タグ » ひとりごと

高望み

どうもどうも!
相変わらず日々いろんなことを考えております。
ふとこれは書かなきゃ!と思ったことがあったので、
ささっとメモのために書いておこーっと。
何事も完璧なものなんて存在しないし
完璧を求めすぎたら大切なものを見失う
ふと、こんなこと思ったのよね。
家族にしても、友人にしても
国や政治、サービスにしても
完璧なものなんてねぇ!!!!って気づいてさ。
(あ、当たり前か、、、)
でもさ、気づいたら
ついつい完璧を求めてるんですよ、この私。。。。
んでね!この完璧を求める行為って、
私だけしてるわけではないよなと思って。
話少し変わるけど、彼氏いない友達が周りに多くてさ。
もちろん、私もシングルでございます。。。
でも友達の中には、すっごい美人で性格も明るい子もいるのに
「え、なんでできないノーーー?!」って不思議で仕方ないのよ。
色々話を聞いてたら、本人の理想が高いらしくて・・・
なかなか良い人が見つからないらしい。
それを聞いた時に、これだ!!!と思ったわけですよ。
理想と現実は違う!
ということに。笑
やっぱり、人に対しても、家族に対しても、
ひとりごと

覚悟、責任

こんにちは。
年末年始はテレビを見てたんだけど、
俳優や女優の言葉でハッとさせられることが多くて、
メッセージがバンバンときている感じ。
簡単にまとめると・・・
責任を持って、ちゃんとやる
目標、目的を明確にする
できることをコツコツやっていく
この3点にハッとさせられたの。
今までなんとなく生きてきたし、
流れに任せてればイイヨォ!
と軽いノリで生活してたなーって。
あぁ、こうやって書くと恥ずかしい・・・。
でも、たまにはちゃんと考えて、
ドシッと地に足をつけて歩んで行くことも必要よな・・・。
いやね、考えすぎもダメだけれど
明確にするべきこともあるよなぁーとさ。
なので!!!今年は、
ー好きなことをコツコツ続けて行く
(描くこと、歌うこと、書くこと、料理すること)
ー仕事を見つけて、責任を持って働く
ーワーホリに行く時期を決めて、準備を始める
主にこの3つを意識しながら、頑張ってくぞい!
ひとりごと

丁寧な暮しとは

あけましておめでとうございます!
ついに2019年!
あっという間に1月だなー。
突然ですが、
最近ずっと「丁寧な暮し」って何だろうなぁ・・・
と考えていたんですよ。
正直なところ、自分はここ1−2年は
今流行りの「丁寧な暮し」に乗っかって、
「私、こんなに丁寧にイキテマス!」感が半端なかったなー。
よく暮し系の雑誌や本に書いてある
「ゆとりを持つ、何事に対しても面倒だと思わない」とか
「いいものを常に使う」だとか・・・
そういうのを真似してたというか。
でも!そういう徹底した丁寧な暮しぶりって、
一人暮らしだからできるのでは?!と思ったわけです。
実際、今一人暮らしだし
お金にも困っていないし・・・
それなりに余裕があるからできてるんだろうなって。
もうさ、いつもなら余裕を持ってできることでも
お母さんが家に帰ってくるだけで・・・・
お湯沸かすのも面倒だから、ケトル使うし、
いちいち南部鉄器の急須なんて使ってらんねー!ってなるし
丁寧に一からちらし寿司も作る気しないし、
ちらし寿司の素やスーパーで買えるお惣菜サイコー!ってなるしさ。
今までのライフスタイルを思い返してみたら
ひとりごと

I'm not good enough

“I’m not good enough to be a great daugher”
“I’m not good enough to do this”
“I’m not good enough until I achieve something”
呪文のようにいろんな言葉が、 さらに14語
ひとりごと

