニューヨークの人気スィーツ店Egglooが「色が変わるアイスクリーム」を新発売

ニューヨークで人気のアイスクリーム屋を経営している若きアントレプレナー、マイクさんから連絡をいただきました。

彼のお店の名前はEggloo(エッグルー)と言って、2016年のオープン以来、Instagramのフォロワーは4万人超え。人気過ぎて、イーストビレッジにも新店を出したほど。

オープン時に書いた記事

とにかく大成功しているスィーツ店です。そのマイクさんが

今度、うちで新しい商品出すんだ。Changing color ice creamって言うんだ。食べにこないか?

と言うではありませか。

お誘いは基本断らないがポリシーの私。しかも、すっかり30℃超えで一気に夏になったかのようなニューヨーク。アイスクリームとは、なんとパーフェクトなお誘いではないですか。

二つ返事でOKしました!

と言っても、行くまでChanging color ice creamが何のことだかよくわかっていなかった私…。

さっそくお店のスタッフが作ってくれました。

左はBefore、右はAfter。

わかるかな?

この左に刺さっているスポイドの中の液体をかけたらあら不思議、青色が薄紫に変わって、さらにインスタ映え!

食べてみると、お茶のフレーバーで、アメリカらしからぬ甘さひかえめのお味です。(たこ焼きワッフルこと、香港スタイルのエッグワッフルが甘めなので、バランスが良い)

アメリカの中でも、健康志向の人が多いと言われるニューヨークですが、庶民派スーパーやデリに行くと、体に悪そうな色と液体がそこかしこで大量に売られている。

さらに11語
アメリカ

ニューヨークでディープでアングラな芸術を観るならこれ。ブルックリンの超人気バーレスク『シンデレラ』

ニューヨークではブロードウェイのショーもいいけど、もう少しディープでアングラな芸術を求めているなら、バーレスクに行こう。

 

バーレスクは、昔からニューヨークのいたるところにあって、バーなどこぢんまりとしたベニューで開催されている、ちょっとエロスでコミカルなショー。

 

アメリカ女子たちが、誕生日パーティーや結婚式の前夜に行うバチェラレットパーティーをこのバーレスクで楽しむことも多い。

また、通常のバーで、例えば午後8時以降、バーレスクショーを上演するというところも多いので、同僚と仕事上がりに飲みながら観たりすることもあるし、普通の観光客にももちろん人気。

 

その中でも私のおすすめは、ブルックリンのブッシュウィックで木、金、土、日曜のみ上演しているCompany XIV(カンパニーフォーティーン)の『シンデレラ』。

ショーとしての完成度、ダンサーらのレベルは非常に高い。周辺の治安は近年向上しており、夜間でも特に問題ないとされている(ただし観光客の一人歩きはなるべく避けた方が無難)。

チケットは当日上演時間の直前だと、インターネットではアップされていない安い残席が残っていることもある。

観劇は18歳以上(要ID)。チケットは65~300ドル。

 

【お問い合わせ】

Company XIV

(All photos, video and text by Kasumi Abe)

本稿は、ブログ『ニューヨーク直行便』の投稿記事を一部加筆した。無断転載禁止

アメリカ

How to Study─Part I:予習

今日で実は大学生活最後のクラスが終わった!(うれしさ100)今の大学に編入してから2年半、専攻変えたり、色々あって予定より半年卒業遅れちゃったけど、やっと卒業〜!将来的に大学院も考えてるから、勉強おわり!なんてことは言わないけど、とりあえずお勉強は一旦休憩♩というわけで今日は勉強の仕方について書いていくことにした!自分がどんな勉強してたかも残せるし、誰かの役に立てばなって思ってる : ) 予習、クラス中、テスト勉強の3つのパートに分けて書いていくね!

*これから説明する勉強方法は基本的に文系のクラス向けね!今日は予習について!

文系のクラスでいう予習って90%ぐらいの確実でリーディングだよね。”このチャプターからこのチャプターまで読んできて〜”みたいな。先生はこんな感じでサラっというけど、サラっと言うわりには読む量ハンパないなっていつも思う。

1. 教科書のSummaryのセクションをまずチェックする

リーディングの宿題が出された時に一番にすることは教科書のSummaryセクションに行くこと。基本的にどの教科書もSummaryのセクションがついてるんだけど、教科書によっては、ハッキリ”Summary”って書いてないこともあるよ。そういう教科書は大体、チャプターの最初のページに大体、そのチャプターについてまとめたモノが書かれてるはず。Summaryを読んで大体でいいから、そのチャプターのトピックを掴んでね。もし読んでみて何のこと言ってるか分かんなくても全然おっけい。

2. Google翻訳よりQuizlet

Summaryを読んだら、次はインターネットを開いて、Googleに行くよ。よく留学生がやってるのを見るのは、教科書の文章をGoogle翻訳にかけること。悪くはないと思うけど、それだと日本語で読んでるから英語の語彙力が伸びないし、翻訳にかける量も多いから結局そのチャプターの大事な所を見落としがち。そこで使ってほしいのが、Google翻訳じゃなくてQuizlet。大体聞いたことある人多いと思うからQuizletについての説明は省きます〜。(Quizlet分かんない人もこの記事読んでいけばどんなものか分かると思う!)

Googleの画面に行って、キーワードの後に”quizlet”っていうのを入れて検索。ここでのキーワードはチャプターの名前だったり、チャプターのトピックだったり、教科書の名前だったり、色々変えれるよ!

するとこんな感じで過去に同じチャプターやトピックを勉強した人たちが作ったQuizletが出てくるよ!ザっと見て、よくまとめてあるな〜っていうのを開いてそのページへ。自分が使ってる教科書と同じ教科書を使って作ってくれたQuizletを見つけることができれば最高だけど、あんまりQuizlet探しに時間をかけないこと。

これは一つの例。今回は例として、20th Century Artっていう教科書の”Conceptual and Activist Art”っていうチャプターを検索してみたよ。

3. 見つけたQuizletを書き出す

自分のチャプターやトピックに関連した、もしくは同じトピックのQuizletを見つけたら、次はノートに書いてくよ。基本的にQuizletは誰かがそのチャプターを勉強して作ってくれた”まとめ”、だから基本的に大事なパートがすでに抜き出されてる状態。それをノートに書いてくよ。(うちはいつもパソコンに打ち込んでた)その時に分かんない単語はチェックすること!時間がないときはノートに写さなくても、そのQuizletのページを印刷することも出来るけど、書き出すことで、テスト勉強用のノートが作れる+記憶に残りやすいから、出来れば、書き出すことをオススメするよ。

この3つのステップが終われば、ほぼ予習完了。もし同じ教科書を使ったQuizletが見つけれなかった場合は、教科書のチャプターを見て、サブトピック?みたいなの(太字のタイトル)を見つけてサラっと最初の1〜2パラグラフを読んで大事なところをノートにまとめるよ。

この予習方法をする上で一番大事にしてほしいのが、QuizletやSummaryを読んでノートに書き出す時に分からない単語を調べること!ただえさえ読む量が少なくなったから、その分語彙力を上げる時間に使ってね。

勉強で一番大変なのは予習だと思う。チャプターを一文一文全部読んでノートまとめるのが理想だけど、他のクラスの宿題とかもあって中々リーディングに時間をかけれないのが現実。だからこそ効率良く英語力も伸ばしながら、予習していきたいね♩

Living Abroad