ジャンクメデイア

インターネットが大好きな私は、
何かあるとグーグル先生に頼りっぱなし。
自然食品、民間治療、病気のことについてすぐ調べてまう。
でも、調べれば調べるほど不安になる時もあるし、
ある情報を100パーセント信じ込んじゃって、
洗脳されかけたりしたこともありました。
今こうして自分もブログを書いて、
情報を発信しているけれど・・・
自分のブログもある意味では
そういうジャンクメディアになってしまってるのかな?
って感じたんよね。
読んでる人が全くいないから、
まぁ大丈夫だろうけど!笑
来年こそは、もっとニュートラルに、
あまり世に溢れてる情報にこだわりすぎず・・・
ゆるーく向き合えたらなって思います。
ひとりごと

心地よく生きるために

もうすぐ2019年!
あっという間にクリスマス、そして年末ですね。
正直ここ2〜3年はこの時期がくると、
とっても憂鬱な気分になり
街の中に漂うクリスマス感がどうも苦手で・・・。
クリスマスソングばっか流れてるし、
幸せムードじゃない人には辛かったなー。
家族がバラバラだから、一人暮らしだし
近くに一緒に過ごせる人がいなくて・・・
まさに拷問のクリスマス、年末シーズンでした。
なんかさ、このクリスマス、年末の時期って、、、
ほとんどの人が家族や彼氏、彼女と一緒に過ごすじゃない?
だから、誰かと一緒にお祝いしたいなぁと思っても、
クリスマス当日なんてみんな予定詰まっていたり、
各自ファミリーと過ごす人がほとんどで・・・
その中に入っていきづらいし、いけないし、
ガチで寂しさマックスだったわけです。
家族のように仲良いグループがいたら、また違うんだろうけど、、、
私だけ一人!って感じが強くて、辛かったよね。
だから、外のそういうムードに流されずに
自分は自分らしく、心地よく楽しめる方法って
一体なんだろうなぁ?ってよく考えてました。
ーーーーーー
なんか今の時代、便利なものに囲まれて
いろんな面でとても効率的になってるんだろうけど、、、
ひとりごと

職場における組織について

組織というのは大きく2つに分類できるようで、まず一つに官僚型組織、そしてネットワーク型組織、というものが存在する。

 

官僚型組織とは、安定した状況下で常に安定したパフォーマンスを発揮する組織を大規模に運営することができる利点がある。

各個人が歯車となり、パーツとして動くため個人の裁量なんて関係ない。

言い方を悪くすれば頭を使わずとも言われたことをやっていれば結果が得られる。

そしてで、ネットワーク型組織とは『個』で動いていくため、自分が置かれた環境において、何が最適かその場で判断し実行するモデル。

組織に確固たるトップが存在せず、上のポジションの人がなんとなくいるが、それに依存せずに各個人が独自に考えアメーバのようにネットワークを各々広げていくイメージで、各個人が臨機応変に判断し最良の行動をとる。

 

 

私の性分だと後者の考え方が非常に適合しているし、今のコンサルの仕事はまさにこの後者が当てはまる。

なぜなら、新興国でプロジェクトを遂行するために立案しても、予定通りにいかないのが面白みでもあり、悩ましいところ。

そんな時にマニュアル通りに動いたところで、何の成果も得られなければ、プロジェクトメンバーにとって私は使えないただの迷惑な存在として彼らには映るでしょう。

 

私はこのネットワーク型が合っているから、結果を残さなければ来年はプロジェクトから外される危機感を持ちながら働いているため、ストレスを受けながらも自身の成長を感じることができるし、頭の回転が異常な人たちに囲まれているため、恵まれていると日々感じる。

 

しかし、このモデルに適合しない人間にとっては、自信の存在価値も見いだせずに組織に埋もれてしまうデメリットがある。

これが適合しない人間にとっては、後進国で働くなんてただのストレスなはず。

 

人には得手不得手があるんだから仕方ないけれども、私はこのネットワーク型の人間に囲まれ常に良い刺激を受けていたいし、学びたい。

日本